日記:部屋の掃除と青春

・先々週は服の大量整理、今日は本とCDの大整理
オーケンが柄にもなく掃除をしてみてるその理由を、「青春したくなったのかナ」と言っていたのはもう1年くらい前だったか。その言葉が今になって私を突き動かしたような5月でした。
本や服の整理にやっと取り掛かろうと思えるのは、青春みたいな心持ちしかないのかも。

服やバッグはセカンドライフというところに段ボール1箱分寄付。リユースされるということだけど、私が手放した無印の肩掛けバッグをどこかの人がしょうことを想像したらキュンとした。
ここはぬいぐるみをとても必要としてるらしく、5年間、私の枕元に置きっぱなしでろくに目もくれなかったぬいぐるみをいったん段ボールに詰めたものの、枕元に戻す。
あれでどこかの子が癒やされたかもしれないけど、自分もまだ癒やされたがってたなんてね。

どういう本棚を買おうか相当悩んだ1ヶ月でもありました。
イケア、ニトリ、無印、アイリスオーヤマ…
どの本棚を見ても1人で組み立てられる気がしない。
大豆田とわ子じゃないけれど、組み立てられる人ができてから買おうと思った。いつだよって。
「狭い部屋 本棚収納」で検索しまくったら、床にただ本が積み上がってるだけの部屋がヒットした。
これだ!と思ったんですよね。
とはいえ本の直置きには抵抗あり。捨てられない紙袋に本やCDを移し替えました。
これはよかった。本棚やケースに入れると、「しまわれたもの」として完結しちゃって、手をつけなくなってしまう。本・CDとのこの数年の距離感を私はとても寂しく思ってた。
手提げ紙袋に小分けに移したことで、「あ、あれ聴こ」とひょいと手元に引き寄せられる爽快感は、まるで学生時代。
おかげでスーパーカーのCDに再会できました。

「Baby Once More」聴いたの10年ぶりくらいかもしれない…!

 

・木星期は青春のかおり
木星期は中年のかおり?そりゃそうですがね。
私がいま青春をうっすら感じているのは、新しい仕事が決まりそうだからかもしれません。
新しい人間関係。新しい技術。新しい勤務地。
私の木星は牡羊座。あと数ヶ月で木星期。新しいってなんて素晴らしいのでしょう。
転職したわけではなく、掛け持ち勤務です。

私のN木星はN土星とスクエア。現在T冥王星とでTスクエア中。
このどこに「いいこと」の兆候がある?と問われたとして、「いいこと」のために打破・打破!眠眠打破!と答えるしかない。周囲に「??」と思われるくらいがちょうどいい気がします。
私にとって冥王星は「人間関係」の星なので、穏やかに事が進むわけではないと思う。でもおとなしくしてたってT冥王星スクエア。どうせ何かにぶち当たるのなら、青春でも感じないとやってられない。
何が青春だったかというと、面接の日が私のN木星上で新月だったのです。
そんで面接官が横浜流星みたいだったんですよね。それかよ!って。
もちろんマスク越しだけ。マスク外した顔は別人のようだった。あれはとても不思議な現象です。

 

・火星期は怒りの人間関係
私の火星はDSC上の冥王星とぴったり150度だからか、まぁ人間関係・人間関係の火星期でした。
怒りがベースにある10年ともいえます。なんたって火星も冥王星も落差度数の7度ですからね。マウンティングにやたらこだわってたのはここがゆえんかもしれません。
木星も7室の天王星とオポ気味なので、人間関係の断絶や刷新が予想されます。
そのほかハードスクエアの多い木星だけど、6室支配星の水星とセクスタイルなので、仕事運はなかなかいいんじゃないかと希望を持ってみます。

私の土星はMCの支配星なので、土星期(56歳から70歳ごろ)に「ここに来るためにこれまでの日々があった」と思えるんじゃないかと予想。
いろんな人のホロスコープを見てきましたが、「今」に行き詰まってる人ほど中年期以降の星がホロスコープ頂点近くにあって、ここから長い道のりを歩む・歩まないとならない気がする重々しさの前に、ただひるんでしまってるのだろうと感じたりもします。熟達への一歩、「今」がその前夜っぽく見えるんですよね。
太陽期や火星期の「今」から何か始めて、それが成し遂げられるのが中年以降(木星期とか土星期)だったらいいじゃないかと私なんかは思いますが、そう聞いてがっかりされる方もいる。そんなにかかるのかと。
橋田壽賀子さんは「おしん」を68歳で書いたそうです。木星期以降じゃないとにじまない深みや優しさ・信頼性って絶対あるはずで、それは太陽期にどれだけ望んでも手に入れられないもの。
中年以降は私は豊かになる一方と思ってます。お金がなくても経験や体験がある。

 

・新しい本と新しい服
本を整理したのは、たくさん注文したからというのもあります。
これから届くのは上野千鶴子さんの本、透明なゆりかご5巻まで、内田かずひろさんの絵本「みんな わんわん」、そして埼玉愛犬家連続殺人事件のルポ「」です。共犯者作の本は絶版らしい。
そりゃKindleで買えばスペースに困ることはない。
でもやっぱめくりたい派ですね。それに「所有」を感じてたい。Kindleだと買ったことを忘れちゃうんですよね。

ZOZOでは3ヶ月連続くらいで洋服も買っている。新しい職場用。
でも今、Tシャツばっか売ってるんですね。ジャーナルスタンダードの鎌倉風お姉さんに惹かれてクリックしたらそれもTシャツ。
丸の内風のブラウス!とアダムエロペをのぞけば袖がひらひらしてる。無理!襟や袖にボリュームがあるものってこうも40代に似合わないかねと思う。
ズボンはナイロンの紺スラックスを買ってみました。
昨日見かけた女性はそら豆色のパンツをはいていた。いや、あれだよ!
今やオフィススタイルといえばそら豆色とかワイン色のパンツ。薄ピンクとかもありらしいですね。
脳みそが更新されてないために、ZOZOで目に入らなかった。
しかし新しい職場の受付で最初に目にした女性は頭がピンクで赤いジャージはいてました。
なんでもありみたいです。

あ〜スーパーカーっていいですね…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。