うきわ最終回前

来週いよいよ最終話のドラマ「うきわ」
すっかりハマってしまった。

このままプラトニックに終わるのかな…そのあたりのハラハラにまんまと引っ張られてきた感じ。
だって森山直太朗さんの色気が…!

早朝のゴミ捨て場前にて。
くったくたのTシャツ。さえねぇぇ〜(それがいい)

(写真はドラマうきわHPより)

麻衣子もいよいよ想いを隠さなくなってきた。
目線の先には直太朗さん演じる二葉一。

しかし夫は麻衣子の目線に気づかない。
浮気してる自分のやましさで鈍感になってんのな。

その夫の不倫も終わりを迎え、二葉家もこれまでになく真摯に向き合おうとしてる。
でも実は、浮気相手へのくすぶる思いがまだある中山たっくんと二葉聖さんですよ。
麻衣子は夫への関心が薄れつつある中で、離婚という決断もまだピンと来ない。
だって離婚したら二葉さんとお隣さんじゃなくなっちゃう。
私はこのまま・今のままで、二葉さんを救う浮き輪でいる宣言。
愛しい人をそっと支える喜び。それだけでいい…
そんな折に二葉さんの異動話です!

最初は門脇麦さん演じる麻衣子のあざとさばかりがそりゃ気になってましたよ。
でも麻衣子がどんどん踏みにじられてって、優しい二葉さんへの愛おしさと寂しさが募っていく。
その麦ちゃんの思い詰めた表情が魅力っていうかコワいっていうか、なんでしょうね。
可愛いんだけどおどろおどろしさもある。重っ!って感じの女ですよ。
それが不思議と美しさ増していくのです…

ぼーっとしてる時は大体二葉さんのこと想ってる
(二葉さんのスーツを手に…このあと匂いかぐ)

 

恋愛問題の始まりはいつだって肉体関係なのでしょうか。
そうすると麻衣子と二葉さんはまだ始まっていないと言える。
麻衣子の「今のままで」という宣言は、いわば始めない宣言。
始めなければ終わりもない。
麻衣子は妥当な安息ポイントを見つけたように思った、その矢先の二葉さん転勤とは残酷な話です。

この5カップルの誰と誰が結局うまくいくのか全然わからない。
麻衣子とたっくん → 麻衣子のたっくん拒否具合が元に戻るなんてことある?もし妊娠が落ち着きどころだったらつらすぎる。
二葉一と聖さん → 2人が当初抱いてた深い愛が戻ってきそう!と思いきや、聖の裏切りは続いてた。さすがにこれは許せないだろうよ。
聖さんと田宮くん(陶芸講師) → 会社の近くまで追ってきて後ろハグとか、こういうドラマチックさが成就するなんてことは、きょうびドラマの中でも期待できない。
たっくんと福田さん(蓮佛美沙子) → 麻衣子と蓮佛さんが対面したことで、蓮佛さんはもう不倫やめようと決心。これからは自分らしい生き方を模索しようと歩み始めた。けども、もしたっくんが麻衣子と離婚したらすぐ抱き合いそう。
麻衣子と二葉さん → 最終回の予告からするとどっちか離婚しそうだけど…

 

 

男性がどれだけ愛する人を想うかというその度合いはわかりようがない。
男性とかってより個人の問題とは想うけど、直太朗さんの苦悩はとてもリアルに思えたから。
確かに麻衣子の存在は今の自分の救い。聖さんに長いこと裏切られ続けて、でも自分にも非があると感じるからパートナー解消できなくて。
そして勇気出して真摯に向き合えば、聖さんとの「あのころ」をまた取り戻せるんだと、その手応えを感じた直太朗さんからもまた愛がにじみ出てたんですよね。

数ヶ月前に会ったばかりの麻衣子より、長いこと愛し合って寝食共にしていた聖さんへの愛だって確固たるもののはず。でもわからない。人はいつだって新しい存在に心が動かされるものだろうか。
しかも自分のみじめな日常に光をもたらしてくれる麻衣子。
誰かを愛するというのは、目の前の人を幸せにしてあげたいと思うこと?
今誰を幸せにしたいだろう。もうとっくに更新できない問題を、あとは手放す勇気だけなのかな。

直太朗さんは牡牛座。っぽいなぁ。できるだけ継続を試みるんですよ。穏やか第一。変化望まず。
麦ちゃんは獅子座。ドラマチック願望。ないがしろにされることが大嫌い。
たっくん大東さんは魚座。っぽいよ!情に流されまくってる。
西田尚美さんは水瓶座。大事なものは大事なんだけど自分の心にも正直。

 

家庭がある男性は、二葉さんみたいに心揺らぐ時があったとしても妻への細く長い愛をキープしててほしい。よほどないがしろにされない限り、それが現実でしょ?と思いたい気持ち。
でもたっくんみたいな男も相当多いんだろうな。
どっぷり浮気して、家で可愛い妻に「たっくん」と呼ばれることに満足する(ドラマではそれなりの空虚感あるけど)。外からは良き家庭人に見えてて、仕事の評価もそれなりに受けて上昇。同時並行をそつなくこなす男。
女ばっかり家でおいしい煮物作れる理想押し付けられて、仕事からだって早く帰ってくるもんだってさ。
しかし自由を張り合ったり我慢したり、なんで結婚すんだろね?

愛とは責任。
浮気相手とはその責任感が違うという。
愛とは時間、というのも目にした(相変わらず恋愛マニュアル読んでる)。
相手を知ったり、心を通わせようと慎重に距離を測っただけの時間を重ねて責任感が芽生えると。
「うきわ」というこのドラマがほかと違うのは、主役のプラトニックがずっと続いているということ。
だから二葉さんも心の浮気なんだとしたって、時がゆっくり流れる分、麻衣子への責任感が芽生えてきちゃってるのも感じられるのがつらい。どうすんだろ!?って気が気じゃないんですよ。

 

私の恋愛って結構スピーディーだったなと今ごろ反省。
だからうまくいかなかった連続とも言える。
私が火星座男性ばかり好きだったのは、とんとんコトが進むからなのかも。
最初の勢い、その惰性はせいぜい1年半くらいでしょうよね。
今好きな人が何座かまだわからないし、彼女がいるかも相変わらず不明。
通じ合ってる気がするときもあるこの半年(やっぱ違うか…と思うことの繰り返し)
「始めない」ことを選ぶのかもしれない。
たとえ恋愛関係にならなくても、年末には人柄をじっくり知られた安心感はあると思う。
私はこの「始める」というところに大きな心の障壁があるので、今それをいろんな角度から(カウンセリング含む)見つめたり改善を試みているところ。
チャットアプリは今ちょっとお休み中だけど、みんな超スピーディーな進展を望んでる。
半年なんて待てないと口を揃えて言っている。
しかし不倫相手には「何年も待っている」と言う。
誰が愛についてちゃんと導いてあげられるんだろう。寂聴さん?
待つなんてやめろよ、と思う。
「待ちません」と心で決めて本当に断ち切って、それでも自分の前にまた現れたとき・心動かされたそのとき決めるんでいいんじゃないですかね。これも何かのマニュアルの受け売り。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。