ぼやきテレビ

テレビについての愚痴ばっかりです。

 

・最近のモネ

「おかえりモネ」の流れがいつからかがらっと変わってしまったように感じる。
モネはいつからあんなに暗くなってしまったのか…

あの低い声、菅波先生との恋が成就してから増した落ち着きといえるけど、「地元・気仙沼」への悲壮感はより重みを増している。
タイトルに「おかえり」がつくのだから、最後は地元で活躍するヒロインというのは想像がついてたけどさ、20代のこんな早い時期とはまさか思わなかった。
あと朝ドラって定番の「しばり」があるのかな。
・家族円満しばり
・地元愛しばり
・良妻賢母しばり

これを組み込むとなると、作家さんの「こう描きたかった」が変わってしまうものだろうか?
朝ドラのおもしろさって、あったと思ってた「しばり」が突破されてたりするとこと思うんですよね。
ヒロインが史上最大にドジとか反抗的とか、離婚するとか不倫するとか。

「おかえりモネ」の何が残念って、鈴木京香さんが良妻賢母すぎること。
元教師のお母さんの葛藤がもっと描かれるんだと思ってた。
家族に何があっても、近所に何があっても最大母性の笑みで包み込んで、「母親」という理想が詰まりすぎてると思う。あれじゃ昭和の母親じゃないですか。しかしそれこそが東北の母親像としてリアルなんだろうか。

体感では、神野マリアンナ莉子がモネに「誕生日にプロポーズされるんじゃない?」って言ったあたりから共感できないことが増えた。
誕生日にプロポーズ?いつの時代の話だよ!
…いや、今でも世のカップルの定番行為かもしれないけどさ。でもモネってまだ23、4じゃなかったっけ?
大体、人のプロポーズのタイミングを勝手に予想してくる行為、あれなんだろう?ほんとなんの意味があるわけ!??
しかしモネは予想通りプロポーズを受ける女。
知ってたけどさ…

モネはそこまでドジキャラじゃないんですよね。
あんまりドジだと「透明なゆりかご」のアオちゃんっぽくなっちゃうでしょうしね。
それにしてもモネはあまりにも正しすぎる。
正しい表情、正しい思いやり。正しく愛を得る。
そして地元思い、家族思い、「自分に何ができるか?」にひたむき。
正しすぎる。そうはなれないんだよ。

 

・最近のCM

感じ悪いCMが年々増える。
愚弄されてる感じのやつ。
芸能人がチャラっと踊ってたかと思えば、真顔&ドヤ顔で上から目線。
本田翼とか広瀬すずとかいつもそういう役を当てはめられている。
最近だと妻夫木くん長男っぽい宝くじCM.
みんな無理やりテンションを上げてるように見えるのがまたつらい。
本当はこんなことやりたくない…と思ってるんじゃないだろうかと察したくなる。
インパクトだけ与えときゃいいという制作側の意図だけが伝わる感じ。
「小バカにする」というやり方は時代遅れになりつつありますよね。
お父さん犬を小バカにするとか、もういいよ。
松田龍平さんの「ぐさ」とか、悲しすぎる(もったいなさすぎる)。

 

・最近のお笑い

時代がどんどん変わってる。
ふかわりょうは、これまでの「人をバカにする」笑いの取り方から路線を変更すると宣言した。
「バラいろダンディ」は今一番好きなバラエティ。
優しげかつ笑える。出演陣のダメさが溢れてるからとも思う。

お笑い芸人だからって何なんだと年々思う。
お笑い芸人になれば天下取れたような顔してる若手が増えた気も。
四千頭身とか、思えば何なんだよ。あの態度。「あれが味だから」ってこっちの度量次第?
霜降り明星、ミキ、かまいたち、M-1であんなにおもしろかったのに、それとMC力とは違うんだなとつくづく思う。人間性と器用さは違う。
でもたまにロンハーを見ると、芸人がおもしろく料理されてるなとは思います。
それも、ベテランにいじられて初めておもしろさが浮かぶとかそういう感じ。
芸人だって昔とは違うだろうからさ。
基本真面目な人が増えたって不思議なことではない。
なのに求められるのは大御所の器用さとか型破りなコメント。
「笑ってはいけない」が今年はないとのことでホッとした。
あれで笑えない人もいるのです。
なのにあれで笑った人から毎年マウントを取られる。
来年はその心配がない。
最近はどんなお笑い賞レースでも、ネタ中に大物審査員のウケ顔がアップになる。
みんなネタを楽しみにしてるようでいて、実は大物がどこにウケたか?を見に来てるんじゃないだろか。
そんでこっちも慌てて笑ったりホッとしたりする。
スタッフの笑い声がどこかから響く効果と同じなのかな。
私が何かを感じる前に、大御所の笑みで芸人のパワーが決まってしまうみたい。

 

・最近のヤフー

なんでひろゆきと谷原章介ばっかり表示されるんだろう。
どうしたら彼らが出てこなくなるのか。
どれだけスクロールしてもひろゆき、ひろゆき、谷原、宮迫、羽野晶紀…

 

ずっと見てても飽きないほっとできる人は高田純次くらいかもしれないです。
あと上沼さんの料理番組なくならないでほしい。
「噂の東京マガジン」をBSで見てみたらやっぱりほっとした!おもしろかった。
「タモリ倶楽部」のタモさんの味は安定だけど、なじまない芸人もいるもんだな。
宮下草薙よくわからなかったけど、タモリ倶楽部で宮下に好感を持った。
この間の小学生・ほま社長、楽しかったな!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。