2021年もありがとうございました

2021年もいろいろありました。
仕事、恋心、家族のこと。
この年末は自律神経が乱れまくってる。
背中がバリカタです。

しかしこんなにも「自分を変えよう」と思った年もなかった。
その原動力はずばり恋であるわけですが、恋を契機に今までの人間関係、家族との距離感など、自分のまずかった点が一気に噴出・自覚され、何度もがいたことでしょうね。

歳をとるごとに「自分これでよかったのかな」と思う濃度が増していく。
若い頃の強みといえば「次がある」ということ。私にはまだ未来がある、と。
この歳になると、「もうこんなこと未来に起きないんじゃないか」という「次のある/なし」が怖くなる。
何もないこともないだろうけど、恋も転職もどっか入会金払うにしたって病院どこ行くかとか、選択ひとつに超慎重になりますよね。失敗のダメージが大きい気がしちゃって。

それでも私は行動力があるほうと思う。「やってみよう!」という気持ちはいつもどこかにある。
それはいわば自分の「若々しい部分」
が、着実に40代後半ロード〜50代ロード方面へ歩んでるのであって、「もたない」ということが増えた。
体がもたない。気力がもたない。メンタルがもたない。
好奇心と体力がこんなにも乖離して…と自覚した元年の2021年といえます。

 

先日、恋する相手とデートしてきました。
デートっていうか、気の合う2人が「遊びましょう」ってんで実現したというか、私から「いつにします?」と投げかけたからこその実現というか、じゃぁデートでいいじゃねぇかという、このまどろっこしさがすべてを台無しにしかねない・何一つ定義できない・堂々としきれない40女に幸せなんてやってくるんでしょうかね(ネガティブ!!)

楽しかった・幸せだった・優しかった。
幸福トリプルコンボを目の前にすると40女はなぜか寝込むわけです。

しかし時は年末。寝込んでる暇はない。
今年は母も腰を悪くして、家族がなんとなくバラバラの中で私が実家の年末年始を仕切らなければならない。
とはいえ大掃除は省いた。
おせちも届くからいつもの年より負担が少ないはずなのに、「私がやらなきゃ、私が…」という気持ちだけで子宮付近がキュッと痛くなるのも40代なんでしょうかね。
疲れ切った私の顔にはクマが青黒く浮かんでて、おでこのしわも一層深い。
こんな私、こんな私…

 

彼とのデートで何に感動したかというと、彼があけすけだったこと。
こんなにもオープンになってくれた…ということが嬉しかったというか、感動した。
彼の人柄にすごく安心できた、そういう1日でした。

私もかなりおしゃべりだった。
「どう見られるか?」ということを忘れて、おどけた顔まで繰り出してしまった。
でも「いい女でいたい」という気持ちもやっぱ働いていたらしく、その無理がたたってデート後ぐったり体調不良というわけで。

 

「あ〜楽しかった…」という満足感と大いなる期待。これは20代30代のときと変わらない。
違うのは、「大いなる期待はずれ」にメンタルが耐えられなくなってること。メンタルが骨粗鬆症化してんだと思う。スッカスカですわ。すぐ骨折。養生が必要。
昔だって、恋に壮大な期待を寄せまくってました。
指先まで冷たくなるような期待はずれ感も数年に一度味わったりする。
でも再生が早い。
「それでも期待し続ける図太さ」がまた盛り返してくる再生度です。
そんなまやかし両思い妄想を抱きながらもやってこれたのは、あのころ人間関係も濃密だったからかもしれません。
「きっと両思いだよ!」っていつでも妄想を肯定してくれた先輩。
「その恋もう終わってるじゃん」と警告してくれた友。
「もっといい人いるよ」と合コンに誘ってくれた同僚。
40代になって、いろんな気持ちをたった1人で抱えるようになった。コロナ禍は特にね。
「恋してるの(ぽっ)」なんて誰彼にも言えねーし。失笑にも耐えられなくなった。
そんな恋してどうするの?結婚は?子どもは?
人の恋路をジャッジすんじゃねぇ!いや、ジャッジしてるのはもう一人の私。
「社会」という人格を自分の中に宿らせてしまった。

 

私が彼に惹かれたのは「社会」という人格があんま宿ってないっぽいとこ。
そんな彼は結婚願望がないという。それで彼女とも別れたと。
出た!これで何人目か。
私はこれまで何人の「結婚願望なし男」に恋してきただろう。
しかし私は「結婚願望なし男」の中の独特なところにいつも惹かれてるんだと思う。
それが「社会」という人格を宿らせてないところ、じゃないだろか。

「ああ 男には つらくて長い二つの道が…」と歌ったのは奥田民生。
ヒゲとボイン、つまり昇進を選ぶか?女を選ぶか?という曲でしたっけ。
女にだってつらい2つの道がある。彼か?結婚か?
結婚願望のない彼への恋心を今後どうしていこうか。
両思いとか結婚可能性なんて…というネガティブはいっそ排除して、これは意図の問題でもある。私はどうしたいか?うーん…

・彼と雑談をする意図
・彼とデートする意図
・彼の人柄をもっとよく知る意図

この3つの意図はすべて叶った。
私は今後どうしたいだろうね。

意図を設定するってすごくエネルギーがいる。
ただでさえ疲れる年末年始。
デートで満たされた気持ちを存分に味わえばいいのにね。
彼は私の財布に目を留めた。
私の財布はちょっと独特で、一瞬だけ出したその財布に好感を示した。
こういう人はもう現れない気がしてしまう。
「社会」は言う。たかが財布。たかがデザイン。そんなことよりも…

私は内なる社会のレールに乗り切れなかったから今独身とも言える。
だから彼との出会いやデートを心から楽しめたとも言える。

 

2022年もこんなダベりにお付き合いいただけたら幸いです!
鑑定申し込みや報告メールなどくださった方々、ブログにアクセスして頂いた皆様に改めて感謝申し上げます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。