90年代・暇な頃

毎週日曜はふかわさんと阿川さんのラジオを聴いています。


文化放送HPより)

お二人のトークはもちろん、ふかわさんによる選曲も楽しみの一つ。
今日はボサノバ特集。

私はふかわさんと同世代ということもあって、「あのころ」への郷愁感にうなずくことが多い。
今日は90年代にやたら流行った「コンピレーションアルバム」について熱く語ってました。

一つのテーマでいろんなミュージシャンが寄り集まって出されたCDというんでしょうか。
ボサノバテーマやジャズテーマとか、ジョアン・ジルベルトなどの大御所カバーコンピとかもありましたよね。
懐かしい!!

まさに90年代のあのころ・大学時代、音楽のために街に出かけることが多かった。
今そんなことないもんな…
代官山のボンジュールレコードを、そうとは知らずのぞいてみたりとか。
自分の服装センスが浮いてることはわかってる。
長居できそうもない雰囲気・何も買わないとか許されないだろう。
あのころジャケ買いですよ。何を買ったか忘れたけど、CDが入った袋のお洒落さでオールOKとする。
当時、音楽雑誌とかもよく読んでたので、好きなアーティストお勧めのCDを探しに行ったりもしてました。

昔も今も暇だけど、昔はもっと充実してた気がする。自分に充実してた。
何をしてたかというと、部屋で熱唱。
本当それくらいしか記憶にないけど、自作の歌詞カードを見つめて120分テープ分たっぷり歌ってた。
あのころ小室ブームですからね。CD屋に通うのもまぁ忙しい。
それだけじゃない、My Little LoverやBONNIE PINK、ZARD、ドリカム、椎名林檎。
縦長のシングル盤15枚ほど片手にコンビニ行って、歌詞カードをコピーしてました。
「ベストコレクションvol5」用の歌詞カード完成。

隣は父の部屋で、当時もう定年退職して寝てばかりだったかも。
私がどんなに歌っても苦情を言ってくることはほとんどなかったけど、「どこまでもーっていうのがうんざり」と小さく言われたことはあった。「DEPARTURES」ですね。
「自室で歌詞カード見て歌う」ということがれっきとした趣味の一つだったあのころ。
だけど「休日なにしてんの?」って質問にはブチ切れそうになってたんだな。
手帳がいつも真っ黒な友達。サークルに入ってない私はいつも暇。バイトしててもなぜか暇。
寂しい気持ちを音楽や歌唱で満たしてた。「ごはんですよ」と階下から呼ばれるまでずっと(手伝えよって話)

なんたって「レンタルCD屋に行く」というのが一つの趣味で。
今も同じ場所に店はあるのに、GEOかウェアハウスかも忘れてる。
なんで行かなくなったんだろうな。
あ、でも思い出した。2000年代に入ってカセットテープがすごい勢いでマイナー化したからだ。
120分テープや90分テープを探すのが急速に難しくなった。
カセットを聴ける車を買ったのに、MDに録音できるコンポを買ったのに。

 

今でも「歌詞カード見て歌う」やってます。
歌詞が表示されるアプリを入れた。
でも趣味と言えるほど濃厚じゃなくなった感じ。
たぶんあのころ、実家暮らしのころ。
自室にTVがなかったのが良かったんだと思う。
一人暮らししてからというもの、TV視聴が何よりの娯楽となってしまった。
TV・DVDに座を奪われた歌唱趣味。
「何聴こうか・歌いたいかな」って考えてる間に、手はTVのリモコンをつかんでしまう。
その手軽さよ…
なんたってインターネット台頭後ですね。趣味や時間の使い方が変わったのは。
文学を読む機会も90年代と比べてぐっと減った。
「何読もうかな」って本棚の前で突っ立ってた昔が懐かしい。
本を収納しちゃうと距離が遠くなるんですよね。本棚って大事なんだな。

読んだ本も音楽も、誰に押し付けることもなく1人ひっそり楽しんでさ。
ある意味、友達だったんだと思う。
そして時々、新しい友達を求めに渋谷に行く。
そのうちネット社会になり、何もかもをAmazonで購入。
ジャケ買いの感覚も失せる。

思ったんだけど、いつからか本もCDもその「ジャケ」があざとくなっちゃって、「このジャケは中身と比例するはず!」というのがもうなくなったような?
雰囲気ミュージシャンが増えたのと通じるというか、ダサさを感じる余地のなさと似てるというか。
ダサさが懐かしい…そう望むと、あざとダサが流行ったりもする。難しいっすね。
椎名林檎がデビューした当時のダサさが自分にとって救いだった。
ミスチルもCHARAもUAだって、誰も彼も最初はそんなおしゃれじゃなかったですよ。
おしゃれといえば野宮真貴や小沢健二など渋谷系。
到底手のとどかいないおしゃれ。それでよかった。
渋谷系を聴くだけでおしゃれになれた勘違いも懐かしい!

渋谷系といえばこれ!!今聴いてもワクワクする。
カジヒデキ「ラ・ブーム〜だって MY BOOM IS ME〜

 

UAのラジオエンディング曲だった「jamaica song」きっかけに買ったコンピアルバム「free soul color」
その中の1曲、「ジョリー」も懐かしい。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。