水星問題

水星は「ことば」というコミュニケーションだけじゃなくて、「思考パターン」もつかさどっているんじゃないかなと個人的に思ってます。

というのも、私自身の水星は双子座なのですが、誰と会話するわけでもない1人の空間でも、この「双子水星」をバシバシ感じてるのです。
もう、脳内に次から次へと思考が浮かんでは消え、消えては浮かんで、「あのこと考えなくちゃ」「いや、あのこともだった」「えーっと、えーっと…」「だから、だから…」と、とにかく脳内情報過多!!
結果、脳内をうるさく情報が駆け巡っただけで、何にも処理できなかったということがよくあります。

水星の支配星は双子座なので、だから余計に水星の働きが過剰気味なのかもしれないです。

ほかの水星星座の人たちの「部屋で1人思考パターンは」、実際のところわからないというのが本音ですが、とりあえず体験や感覚で得たものを並列してみます!

★牡羊水星
言葉はチャキチャキ。ツッコミ体質。時に怒ってるみたいなんだけどそれが笑いを誘うことは周りも本人もわかってる。
愚痴モードにスイッチを入れると止まらない。
何か考えてる時、歩きながらも目をキョロキョロ動かしたり、指を折ってみたり、何やらつぶやいたりと、とにかくせわしなくしてる光景をよく見かけます。

★牡牛水星
言葉はスローモー&ガーリー。返事は「はーい」間延び感。
おっとり優しげなコミュニケーションだけど、ストレスたまってると女子特有の「トゲ」をスローモーに展開。
何かを考えてる時、首をかしげてるポーズでけだるそうな光景を片隅でよく見かけます。

★双子水星
言葉は適当かつライトかつ盛りがち。言ってることや主義主張がよく変わる。
情報が脳内に溢れすぎてそれらすべてを言葉にできないもどかしさからよく噛んだり支離滅裂になったり。
誰かがYahoo!の見出しネタを話すと、最新情報スイッチが入って止まらない。

★蟹水星
言葉は包容力と親しみやすさあふれさせます。
笑顔だけで周りをほっとさせてコミュニケーション成立させたりも。
ごく親しい人を見つけたり、誰かとコアな共通の会話があると、急にドバっとスイッチが入って止まらない。

★獅子水星
言葉は上から目線&ちらりヤンキー風&「わーやだ」「あはは!」などなど天真爛漫無邪気風。
無邪気だったのに、周囲がゴタゴタしてくるとオラオラ仕切り屋のスイッチが入る。
何年たっても若い頃から主義主張が一貫してる。

★乙女水星
言葉は辛辣。思考はシャープ。切れ味鋭いのに、疲れると「にゃー」みたいな甘えた少女漂わします。
雑多で面倒くさい決まり事を文章化・通達化するのが得意。
マニュアルの意味を正確に汲むことが得意。
決断力がないからか「主観」より、規定という「客観」を重んじる。

★天秤水星
言葉は潤滑油的。和ませるための会話が得意。
活動宮だからか、相手が話し終える前に会話に乗っかってくる。
それゆえ時に解釈のずれも生じます。
何かを考えてる時、上目づかいになったり頬杖ついたりと、沈黙してても忙しそう。

★蠍水星
言葉は「確か!」うかつで適当なことは絶対言いません。
噂話や秘めておいたほうがいいことなどの判断が的確で口が堅い。
同じトークの内容でも人より深刻さ&説得力漂う。
飲みュニケーションなど、昭和の人間関係形成パターンを固く守り続ける。

★射手水星
言葉は適当。に聞こえるけど本当にOKじゃないと肯定返事はしない。
(双子は若干その場しのぎ)
空気を読みつつ空気をぶち壊してる風…に見えるけど意図的なのかうっかりなのかは、不明…。
「どうにかなるでしょ」傾向が強く不安感があまり見えない。

★山羊水星
言葉は優等生。確かな断定口調が周りを安心させたりする。
雰囲気が射手風軽めでも水瓶風ユニークでも、トークから漂う「しっかり者」感で周りはほっとしたりも…。
何かを向上させることや環境整えることを常に考えているけど、その道のりがうまくいかないときにすぐ深刻になりがちです。

★水瓶水星
言葉はどっか変わってるor知的風。
怒りにスイッチ入ると、理路整然さに磨きがかかって凄味を増します。
非の打ちどころがなくなるほどに。
ビジョンはいつでも壮大で、その「壮大」さは幼い頃から放ってるので大人な大物感漂わします。

★魚水星
言葉は茫漠・ほわほわ。
意外なオチで「??」とさせるけど天然でキュート→という期待に応えてユーモアが光り出す。
というサイクルで愛されキャラになる方です。
柔軟宮だからかいろんな人の思考に共感しすぎて是としすぎな思考パターンに思えるけど、「大いなるもの」にゆだねてるんじゃないかしら…と思えるようなたくましさも漂わします。

 

ここまで書いてみましたが、やっぱり話し方にせよ思考パターンにせよ、各々個人の10天体がいろいろ組み合わさって醸し出されてるものとは思います。
シャープな水星でも、重めの天体と角度取ってたりすればその働きは鈍めになるかもしれないし。
どんな水星であっても、天王星と角度を取っていればPC得意である可能性高いでしょうしね。

あと、年齢域だと8歳から15歳ってことで小中学時代の自分ってことでもあるようです。
私自身のことを言うと、小中学時代は双子水星が活発に働いてたようで勉強が楽しい時代でした。
ひょうきんな友達と読んでた「ちびまる子ちゃん」や兄から「笑い」を教わり、軽快なトークは人間関係を広げるということを知った時期でもありました。
今の仕事にもつながるPC、当時”マイコン”に初めて触れたのも小学生の時で、このころのワクワクが大人になっても忘れられなかったのだろうなと。

今は火星期。
1室にあるからか、「自分を打ち出す!」ってことを急にやってみてるのはこのせいだと思うのです。
でも、水星も金星も太陽も、年々どんどん飼い慣らしてる感がある!
桃太郎のように、道々次々仲間を増やして、自分が確かなものになってってるような。
誰しもそうなのだと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。