出会いがない

「出会いがない」と、とある男性たちは言った。
2人の男性。30代前半と後半の。

「行動力もない」と30代後半男性は続ける。
趣味もない・目的がない・マッチングアプリの経験もない。
ただ漠然と不安になる。
この先、こうして月日があっという間に経つのだろう。
このままの自分だと、結婚はおろか子どもを持つことも、ましてや旅行などの普通に楽しい経験もせずにまた10年とか経つのかもしれない。

重いランチタイムでした。
でも、こんなふうに語ってくれたことがなんか嬉しかった。
数時間の仕事で顔を合わせるだけの人なのに。
横では30代前半の男性も深くうなずく。
彼も今は特定のパートナーがいないみたいだけど、若いからこその不安も募るらしい。
こんなに忙しい日々の中で、恋愛できるんだろうか自分はと。相手を思いやれる恋愛などできるんだろうか。

2人とも特別な趣味がないらしく、旅行などもしてない現状に焦りがあるらしい。
「行けばいいんじゃん?」とは言わなかった。
「ずっとコロナだったしね」と言った。
他の人はじゃあどうやって出会ってるんだ?というお互いの知り合いエピソードを語る。
やっぱマッチングアプリとか、好きなミュージシャンの地方ツアーに行った先で配偶者と出会ったとか、合コンとか。
そのどれも「ない」という男性2人。
「やっぱ行動力と趣味かぁ〜」
そこで私自身を振り返る。

私はマッチングアプリこそ経験はないけど婚活イベントには一度参加。
42歳ごろまで無数の合コンに参加し、1人で地方に旅行に行ったりもよくしてた。恋人探しじゃなく自分の余暇を楽しむために、いろんなイベントに本当によく参加してました。
で、出会いは…なし!!!
そういうイベントで出会ったことはマジなし。

「趣味や行動力があっても出会いがなかったよ…へへ」

男性陣にお茶目に言ってみた。
うーん…と小さくうなる声。
のどぼとけ震わすしかないよね・・

しかし男性陣は、いま私に好きな人がいて数回デートしていることは知らない。
本当は出会いがあったんだよ。
それは職場。あなた方の同僚。

「職場恋愛はどうですか?」
「これだけ男女がいる職場で、出会いなしってこたぁないでしょう?」

しかし男性陣の表情は硬いまま。

「よく会うあの人素敵だな…ってことあるでしょう?例えば自販機・例えば食堂」

「そんなんで声かけたら下心みえみえじゃないですか!できませんよ」

下心…すごく真っ当なアンサーと思う。
私は長らくこういう真っ当な価値観を求めてた気がした。
私がこの職場を気に入っているのは、「仲良くなりたい」という自然な心をうっすら封じつつ、それでも「人として真っ当な距離感」キープで会話をしてくれる人がほとんどだから。それがすごく安心できる。
昭和60年代とか平成生まれって、そのへんすごく洗練されていると思う。洗練というか汚されてない感じ?あの頃のPOPEYEとかエグい情報にまみれてなさそうな世代というか。

私たちの同世代や少し上といえば(昭和50年代40年とかもっと上のバブル世代)下心をなんら恥じることなくガンガン距離を詰めるやり方で友達も恋人もゲットしていたじゃないですか。
あの勢いってそういえばどこ行っちゃったんでしょうね。
一体どの時点で「できねぇわ」となったんだろう。「見せないし下品だし」って今ではすっかり変換されてる下心。
何でもかんでもセクハラ認定される時代になったからかなぁ。
職場研修でも今そういうとこから教えるのかな。
それはとってもいいことであるはずなのに、「出会い」の壁ともなっている。
どうしたらいいんだろうね。

男性陣2人のうち1人は正社員で1人は派遣社員。
派遣に手をつけるとかできないと言うし、派遣された先で恋愛なんてとんでもないとも言う。
「そうなの?」と思う私。
なんとなくわかるけど、「一緒に仕事する仲間」として惹かれてしまったらどうするんだろう。
絶対超えられない身分制みたいに「無理無理」とか言う男性陣はただ真面目ってことなのか?
あと「別れたら気まずいじゃないですか。それ考えると無理」とも言う。
たわけ!と叱りたくなった。
そんなこと言ったら誰とも付き合えないじゃないか…
だったら別れることを前提にするんじゃなくて絶対結婚すること前提で付き合えばいいじゃん。
2択だよ。
別れたらしょうがないと思って職場恋愛するか、絶対別れない覚悟で恋愛を進めるか。
3択か。
どんな出会いがあっても職場で恋をしないと固く誓う。
とかいってね。

バイトの身である私が正社員を好きになり、進展がこうまで遅い原因はやっぱり「別れ」「気まずさ」というネガティブを一応警戒してるから。
「バイトの私」「40代後半の私」「年の差」などなど、数え上げれば無数の壁がある。
しかし私は昭和50年代マインドですよ。
「そんなの関係ねぇ!」っていう突破メンタルはありありで残ってる。
とはいってもね、出会いがないままここまできたわけです。

マッチングアプリが絶対無理と思う私は俄然職場恋愛派なのであって、そんな私からすると職場環境というのはとても大事です。
私はここのバイトを始めるまで9割女性の職場に15年いた。
「出会いない」と嘆く男性たちは9割男性の部署にいる。
しかもそういうとこで長く勤める人というのは真面目な人が多い。
真面目な人は余暇と仕事の配分を半々とかにできない。仕事9割で、1割は休息になってしまう。
仕事に振り回されることもやむなしとしてる。周りに迷惑かけないことが第一になる。
自分軸メンタルに罪悪感を抱き、仕事や世間・同僚や上司のためという他人軸が通常運行。
そりゃ出会いがないですね。あったとしても楽しめないと思う。
「だってもし別れたら…」と言う人は、すでにそこから別れの芽を育ててるんだと思う。
男性2人に対して「まったくねぇ」と思うものの、この十数年の自分を見てるようだった。

 

ところでホロスコープで出会いといえば「7室」ですが、7室の入り口星座(サイン)の支配星がどこに入ってるか?で、「どこで恋愛が発生しやすいか?」が表されたりします。
私の7室サイン支配星は金星。その金星は6室に入ってる。ずばり「職場」ですね。
どんだけ1人余暇を楽しんでも旅行やイベント・合コンに参加しても成就しなかった。
高校卒業後は、成就した出会いはすべて職場。(成就しない片思いの出会い場所は種々雑多)
「いいなぁ」と思う人がいても、それが職場でなければなぜか成就しなかったこの20年です。(今の恋愛は、現状ひとまず自分なりの成就とカウント。詳細はいずれ)
だから私は「職場!職場!」と社内恋愛をやたら推すけど、支配星が11室とか3室に入ってる人は「やっぱ地元だよ。友達!仲間づくりから!」とか言うのかもしれません。

あと金星は「出会う女性」、火星は「出会う男性」となり、それぞれのアスペクトも重要。
私の火星は海王星と冥王星とのヨッド 。
冥王星とのアスペクトがあると、そんなむやみに出会わないと思うし心も反応しない。
誰と出会っても「この人じゃない」とGOサインが出せない。
そんな自分をつい責めちゃうけど、「この人と仲良くなりたい。この人じゃなきゃ!」という出会いはいずれ訪れるはずと思う。
「出会いがない」と言う人に、ついお節介に「あれしたら?これしたら?」とアドバイスしちゃうけど、他人の運命性を信じてあげようとも思った。その人は欠けがあるわけじゃない。その人の運命性はその人にしかわからない。

私自身の話だと、木星期に入った途端に今の好きな人との出会いがあったというのは、火星ー冥王星150度からの解放とも言えるのかもしれません。
火星期の出会いはどれも「なんか違った」、それでいいんだということ。
パートナーに割く時間がほとんどなかった分、自分のことに取り組んだ。自分とか家族とか友達とか。

「普通」の中に収まろうとすると、苦しさや自責感って本当募るんでしょうね。
普通派遣って、普通立場的に、普通この年齢だと…
普通ポジションが自分にとって超大事と思うなら、誰の声も入ってこないでしょう。自分の叫びも聞こえないだろうから。
でも「舞いあがれ!」ではさぁ、「自分はどうしたい?」ってことが繰り返し問われるんですよね。
これはこの半年の大テーマと思う。多くの人が自分の声を聞くようになるんだよきっと。

 

出会いがない」への4件のフィードバック

  1. こんにちは。
    すごく共感できる記事でした。
    現在のそういう人たちが、結婚相談所などを利用しているなと思います。
    でも、そういうのじゃなくて自然な出会いが欲しいんだよなぁ!みたいな気持ちもあるんですよね。笑
    私も、自分に出会いがない理由とか、出会いを探しに行かない理由を言い聞かせてたのですが、昨年くらいから逆に、出会いを探すよりも前に、もしも今後出会えたらパッとデートとかに進めるように準備しちゃおう!と、今まで尻込みしていたセルフ脱毛とか、ネイルケアとか、肌とか、ダイエットとか地道にゆっくりですけど始めました。
    そのおかげか、今まで興味とか頭の片隅にあったけど一歩踏み出せなかった出会いを求める場へ、何故か直感的にポンと出ることが出来たんですよね。
    もしかすると、出会いを求める気持ちがあるだけいいのかもしれませんね。
    あと行動が怖いなら、まず準備してみるとかですね笑
    自分一人で出来る範囲で、服を買ってみるとか。
    そうしたら、一年前には考えられなかったような所に躍り出てたりするかもなぁというのが、私の最近の感想です。
    とはいえ、今回の記事に出てきた男性たちからは「それが出来たら悩んでないんだよなぁ」という声も聞こえて来そうです。笑
    私も元々そういうタイプでもあるので、自分に良く言う魔法の言葉は「時期が来たらどうせやりたくなって、やるだろう」です笑
    ウジウジしてる時は、壮大なる準備期間だと捉えて、日々生きるようにしてます。

    1. meeさん

      コメントありがとうございます。

      > 今まで尻込みしていたセルフ脱毛とか、ネイルケアとか、肌とか、ダイエットとか地道にゆっくりですけど始めました。

      これわかります!
      なんか自分のセンサーが衝動として教えてくれてるんじゃないですかね。「まもなくだよ!」と。
      今できることを今のうちに、ってマインドいいですね。いざというときにポンっと直感的に一歩踏み出すために。
      もしかしてmeeさんって片付けとか収納とかうまいんじゃないですか?
      整理が得意なんじゃないかと感じました。

      「時期が来たら、どうせやりたくなる」
      そうなんですよね。
      普通にまみれすぎて自分のタイミングを呪うとか、あるあるなんですよね。
      特に男性は若くても企業戦士マインドでいささか心配になるんだけど、出会いを待ってるいい人たちって世の中に本当たくさんいるんだなと思いましたよ。

      1. ご返信ありがとうございます。

        なんか不思議ですよね〜そのセンサー。
        思い返すと、直感的ではあるけれど、確実にその前から何かしらの思いがちゃんと積もり積もってるなとも感じます。
        貯金して、それを使うみたいな笑

        片付けとか収納……机の上は割と散らかってますが(昔友人に『賑やか』と言われたことがあります。確かに、ぐちゃぐちゃではなく、賑やかなんです笑)、一応、どこに何を置くかは決まってますね。
        あ、そういえば、バラバラなものをカテゴリやジャンル分けして整理することは割と得意かもしれません。
        以前、別段その研究をしているわけでもなくほぼ素人仕事で、とあるカテゴリ分けをしてその道のプロに提出する機会があったんですが、それが素晴らしい!理想的だ!と喜ばれたことがありました。
        そういえば、小学生くらいの頃から、情報を集めてまとめてわかりやすく整理するのは得意でしたね……
        ドラゴンテイルやIC双子座でも効いてるんですかね〜
        実際の整理も、割とすぐ散らかる(物が増えやすいので:月牡牛座)けど得意は得意です笑
        最近はもっぱら、見せる収納が楽で好きですね〜

        いい人ほど繊細ですよね……かく言う私も割と繊細なんですが笑
        自分で自分を愛せるようになって、根底がしっかりしたから踏み出せたかなぁと思います。
        だからまず自分を知って、自分で自分を救う術を見つけてからでも遅くはないのかもしれないなと、一歩踏み出して傷つくのが怖い人の手段としてありなのかなと最近は思います。

        1. meeさん

          やはり整理・カテゴリ分けお得意ですか!
          私も机や部屋は賑やかです(笑)
          しまう場所は決まってるんだけど、私も火星が牡牛だからかな。
          捨てられないしそばに物があると落ち着くというか?
          IC双子座だと、確かに潜在意識でも情報が行き交ってそうですね。

          繊細な人の底力ってすごかったりしますよね。
          もろさのことをよく知ってるからバランス感覚もあるし、人の痛みも分かる感じします。
          そうい人が「行こう!」と舵を切ると、周りにも良い影響が広がる気がします。
          meeさんのお気持ちや体験をシェアしていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。