水瓶座祭り2022(今年のみんな)

「silent」というドラマがあまりに評判なので第2話を見てみました。

したら目黒蓮さんにたまげたというか。
あんな男前がまたどこから発掘されてきたんだという驚き。

しかもジャニーズというじゃないですか。
しかもSnow Man。

今まで何度も歌番組でSnow Man見てきましたよ。
でも一人一人の顔と名前がわからないという状態のまま3年はたってました。
SixTONESも同様。

今回の衝撃現象はあれですね、「カムカムエヴリバディ」で松村北斗さんがSixTONESメンバー!と知ったときと同じです。
松村さんは昔の江口洋介さんを甘くした感じに似てますが、目黒さんは鈴木亮平さんが前髪下ろした感じに似てますね。

Snow Manは目黒さんの少し前に岩本照さんが評判になってたようですが、私はずっと元ベルマーレの岩本輝雄さんにまた光が当たってるのか?と思っちゃいました。そんなわけないだろうけど、でも…と打ち消しつつ。
テルって人気ありましたよね、サッカー選手なのに明星出たりして。
しかし、やっぱりそんなわけはなく、しかも岩本照さんは「ひかる」さんだそうで。

若かりしころのテル

駿河屋より)

それはいいとして水瓶座です。

「silent」は目黒蓮さんと川口春奈さんの物語ですが、このお2人とも水瓶座なんですよね。
川口さんの弟役・板垣李光人さんも水瓶座。
あとNHKで時々「拾われた男」を見てますが、主役の仲野太賀さん水瓶座。
このドラマは豪華出演者が特徴的で、同じく水瓶座の岸井ゆきのさんや松本穂香さんもすごくインパクトある役で出演されてました。
また最近ではKing & Princeの脱退問題がありましたが、平野紫耀さんと永瀬廉さんが水瓶座なんですね。

現在のクールだと清原果耶さん・吉沢亮さん・奈緒さん・平野紫耀さん主役。
少し前だとオダギリジョーさんが香川さんの代役に抜擢されました。
橋本環奈さんは紅白の司会者に大抜擢。みんな水瓶座。
4月に多部ちゃんが「マイファミリー」で復帰されたのも嬉しいことでした。さすが!という演技だった。

かつて「水瓶座最強説」という記事を書きましたが、水瓶座ってTVの向こう側から見せてくれる姿が本当に輝かしいというか、いつだってその年1番注目を集める人たちというか。

ホロスコープ的に、特別水瓶座が輝かしい時期、というわけじゃないと思うんですよ。
木星はとっくに水瓶座から去ってるし(去年が水瓶木星の時代)、今は土星がいますけどね。
だから「試練感」としても目立つ気がする水瓶座。
冥王星がいよいよ来年3月に水瓶座に入ろうかというとこまで来てますが、そういう星のイベント関係なしに水瓶座の方達はいつだってスターという活躍ぶりです。
ヤクルトの村上宗隆選手も水瓶座。

今年いきなりというわけじゃないですが、神尾楓珠さんもドラマにたくさん出てましたね。
「17才の帝国」では若き総理大臣役として主役という。
2021年は「カムカム」旋風ですかね。
主役は上白石萌音さん・川栄李奈さん、オダギリジョーさんはこちらにも出演されました。
また、星野源さんはガッキーと結婚して全国を揺るがしましたね。
2021年前半の朝ドラは「おかえりモネ」で、清原果耶さん主役。
私、このときも永瀬廉さんジャニーズか!と衝撃を受けた記憶。
そうか、このころからジャニーズの若手を朝ドラに放つ手法がちょいちょいあるようですね。
2021年は大河の主役が吉沢亮さんと、2021年の方が水瓶座祭りと言えそうです。
木星も水瓶座にいたし。
思えば川口春奈さんも、2020-2021の大河「麒麟がくる」で代役に抜擢されて以降の活躍が目覚ましい。

水瓶座は、今まで脇役だった人が急に注目を集める!というじわじわ感よりも、「いきなり抜擢!」という輝かしさがつきまとう気がします。
2018年は安藤サクラさんが「まんぷく」主役になったり「万引き家族」で受賞されたりと、安藤サクラ祭りだった記憶。
綾野剛、星野源、上白石萌音、橋本環奈、川栄李奈、神尾楓珠、有村架純、岸井ゆきの、清原果耶、土屋太鳳、川口春奈。
このあたりの方々がこの2、3年かわるがわる主役などで話題をさらっている印象なんですよね。
そこに今後は目黒さんや永瀬さん、平野さんも常連となるでしょうか。
吉田羊さんやムロツヨシさん、松岡茉優さんも安定して楽しい水瓶役者です。

この2021年は、その水瓶木星効果で獅子座にもかなり光が当たったと思いますよ。
去年から就任の岸田総理が獅子座。
今まで獅子座はどこからもダイレクトな光が注がれず、そういう時期が長かった。
同じく獅子座のものまねタレント、JPも去年、大ブレイクしましたね。
戸田恵梨香さんは「俺の家の話」や「ハコヅメ」で、一層存在感が確立された。
岡田将生さんも「大豆田とわ子」でシンシン旋風巻き起こした、、というのは個人的な感覚にすぎないかもですが、映画「ドライブ・マイ・カー」にも出られてたんですよね。
「あさイチ」では2021年3月まで獅子座の近江ちゃんがMCでした。
バトンタッチしたのが水瓶座の鈴木奈穂子アナということで、獅子ー水瓶ラインがあちこちで強調されてるようなこの1年と感じます。

ただ獅子座って、名前や印象ほどは輝き方が鈍くないですかね。
岸田総理が獅子って、あれが!?という失礼な感慨。
木星が水瓶に入ってようやっと光を取り戻したような、「よいしょ…」みたいな腰の持ち上げ方で、関節が軽やかになってきた「よーし」ってとこで木星が魚座に移動…「あれ?出番終わり?」みたいなトホホ感がどっかある人、それが獅子座。
どこか時代を背負う人というか、景気と活躍が比例する人というか。
篠原涼子さんとか安定的な人気者とは思うものの、やっぱり華やかな時代、華やかな設定で輝く。
蒼井優さんも人気者だけど、獅子座はヤンキーとか「昔ワケあり」という役で見事に輝くんですよ。
柴咲コウさんもワケありまくりの「インビジブル」が最高にかっこよかった。
今、ヤンキーが出てくる物語が少ないでしょうかね。
鈴木保奈美さんをお見かけする機会が増えたのも個人的に嬉しいです。

水瓶座が華やかな安定最強芸能人としたら、蟹座も実はかなりの安定感で人気を誇る。
水瓶座と蟹座が「最強」の双璧というか。
ただ2022年はさほど蟹座は目立ってないような?
大谷翔平選手がすべての蟹要素を吸収して大きくなってる感じ。
それでも濱田岳さんや中尾明慶さんはいつだって見る人をうならせる演技力、坂口健太郎、田中圭、町田啓太を見ない日はないような日々、夏帆ちゃんや阿部寛さんも映画にドラマにあちこち出演中、井川遥さんやのんちゃんをお見かけすればいつだって嬉しくなるし、吉高由里子さんは次々回の大河主役に決まりましたが、今年の蟹といえば三谷幸喜さんでしょうか。
「鎌倉殿の13人」もそうですが、TBS「情報7daysニュースキャスター」にもいきなり抜擢されましたね。
芦田愛菜ちゃんと藤井聡太五冠の進化も止まりません。
平手友梨奈さんも「六本木クラス」で想像以上の魅力を放ってました。
朝ドラ「舞いあがれ!」で舞ちゃんの相手役になるのは刈谷先輩・こと高杉真宙さん(蟹)?
でも!今後、目黒蓮さんも出られるようなので、やっぱ水瓶にはかなわないのか…?
福原遥さんは乙女座です。

乙女座も星回りとあまり関係なく活躍している印象。
ただし、いつだって土星座は「本当の実力者」のみ輝く。
牡牛・乙女・山羊は「光が当たるのを待ってる」ような役者さんが多い印象ですが、「実力・努力は裏切らない」ということを証明してくれるような確かさを感じさせてくれる人が多いと思う。
プラス、星の応援を受けたら最強という感じもします。
木星は現在、ほとんど牡羊気味の魚座ですが、2022年は確かに魚ー乙女に明るい注目が集まったかなと。
魚座の菅田将暉さんや黒木華さん、松下洸平さんの活躍は今年も目覚ましいですが、魚座の赤楚衛二さんもドラマ出ずっぱり&朝ドラ抜擢。黒島結菜さん・上白石萌歌さんも魚座。
乙女座の浜辺美波さんは次回の朝ドラ主役、趣里さんは次々回の朝ドラ主役決定です。
同じく乙女の横浜流星さんも今年むちゃくちゃ作品に出まくってる印象。
杉野遥亮さんもブレイクしましたね。
「ちむどんどん」では山田裕貴さんの確かさだけが救いでした。
山崎賢人さんは現在、日9TBSの主役でしたっけ。
魚座の松本若菜さんは美人すぎる顔芸演技が話題になりました。

水瓶と蟹がいつだって安定人気者、と言いましたが、山羊ー双子もかなりのものですよ。
山羊座には長らく冥王星があるから?と思うものの、地星座ならではの確かさに裏付けられた華やかさがある。
小栗旬、中村倫也、深津絵里、寺島しのぶ、あと…
すぐには名前が出てこないのも山羊。
でも確実な人がたくさんいましたよ。あ、竹野内豊さんですね。橋本愛、石原さとみ。
飯豊まりえさんは「ちむ」で輝きを放ってました。
「エルピス」の眞栄田郷敦は新時代の山羊座です!

双子座こそダイレクトな星回りはないんですよ。
今ちょうどT火星が長期滞在中ですが、双子座にとってT火星の動きなど「今さら?」という感じと思う。
「星回りとか関係ない」という強さ・華やかさが双子にも水瓶にもあるんですよね。
長澤まさみ、新垣結衣、上野樹里、風間俊介、二宮和也、松たか子、中川大志、間宮祥太朗、波瑠、広瀬すず、鈴木京香。
ただもしかしたら、輝ける双子の面々はプログレス太陽や年齢域惑星が蟹・獅子・乙女にあるのかもしれない。
蟹にあれば長いこと冥王星の影響を受けそうだし、獅子や乙女にあればここ数年の木星に照らされるでしょうね。
これは射手座にもいえる。
プログレス太陽などが山羊・水瓶・魚にある方が特にここ数年輝きを放つのかも。
射手座の演技も毎度楽しいです。
高橋一生、妻夫木聡、柄本佑、広瀬アリス。

ここ最近、牡牛ー蠍の方の影響力が半端ないと感じるのは私だけじゃないはず。
T天王星が2020年から牡牛座に入ってますが、その影響でしょうか。
牡牛座:竹内涼真、阿部サダヲ、松田龍平、瀬戸康史、江口のりこ、新納慎也、坂東彌十郎、伊藤沙莉
蠍座:小池栄子、仲間由紀恵、山本耕史

チョイスが大河と朝ドラ寄りになっちゃいましたが、心に寄り添うあなただけの牡牛ー蠍が誰しもにいるはずです。

牡羊ー天秤もかなり最強ですよ。
蟹や双子が好き嫌いの分かれやすいキャラクターとしたら、牡羊ー天秤は万人受けするのでは。
2022ー2023は木星が牡羊座に入るので、来年は水瓶座を凌ぐ最強活躍を見せるかもしれませんね。
牡羊座:大泉洋、宮沢りえ、綾瀬はるか、堀田真由、鈴木亮平、柳楽優弥、西島秀俊
天秤座:杉咲花、永野芽郁、生田斗真、柿澤勇人、高岸宏行(ティモンディ)、ヒコロヒー、松坂桃李、三浦透子、永作博美

星回りに影響されない実力を兼ね備えてる人たちがほとんどでしょうけど、それでも「こんなに頑張ってるのに」という努力がいきなり報われたりするのが木星や大きな星の移動時だったりするのもよくあること。もともと人気者だったのにさらに光が注がれたりもする。
2023年は太陽牡羊・天秤、あとプログレス太陽や年齢域惑星(NもPも)が牡羊ー天秤にある方が、スカッと抜けるような爽快感を得るんじゃないでしょうか。私の年齢域惑星も牡羊座です。楽しみ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。