雷のめいわくーウエンツさんー

さっき、ウエンツ瑛士さんが「10月からロンドン留学する」と番組で報告してた。

 

ずっと夢みてたミュージカルの勉強をしに行く。
誰に迷惑をかけても、そうしたかった。

 

感動したのです。おぉーウエンツさんが、と。

私の中でウエンツさんは、芸能界の優秀なサラリーマンみたいだった。
相手を立てることを忘れず。
かといって、相手が喜ぶツッコミもできる。
自分を落とすことでトゲをなくし、言葉も行動もいつも常識の範囲内!というような。
そんなウエンツさんが、「誰に迷惑をかけても」という選択をしたなんて!

 

昨日読んでた本の中に、「人に迷惑かけない生き方をしたい」というような一文があった。
そこで、ちょっとだけ沈んだ。
それは、「またか」という感覚だったから。

それを信条としたならば、なんにもできない気がした。
胸に抱くあれこれ、口に出すとなったら途端にドキドキしてくる何もかもを、捨てなきゃならないように思った。
そして、それを互いに求め合う社会に、もうなってんじゃないかと少し恐れた。
もちろん、進んで人に迷惑かけるつもりなんてないけれど。

転職したいしたいとずっと言っててなかなかできない友人に、なんで?と聞く。
「誰かに迷惑かけると思うと…」
毎回同じ答え。
それは本当に本当の理由かしらと思う私は、友達思いじゃないのかもしれない。

 

ウエンツさんはもしかしたら、信用できる誰かに「迷惑かけても挑戦しなさい」と背中を押されたのかもしれない。
それを選択しなかったとしたら、「火曜サプライズ」でこの先何年も、ソツなくMCを続けていたのだろうかな。
安定に変化をもたらした人・場面をこの目で見れたのは、なんか信じられないという感動。
今この時代に、最もそうしなさそうなウエンツさんによる。

 

おととい、激しい雷鳴の夢を見た。
それは昨日の豪雨の正夢じゃん!って思ってたけど、この目で見たウエンツさんの転身、そこに全身で刺激を感じてしまった、、ってことの予知夢にしてもいいだろうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。