第1回アンケート結果

先日のアンケートの結果をまとめました。
協力していただいた皆様、ありがとうございます!

30人以上の方にご協力いただきました。

円グラフはちょっと小さいのですが、ぜひ拡大操作してみてください。
まず「あなたの太陽星座は?」「あなたの月星座は?」

太陽・月ともに火の星座の読者(アンケート参加者)が多め。
太陽・月ともに地の星座の読者(アンケート参加者)が少なめ。

私は太陽の火の星座ってほとんど「射手座」なんじゃないかと勝手に思ってます。
占星術に興味ある方って射手座の人が多いのです。
そして「探究心」を深める蠍座持ちの方が多いんじゃないかと予想。

月の風星座ってほとんど「双子座」なんじゃないかとこれまた予想。
双子ー射手ラインは情報が好きだし、「読む」ということへのフットワークが軽い印象です。
水星座は占い好き。
地星座はそもそも「ネットの世界」に慎重な方が多い印象です。

 

「あなたの水星星座は?」

なんとついに!
牡牛座はゼロ票でした。
牡牛座に票が入るまで待ってたのですが、入らず。
水瓶座もずっとゼロでしたが、最後の方にちょろっと入りました。
意外だったのが乙女ー魚が1票ずつだったこと。
私の双子水星とスクエアになるからかな。
一番多いのは双子の対向星座・射手座!
射手座に関する記事が多いことも関係してると言えそうです。

次に多かったのは天秤座と蟹座票でした。
やっぱり射手座の読者が多いのかな。

これも4区分に分けてランキングしてみます。
1位:火星座
2位:水星座・風星座
3位:地星座

 

「あなたの金星星座は?」

水星星座とずいぶん様相が違うことに驚きです。
天秤座がぐっと少ないです。

なんとこれも牡牛座ゼロ票!
水瓶座もゼロ票でした。
最多票は蠍座です。
やっぱり太陽射手座が多いのでは…。

しかしこのサイトに射手座を引っ張ってくるのは、「金星蠍座」のようにも思えます。
蠍座の占いへの関心、ただ「占い」を見に来るということじゃなく、蠍座は分析・探究を深めたい方達なのかなと思いましたが、どうでしょうね。
金星射手座はそんなに多くないのです。

そして双子座と乙女座の多さ。
これはちょっと嬉しいです。
情報通の双子と乙女座持ちに何か引っかかってくれてるのかな。

4区分ランキング
1位:水星座
2位:風星座
3位:火星座
4位:地星座

金星星座となると火星座がぐっと減るのですね。
太陽が火星座でも、やはりこのサイトに関心が引っ張られるのは金星星座でしょうか。
風星座や水星座の情報・スピに興味おありの方が訪れてくれてるのかもです。

 

「このサイトにたどりついたきっかけは?」

「占星術への興味」の次に票が伸びたのが「好きなミュージシャンの話題」です。
気になる!誰だろう?岡村ちゃん?
星野源さんだったりするでしょうか。
好きな芸能人票は少ないのにミュージシャン票が多いというのが「ゆめぼしミュージック」を名乗ってた甲斐もあります。
このミュージシャン&占星術が引っ張ってくるのがやはり「金星水星座」の方達なのかなぁ。

 

「このサイトを引き続き訪れてくれる理由は?」

「ルーティン」と「応援」が多いのが嬉しいです。
ルーティンにしてくれてるのは、起き抜けからネットに接続してそうな風星座持ちって感じがします。
記事を書き続けてることに、励ましをいただいたように勝手に感じてます。
占星術票からは、さらに星のことを突き詰めるぞ!というやる気を鼓舞されます。
「漠然とした期待」・・ありがとうございます!
「その他」・・それなりに入ってます。なんでしょうね?

 

牡牛座・牡牛座持ちって、そもそもネットを見てない率1位なんじゃないかと思ったりします。
しかも占いのページに来ない率1位。
もし来てくれてる牡牛座の方がいらしたとしたら、水星か金星が双子の方でしょうかね。
もしくは月星座が射手か蠍でしょうか。
動きもとってもスローモーなのです。
欽ちゃんの仮装大賞のような、「プッ…」と駆け込み1票入っていくような感じ。
水星や金星では「カーン…」と牡牛座が落ちてく音が鳴った気すらしました。

射手座の集まり度合いはとってもスピーディーでした。
これも「っぽい」ですね。
天秤座と蟹座もスピーディー。活動宮ならではでしょうか。あと親しみやすさ。
牡羊座持ちや山羊座持ちは、ネット見るくらいだったら外に出て忙しくしてそうです。

やっぱり水星座と火星座は、わっと燃えやすいのですね。
自分の好きなミュージシャンのことや、自分の星座について書いてあると夢中になってくれやすい。
でも大抵はそのお熱が冷めてしまうものですが、蠍座はやっぱりそのあたりの継続性もあるのかな。
あんまり蠍の記事が多くないのにもかかわらず、嬉しい限りです。

山羊・水瓶・魚の水星・金星票は全体的に少なかったのですが、前半星座集中の私が書く日常娯楽感は、後半も後半星座の方々からするとスケールが合わないのかな。
大きな視点で見る・感じるということ自体、自分の後ろ頭を見つめられてるようなプレッシャーと苦手意識があるのであります。

 

今年〜来年の目標としては、「講座」みたいなものも開こうか、なんてことを思ってます。
でも教室の手配とか、どうしたらいいものかよくわかっていません。
そして「講座」とはいっても、いちから占星術を学ぶというものではなく、私の場合は芸能人の星座予測クイズみたいな、星々から滲み出る「っぽさ」をみんなで感じていきましょうということとか、各々の知り合いの「○○星座っぽさエピソード」を披露してもらったりとか、そういうとこから占星術への関心や知識を互いに深めていきたいと思ったりしてます。
とにかく強調したいのは、星に「良い・悪い」がないということで、(重い・激しいはあるかもしれない)そのあたりもみんなとお話ししていきたいものです。
もし興味ある方いらっしゃれば、プレ講座を開いてみるかもしれません。
お気軽にご連絡ください。

 

アンケートはひとまず結果を出しましたが、いつでもずっと受付中です。
(→「初アンケート!」)

それでまたガラッと結果が変わったり、牡牛座持ちの票が入ったら(笑)改めて結果をお知らせするかもしれません。
本当にこれまで読んでくださった方、ありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。