相性タロットのご感想

このゆめぼしサイトでタロット初依頼の方無料キャンペーンはまだ継続中です。

鑑定メニュー

基本、上記のメニューで行ってます。

 

先日、こちらの相性スプレッドのお申し込みがありました。
「相性スプレッド」というのは、相性良い悪いを見るというよりかは、自分と相手の顕在・潜在意識を検証するというタイプのものです。
恋愛相手じゃなくても、「もしかして嫌われてる?」という相手でも見ることができます。

今回の鑑定、「ぜひ役立ててほしい」というご依頼者様のお言葉に感激して、やり取りの一部を紹介させていただきたいと思います。

・ご依頼者様は女性。20代後半。
ご相談内容をそのまま貼り付けさせていただきます。

相手とはお付き合いをしていましたが、現在理由も語られることなく
突然、全ての連絡先を断たれ成す術なく別れてしまっている状態です。

一番気になっているのは、「そもそも最初から本当に気持ちがあったのかどうか」
現在の心境も分かればふまえてお聞きしたいです。

写真は浮世絵タロットですが、実際の鑑定ではマルセイユタロットを使用しています。

1:現状・17星逆位置
2:依頼者様顕在・カップ女王逆位置
3:依頼者様潜在・ワンド女王逆位置
4:依頼者様の彼氏顕在・ソードキング
5:依頼者様の彼氏潜在・ペンタクルス逆位置
6:環境・カップ8
7:近未来1・カップ10逆位置
8:近未来2・19太陽逆位置
9:結果・ソード騎士逆位置

特徴的だなと思ったのは、女性側のカードがカップとワンドということで、占星術に置き換えるなら水と火。
男性側のカードがソードとペンタクルスで、風と地。
女性のカードは2枚とも女王というところからも、惜しみない愛情・情の深さが感じられました。
ただ逆位置なので、相手にちゃんと受け止められてる手応えがないような…。

 

男性側の顕在、ソードの騎士のソード=剣がまたぴしっっと直線的ですよね。
切る!切ったんだ俺は!という、実際の性格はどうであれ、「連絡断絶」は決定的のように思えてしまいました。
でも潜在がペンタクルスペイジの逆位置ということでなんとも頼りなさげ。
また、「あ、あっちもいい」とか比較対象によっては価値観が定まらない気の多さも感じられたりして。

 

環境のカードはカップ8。

水星座・8室蠍座的なイメージから、「秘密」を感じさせます。
近未来1のカップ10逆位置は、その秘密がいずれどしゃーっと明かされる予感。
また近未来2の太陽カードと合わせると、なんとなく「家族」「子ども」「平行してるもう一つの事情」も連想される。
彼は実は既婚者・・・?

 

しかも彼の人物カードの視線が近未来のほうを見つめています。
彼になんらかの事情が発生したように思えてしまいました。

 

ご依頼者様からの感想です。

 

こんなにも感情やその背景を読み取られるものなのかと、鳥肌が立ってしまいました。
結果的に言うと、私や彼の感情面に関しては特に。100%その通りです。

とても肯定していただいた文章貼り付けるのは恥ずかしいかぎりですが、ほっとしましたし嬉しいです。
ありがとうございます!
ご依頼者様と彼はネットで出会われやりとりを重ね、ある日連絡を閉ざされてしまった。
しかもお2人は遠距離状態とのことで、会いたいと思ったときすぐ会いに行ける距離ではないのです。
彼潜在のペンタクルスペイジから、「情」よりも「実物・確かさ」を重視するタイプに思えてしまいました。
手の届く範囲にまた気になる人が現れたら、会いたいとき会える人との出会いがあったなら…心動いちゃうんではないかと。
このあたりが断絶の原因かはわからないのですが。。
「そもそも恋愛に求める濃密度が違うのかも」ということについてもまさにその通りです。
私はネットとは言え、画面の向こう側にいるのは自分と変わらない生身の人間だと思っていたので
純粋な気持ちで「守りたい、助けたい、大切にしたい」と全身全霊で向き合っていました。
彼は損得勘定で物事を切り捨てるところがありました。
「どこか冷静だったり自分の守るものを崩されない範囲での、あまり情が絡まないタイプ」そのままですね。
その為、女心でいじけたり拗ねた直後突然の音信不通だったので、面倒ごとから立ち去ったのだと思います。
カードを占星学的に置き換えてみると、
ご依頼者様:太陽・水、月・火
彼:太陽・風、月・地
みたいなイメージです。実際のホロはどうなのかわかりませんが、確かにご依頼者様からは本当に惜しみない愛情が感じられます。
彼は自分の生活やペースを崩されないことを大事に思う方だろうか。
>「能動的に彼について情報を探しにいくか、もしくは彼についての情報がそのうちもたらされる」
情報というワードがたくさん出てきましたが、これから心配してくれた友人が間に入り話し合いをするという流れになっているのでまさに”秘密と情報”が飛び交っています。
8室蠍的と読んだ私ですが、思えば「8室蠍」ってすごい結束感もありますね。
ご依頼者様のお仲間たちが秘密や情報に向かって動いてくれてるいうその状況は、このスプレッドの中で数少ない正位置から明るさみたいなものがうかがえる気がします。
しかし彼は既婚者ではありませんでした!
ペンタクルスペイジから、お金もあんまりないのかな?とも思ったのですが、そういうわけでもなかったようです。ここのあたりの読みは外れました。

 

ご依頼者様は占星術にもお詳しくて、彼のホロスコープが蠍座がちであるところからも、「秘密」「表に出てないけど進行してるかもしれない彼側の事情」に納得感を示されていました。
また、「ソードの騎士」「ソードの王」にも日頃から「彼っぽい」と思われてたということで、ご依頼者さんの胸の内とカードでシンクロしてることの多さにも驚かれていて、私もそのお話にはびっくりしたんですよ。

タロットは、「無意識のレベルで人はつながっている」ということを信じれば信じるほど、ご依頼者様とカードのシンクロがばちっと起こるもんだなぁと私自身が驚きます。
私は本当に「ただ言語化の人。

「当たってる」「そのとおり!」という感想は嬉しいですが、私がカードに表れたことを感情に流されずに読むことができたなら、「当たってる」につながるはずなんですよね。

感情に流されるというのは、世間一般の「良い・悪い」にとらわれてしまうこと。
ネット鑑定を「信じられない」と思う方も多いでしょうけど、私は自分の性格からして対面鑑定こそ相手の表情や言動などに影響されて判断がゆらぎそうなので、ネット鑑定のほうが自分に向いてると感じるのです。

それは、そもそも「ネット鑑定に申し込む」というご依頼者様の「信じる」という前提が、結果に確実さを与えてくれるようにも思います。

また「つながる潜在意識」からすると、すべてのカード情報はあくまでご依頼者様を媒介したものであると思ってます。
ご依頼者様が無意識レベルで感じたものを通してしか、相手のことはわからないのです。(私は)

だから触れ合ったこともない芸能人との相性などは鑑定できません。お手紙渡したとか、それくらいの触れ合いがあれば、その瞬間の彼の気持ちくらいは表れるのかもしれません。

 

ちなみにご依頼者様とやりとりしたのちに彼側のカードを見返すと、二股できない律儀さがあるようにも思いました。
なんとなく彼には、関係を断たねばならなかった事情があるように思えるのです。
ご依頼者様はご自身を責める方が多いけど、相手が自分に都合よく行動してたりもします。

いずれにしろ、情報を今お仲間が探ってくれてるとのことなので、私もその報告を待ち望んでいます…!

ご依頼者様、ありがとうございました。

これまでのご依頼者様にもあらためて御礼申し上げます。

鑑定はタロットも星も、ご依頼内容によって臨機応変に対応しますので、気になることありましたらぜひお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。