海王星の魔力

2019年に書いて、その後クローズした記事です。

このとき夢中で読んでた本の著者が今話題になっているようで。
あと宗教のこと。

****************************

(2019.4.26)

最近、「洗脳」とかそういう本ばっかり読んでます。

そのきっかけとなったの高田かやさんの漫画、「カルト村で生まれました。」

 

もともとは続編「さよなら、カルト村。」をブックカフェで読んで、衝撃を受けたのでした。
漫画に描かれる大農業集団で生まれ育った高田かやさんが、その村を去るストーリー。

驚いたのは、そういう「村」が平成の世にも存在しているということ。
どうやら広大な敷地の中に病院や学校まであるようで、しかし村人は貨幣を持たない。
宗教団体ではないという。

私は気になって「カルト村 日本」で検索をかけた。
そしたらば、どこの・何の集団かはすぐ明らかになったのだけど、初めて耳にする団体でした。
仮に「Y」とします。
角田光代さんの「八日目の蝉」で出てくるエンジェルホームは、このYがモデルとなってるといいます。

 

「カルト村で生まれました。」は一部読めるサイトがあります。
→「カルト村の実態とは?」

幼いうちから労働させられ、1日2食制の中、常に空腹を感じる子どもたち。
幼い頃の高田さんの唯一の楽しみといえば、外部のお友達との文通。
ただ、お友達からのお返事はところどころ黒く塗りつぶされていて、検閲…?
これだけでもびっくりするけれど、子どもへの暴力の実態を知ったときに私の中で何か加速がついた。
そのYについても知りたいけれど、その前になぜか有名カルト教団を脱退した方の漫画も購入。

「やっぱり」と共通するのが、子どもへの虐待です。
しかも虐待する側にその自覚がないことも共通。
信者は一見ニコニコしてとても穏やかそうなところも似ている。
いろんな洗脳集団は、仕組みや大人の身勝手さがなぜか共通してるのです。
Yについてのルポ文庫もさっき読み終わりました。(著者米本さん)

 

どうしたんでしょう。
なんでこんなにハマってるんでしょうね。
しかし「ハマる」といえば海王星なのです。

私のP月が現在、魚座T海王星とぴったりコンジャンクションです。
またP海王星は私のN土星とオポジション。
そのラインにはTドラゴンテイルーヘッドがあります。

 

自分はあまり海王星的人間ではないと思ってたのですが、ネイタルホロからするとそんなこともないのかも。
お酒に溺れることはないけれど、占いとかおまじないは小学生の頃から好きだった。
また参加してきた勉強会も、思えば海王星的なものが多かったです。
思い返すと、深みにはまらなくてよかったと思えた講座が2つあります。

一つは「褒め」と「人格否定」が交互だったところ。
もう一つは唯一の男性講師の勉強会で、その講師への尊敬の念が「あれ?」と一瞬変わった瞬間に私は貧血気味になり。
なんとか持ちこたえましたが、継続の講座には通いませんでした。
私の思い込みかもですが、先生の講座の話の暗喩が性的な事柄に感じられたのです。
講師の話をすべて全肯定で聞くというのは無理があるんじゃないか。というか危ない。
そう思ったら具合が悪くなりました。
この2つのどちらも講座料は高額です。

「褒め」と「人格否定」「集団」「高額」は、かなり気をつけたほうがいい要素です。あと大声を出させるようなところ。
それは主催者の意図にかかわらず、これらがそろうと脳に異変をきたす場合があるということで…。
怖い言い方しますが、これに「睡眠不足」が加わるとよりマズイ。

泊まり込みのセミナーなんかで、翌日にも疲れを引きずらせるようなハードな講義内容のものはかなり危ないでしょうね。
講座のあとに宿題を出したり、夜中まで飲食など集団行動を取らせたり話し合いを続けたりとか。
疲れた脳に、スポンと教義や全能感が入っちゃう隙ができてしまうようで…。
しかもスポンと入るとかなりの多幸感を得るらしい。
わけもなく涙流すほどの。
しかしそれは人格解離の始まりで…。
このへんかなり詳しくなっちゃいました(笑)

 

働き詰めの生き方よりもっと別のものを見つめたい。
今の時代、そういう人は多いのだと思います。
星やタロットを勉強してる私もそういうことと言えます。
何か一生勉強できるもの。
また、そういう講座にお金を注げる女性が増えましたものね。
私もまた勉強会ジプシーになりかけてたと言えます。

高額のお金を払うと、「払えた自分」「大きなものを捨てた自分」をすごく肯定したくなるし、また高額の分、人生に転換が起こると思いやすくなる。
ここがとにかく危ないし、これを「手口」としているセミナーもたくさんあることと思います。
要注意ポイントです。

 

山羊座T冥王星は昨日から逆行開始なんですよね。
その影響もあるのかな。スピリチュアル振り返り…。

海王星って宗教とか洗脳に近い世界ですよね。
ユナイト・一体・境目のない世界…
そして独特の陶酔感。
それは音楽で味わう人もいるだろうし、日常レベルで言えばお酒。
非日常感を、みんな何かに求めてる。
それがクスリになっちゃう人もいるのでしょうしね。
誰か特定の人を信奉するムードとして表れる場合もあります。

この10連休は、いつもよりムードがずっと違ってくるでしょうかね。
でも講座とかセミナーなどはお休みになるんだと思います(たぶん)。
今月は外惑星の逆行が次々始まるし、振り返ったり取り戻したりするのに良い時期なんじゃないでしょうか。
体も頭も休まるといいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。