記者会見を見ていた午後

今日の午後は、宮迫さんと亮さんのネット記者会見をずっと見てしまいました。

 

「宮迫さんの謝罪顔がどうもコント」とはツイッターでもよく見かけたことでしたが、確かに…。
不真面目そうとかじゃなく、ああいう表情をドラマやコントでよく見たなぁと。
宮迫さんは眉がすごく整ってきてから「変わったかも?」というお顔の印象です。
一方の亮さんは顔が灰色で、「憔悴しきってる」とはまさにあのことというようなやつれ具合。
でもやっぱ亮さんなので、爆弾発言をそうと意識してなさそうにちょいちょいしていたりと、この方は本当に純粋な方なのでしょうね。とにかく目が離せない記者会見。

いつかこの記者会見すら盛大にネタにできる日が来ればいいなぁぁってつくづく思ったものでした。
でももしかしたら、思った以上に深刻な状況にこれからなっていくのかもしれません。

 

2人のホロスコープを再度見てみましたが、そんなに激しいわけじゃないです。
ただ2人とも太陽ー天王星のアスペクトがありました。
宮迫さんがオポジション。亮さんがスクエア。
「離別」という意味を持つ天王星。

きょうの夕方のホロスコープです。
牡牛座T天王星ー獅子座T火星がスクエア

このアスペクトも2人に特別ダイレクトなわけじゃないのですが、「男性が離れる」とか「意外性・激震」と読んでみると、吉本興業を実質解雇となったお2人の姿と重なる。
その吉本に対する告発とでも言うような真実は、ネットを騒然とさせたりもしてました。

なんたって蟹座のT金星・ドラゴンヘッドが、人気者のお2人の姿と重なります。
多くの人から注目され、対向から重めのほしぼしにマークされてるこの図
大物に睨まれた2人でしょうか。
その「大物」は、今となっては反社勢力というより吉本の幹部のようです。

でもトラインの魚座海王星がね。
2人に注がれる同情心や優しさにも見えてきます。月も魚座だし。
もしくは「嘘」から始まった大ごとさとも言えるかな。
それとも海王星すら、事態をうやむやにしてきそうな幹部でしょうかね。
結構な爆弾発言が出ましたが、記者がそのまま記事を書き、それをメディアが取り上げない限りは、この衝撃もネット上だけのものとなるんじゃないかと危惧してしまう。
だって記者が掘り下げないのです。
全部見たわけじゃないけど、爆弾発言を掘り下げるムードはあの会見場では全然なかったように思いました。
ミヤネ屋やバイキングがこの会見のどこを切り取ってどう伝えるかは見ものです。

 

宮迫さんの息子さん、陸くんがもう大学生というのには驚きました。
あんまり口聞いてもらってないようなお話にはちょっとぐっときました。
私も昔は宮迫さんむっちゃ好きだったのですよ。
アメトークみたいな番組でMCをまともに務められる人とは思いませんでした。
もっと変態キャラでしたよね。
運動神経もいいし歌もうまいし、MCとして安定ツッコミもできる貫禄がつくとドラマ業界も黙ってない。
あのころ、まだ5歳くらいの陸くんの話をする宮迫さん好きだったんですよね。
「だった」とどうしても過去形になるのは、なんか顔変わった?っていつからか思うようになって。
太ったのか上昇志向の表れかはわからないけれど。だって蛍ちゃんは全然変わってないわけで。

「ワンナイR&R」もよく見てた〜。
今、誰も轟の「と」の字も言わない、ゴリエの「ゴ」の字も言わないのはなんでだろうってたまに思います。
車、車、車3つで…とか、ぎゅーん!!とか。
忘れ去られただけかな。
ぐっさんとの「くず」とか、平畠さんや川ちゃんも好きだったことを久々思い出しました。

 

私は吉本興業が大好きだったのですよ。
新喜劇も好きだし、吉本の笑いはやっぱり頭抜けてるように思うし。
でもやっぱり最近、吉本が好きとか恥ずかしくて言えなくなる日がそろそろ来そうとか思ってる。
新喜劇の舞台に首相が立ったりとか、何あれ…。

 

記者会見で印象に残ったのは、会社が社員に「社への忠実さ」を求めるところとその葛藤。
正社員ってなんだろうと、私も正社員を辞めてよく考えることです。
正社員であることに誇りを持ってこの会社を盛り上げていこう、社会的にもっといい役割を果たせるようにみんなで!というのが一つの理想だとして、これがどこまでも理想に過ぎないと感じることが、自分のことにしても誰かの状況にしても、TVやラジオから聞こえてくるレベルでもすごく多いと感じる。

「いいから従って」と「社」がどこかからそういう態度になり、「でも!」という反発もいつの間にか少なく、皆無になっていったりもする。
「え、みんなおかしいって抗議しないの?」と思う人が自分1人なら、やっぱり離れるしかないって決断をしてしまう。
社からすればうるさいゴミが出て行ってくれたとしか思わないのかもしれない。

社員も長くやっていると、だんだん痛みとか面倒を避けたくなるんですよね。
社とか社会のための正社員じゃなく、自分の生活のための正社員になる。
私もそうだったかもしれない。
「もっとよくしていこう!」なんてほんと、ちゃんちゃらおかしいよねっていう社のムードを目にした時、みんなはどうしているんだろうと思ったりします。
自分の何かを抹殺するのか、これも人生だと大きく捉えるようひとまず諦観するのか。
いろんな意味で「うまくやる」ことも正社員の能力として必須みたいな昨今。

宮迫さんたちは、どっちかといえばうまくやってきたタイプにずっと思ってた。
だからこそ「裏切られた!」と思うほど何かあっての記者会見かもしれないし。
でもお2人から放たれるものはなんだかんだ華やかで、これでもう見なくなるかもしれない…ということはないように思ったのでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。