中高生の恋

*2012年の記事です。ヤプログ終了に伴って、こちらに移してきてない記事をこれから徐々に移行します。

***************

 

12星座といっても、ポピュラーによく言われる○○座っていうのは太陽星座のことですが、恋というのは太陽星座に限らず、月や金星、水星、アセンダントなどから、それなりに「っぽさ」が表れてくるものと思ってます。
太陽の自分が意識的に保ててる自分だとしたら、月の自分は隠してもふわっと出てきてしまうもの。

よく金星が恋の星とはいわれますが、私は金星は自分の大好きな世界観として出ることが多いのじゃないかと思ってます。それが恋とリンクする人は多いのでしょうけど。あと付き合い始めの恥じらいのあるあの短期間とか(笑)
水星は言葉遣いやしゃべり方、アセンダントは行動パターンでしょうか。
中高生の恋の「っぽさ」のあたりを12星座別に思い起こしてみます。
イメージされる著名人とともに・・。(敬称略)

牡羊座
特徴:常に前のめり。けんかっぱやさは愛情表現だったりもする。
女子:「ヤマシタぁあ!!・・・・・呼んだだけー」みたいなちょっかいを出した相手を好きなのではなく、そのヤマシタのいつも隣にいるおとなしめの男子が好きだったりする面倒くささ。
好きなくせにヤンキーをつい装ってしまうことも。
⇒沢尻エリカ(太陽と月)、高橋みなみ(太陽)

男子:中高生だと恋より部活メインだったりする男子が多い。
そのかわり、中高を卒業してもまだ子どもっぽい愛情表現をする人は多いかも⇒彼女をいじめたり、ぶーぶーわがまま言って「もーやだー」と彼女にペチンと叩かれたりするやり取りがいくつになっても好きというか。
⇒藤森慎吾(月)、羽鳥慎一(太陽)

牡牛座
特徴:おっとり静かで草食動物みたいな穏やかさ。
女子:3年間・6年間、誰が好きだったのか結局誰にも明かさないまま卒業することが多い。
男子とろくに話せなかったという子も。
けど、同窓会などで問いただすとすごいイケメンのことが好きだったりする。
周囲には恋愛に興味なさそうに見えるけどすごいロマンチスト。可愛いノートに日記書いたりとか。
⇒井上真央(月)、志田未来(太陽)

男子:男子もまた、心に秘めてる好きな子の名前は誰にも言わないかもしれない。
その子が指名されて教科書読んでても、視線を送らないようにコントロールできる安定感。
自分からのアピールは、ほかの星に積極的な要素がなければ(牡羊座とか射手座とか活動宮とか)ほとんどしない。
けど、言葉に重みがあるので信頼されやすく、成就率は高そう。
⇒松本潤(月)、堺雅人(月)、上川隆也(太陽)

双子座
特徴:中性的だから異性の輪に1人でもなじめる。
女子:好奇心が旺盛なので、キワドイ体験に対しての警戒感も比較的ない。
男子をその気にさせといて、からかうなど真面目な男子をすぐ茶化す。
もしくは、かわいいのにマンガの中の王子男子にどっぷりで、現実の男子に引かれたりもする。
うざいの嫌いなくせに堅物男子に惚れたりも。
⇒仲里依紗(月)、長澤まさみ(太陽)、麻生久美子(太陽)

男子:女子に警戒感を抱かせずに仲良くなれる。
そしてとにかくチャラいしよく喋る。変態傾向もあり。
けどキモさはなく軽やかに映る。なんだかんだ彼女は中学からとか長い付き合いの中から選ぶ。
⇒宮根誠司(月)、徳井義実(月)、伊勢谷友介(太陽と月)

蟹座
特徴:恋をするとふわふわ地に足がつかなくなるが、失恋するとじめじめして水分を含んだように重い。
女子:友情より恋を選びがちなので、女友達を激怒させたりする。
急に切なさのスイッチが入って教室で泣き出したりと、恋をすると情緒不安定。普段明るく朗らかなのに、カラオケではテンポの遅い長いバラードを選んで周りをうんざりさせる。
彼氏に尽くしすぎてダメ男にしがち。
⇒宮崎あおい(月)、広末涼子(太陽)

男子:気づけばじーっとじとーっと好きな子に視線を送ってる。
動作で誰のことを好きなのか、周りにも本人にもバレやすい。時にキモい。
修学旅行とかになると、かゆいところに手が届くまめさで多くの女子がその優しさに気づき始め、急に女子からの株が上がって一時取り合いになる。
けど、修学旅行から帰ってくるとまた存在が消えかける。
⇒岡村隆史(太陽と月)、小泉孝太郎(太陽)

獅子座
特徴:アピールが激しい。けど、ただ目立ちたいのか好きな子アピールなのかの判別は難しい。
女子:クラスのアネゴ的立場、もしくは「私を見て!」のアイドル体質。成就するとツンデレで彼氏をダメ亭主のように扱いがちだが、思いがけずふられると激しく泣いたり取り乱して周りを驚かせる。
⇒田中みな実(月)、冨永愛(太陽)
男子:好きな子をとにかく笑わせたい。笑わせるためにはなんだってやる。クラス単位ではなく学年単位、いや全校生徒の前でアピールする「おもしろいオレ!」。それがウケると先輩からも後輩からも人気を一気に集められるが、スベると3年間ずっとヘンな人として目立ってしまいがち。イケメンだと女子がおそれをなすほどの王様オーラを出すので、案外交際自体は卒業してからとか遅咲き傾向も。屈折したタイプだと「オレが願い下げだぜ」というオーラを出すが、告白されると地味な子でもころっと付き合ったりする。
⇒安住紳一郎(太陽)、ダルビッシュ有(太陽)

乙女座
特徴:とにかく繊細。一糸乱れぬ髪形、制服姿。潔癖。
女子:きりっと清楚で勉強もできるが、好きになる人は結構ワイルド・自分勝手系。
ある日突然に欠点を見つけて忌み嫌うようになり、自己完結型の恋となりがち。
彼女になると尽くしすぎ、また門限など家族や規律に忠実なので、ワイルド男子に浮気されたりする。
⇒天海祐希(月)、上戸彩(太陽)

男子:美しい文学青年のような清らかさ。制服はいつもピシッとしていてハンカチも持参。
潔癖で臆病なので、男女交際への一歩をなかなか踏み出せない。
物静かな学年一の美女を秘かに好きになったりするが、彼女が誰かと交際するとけがらわしいものを見るような視線に変わる。
嫌いな子への態度は冷酷きわまりない。
⇒井浦新(太陽と月)、若林正恭(太陽)

天秤座
特徴:いつもさらっと人当たりがいいので、本当は何を考えてるのかがわかりにくい。
女子:「クラスの男子で誰が一番格好いいと思う?」とかの質問をうまくかわす。1番とか決めるのが苦手。
見た目はおしゃれでモテ系なのに、3年間彼氏がいなかったってことも。
誰か1人だけの私になってしまうより、みんなの私でいる自分を愛す。
⇒中野美奈子(月)、堀北真希(太陽)

男子:みんなに愛想がよいので、私のこと好きなのかも・・・と多くの女子に誤解される。
自分でも誰が大切かわからなくなってくる。
恋でかっこわるい思いするより、誰のことも愛さずスマートに振る舞うほうを選ぶことも。
自分に合う無難な彼女を見つける。
⇒長谷川博己(月)、西島隆弘(太陽)、ウエンツ瑛士(太陽)

蠍座
特徴:この人と恋に落ちたら何もかも捨てないといけないような深刻さが漂う。大人びている。
女子:入学して誰よりも早く付き合って、結局3年間同じ人…ってな濃密な学生生活を過ごしたりする。
恋愛感情が落ち着いているときは明るくすがすがしい性格だけど、ひとたび恋に破れると未練で雰囲気が暗くなり、その後何年も彼氏ができなかったり、「あの人以上に好きになれる人はもう現れない」宣言を失恋のたびにしたりする。
⇒高島彩(月)、西山茉希(太陽)

男子:動作ひとつひとつがかなり際どい。
はずみで抱きすくめられるのではないかというぐらい急に寄ってきたり見つめてきたりする。
好きな子を始終見てるので、好きな子のピンチに誰よりも早く気づき救い出すため、両思い率高め。
カラオケでの選曲と歌う顔の激しさがディープすぎてみんなに少しコワさを植えつけたりする。。
⇒瑛太(月)、錦戸亮(太陽)、リリー・フランキー(太陽)

射手座
特徴:恋愛の成功率高いのに、束縛されたくない気持ちが勝って1人を選ぶことも。
女子:タイプが極端に出やすい。男子にとって「話しやすいやつ」止まりになるか、入学してすぐに彼氏を作ることを目標に掲げてハンター精神を忘れずに日々を送り、経験の早さは学年イチとなることも。そして手に入れた先から飽きる。
⇒優香(月)、道端アンジェリカ(太陽)、満島ひかり(太陽)
男子:恋愛遍歴No.1かも。好きな子へのアタックは厭わない。しかも案外知的なことが言えるので、普段の明るいだけの男子像とのギャップにみんな落ちる。元カノやNo.2が休み時間に現れて修羅場になることも。人のいい面によく気がつくので、付き合う女子は地味系からモデル系まで幅広い。
⇒矢部浩之(月)、ISSA(太陽)、松尾スズキ(太陽)

山羊座
特徴:男女とも学級委員タイプ。恋愛より、本当は受験が気になる。
女子:恋にうかれる友人を小ばかにしがち。
恋愛に興味なさそうに見え、周りからはお高く、ストイックに見える。
金と知性がないと恋愛対象としてはちょっとね・・・と高校生のときから発言してたりする。
上昇志向が強いので、中高時は好きな人ができにくい。
卒業してからすごい年上男性と大恋愛に陥ったりする。
⇒水川あさみ(月)、中谷美紀(太陽)

男子:恋愛は第1志望が受かってから大学でたっぷり…と思ってるから、それを邪魔するような現カノには案外冷酷にもなれる。
けどそのSっぷりがファンにはたまらない。
欲望のコントロールができる。
ほかの星が一途で行動的で安定的な星だと(蟹座とか牡牛座とか牡羊座もかな?)卒業してすぐ結婚したりする。
⇒石川遼(月)、長谷部誠(太陽)

水瓶座
特徴:インテリ感漂う。1人でも孤独感を感じないし感じさせない。
女子:恋愛よりファッションとか海外生活とかインテリアに憧れが強い。
こちらも恋愛に興味なさそうに見えるが、同志を見つけると中高生らしからぬエキセントリックな関係を結ぶ。
クリエイターやスノーボーダーなど、一見カッコよい職業の大人と交際するが、大抵金がなかったりする。
⇒長谷川理恵(月)、佐々木希(太陽)

男子:中性的だけど、双子座の軽さはない。彼女とかどうでもいいというタイプが多い。
モテるタイプでも、あんまり可愛い系じゃない個性的な彼女と独自の世界を作ってたりする。
ゲームやPCの知識を披露できる時が最大のアピールチャンス。
偏見や常識にこだわらないので、女子大生とか女教師とか、すごい年上・年下とか変わった恋愛経験をすることも。
⇒綾野剛(太陽と月)、オダギリジョー(太陽)

魚座
特徴:いつでも涙目、ぶりっ子。かまわれたいアピール№1.そして必ずかわいらしさがにじみ出る。
女子:ぶりっ子がウケてアイドル並みにモテモテになるか、バッシングを受けて孤独になるか紙一重。
強引な男子に流されやすく、可愛い顔してアブナい経験が多かったりも。
他校の文化祭で出会ったバンドのボーカル男子に一瞬で恋に落ちたりすると学校をフケるようになり、生活が乱れやすい。
⇒板野友美(月)、篠田麻里子(太陽と月)

男子:小学生のときなどは、涙目になってたら必ず女子が複数駆けつけて世話を焼いてくれた。
好きと言われたら自分も好きな気分になるが、でも本当は好きじゃないかも・・の揺らぎ感。
また、「先生、大事なことは目に見えないんだね…」と星の王子様ばりの精神性の高いスピ系の発言が多く、その独特の色気が女教師・女教育実習生をドキッとさせいつまでも記憶に残る生徒となる。
音楽を語らせると急に興奮する。
⇒草彅剛(月)、永山絢斗(太陽と月)、高橋大輔(太陽)

 

かなり偏見とおふざけ込みです。
挙げた著名人は太陽星座はなんとなく知っていた人たちですが、月は「っぽい…」から調べてみたらドンピシャだった人たちです。
でも、その「っぽさ」は太陽でも月でもなく、金星や火星から放ってる方も多かったのでそれも載せたいところですが、12星座分はやはり大変なので機会があれば…にします。

もし、自分は太陽星座乙女座なのに好きな子にちょっかい出しがち…という方は、もしかしたら牡羊座に月とか金星が入ってるのかもしれません。
太陽星座蟹座なのに束縛されるのが苦手だったら、射手座とか双子座に星が入ってるのかもしれません。。中高生とは書いたものの、もちろん大人にも当てはまることがあるかと思われます。
同期が多い職場では中高生の延長のようにも、時にはなるでしょうね。

なんでもっと中高生のときに自分を解放しなかったのだと悔やむこともあるけど、あのころって、やっぱり友情とか同性の目にすっごく気を使わなきゃならなかったよな・・・ってことも思い出します。
「男たらし」と思われることをひどく恐れてた。。
彼氏なんかいらないから、一緒にお昼を食べられる友達がいますように…なんて願ったこともあったかな。
中高生のときの恋って、とにかく最終目的は「両思いになりたい」。
そして恋愛思考時間が生活の80%を占めてた。。
おっそろしい…けど、なんて純粋な時期だったんでしょう。
修学旅行や球技大会、文化祭に告白…。
夏のテニス部合宿では他部活と肝試しで、まさかのバスケ部とのふれあい。
卒業式までに告白の決意。たとえ彼女がいても…!

大人のスケジュール帳にも、こんな行事や決意を書き込みたいものす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。