スカーレットや今クールのドラマ

今クールは見てるドラマがいつになく多いです。

・スカーレット
・まだ結婚できない男
・G線上のあなたと私
・同期のサクラ
・時効警察はじめました
少年寅次郎

「G線上」は今週の回を見忘れてしまいショックです。
「おっさんずラブ1話」はたまたま他局の気になる番組とかぶりまくりだったので、2話から見る予定。

今クールのドラマの特徴は「丁寧さ」ですかね。
「スカーレット」の丁寧さ!
木曜日の「ちや子さん」がツイッターのトレンド入りしてたというニュースを目にしてびっくりしましたが、でも「そうだろうなぁ〜」とつくづく思いました。
水野美紀さん演じるちや子さん。
戸田さん演じるきみちゃんの心強い味方というか先輩というか。

ちや子さんはいつも黒縁眼鏡をかけているので、横顔の表情は一瞬わかりにくい。
でも「あれ?泣いてる?」と思ったのです。
泣いてるとき、眉毛ってあの位置に来るよねぇ…という横顔。
そしたら水野さん、やっぱり鼻をすすってた。

きみちゃんは大阪の荒木荘を出て、実家のある信楽に戻ることを決め。
その別れの日に、ちや子さんと会えず。
ちや子さんに丁寧なお手紙とお茶漬けの作り方を残して、ちや子さんはきみちゃんがいつも作ってくれてたとおりに自分にお茶漬けを作る。泣きながら…。

すごくすごーくささやかなシーンだけど、ささやかすぎるわけはなかったのですね。
多くの人が同じようにあそこで胸を打たれた。
金曜日の今日、信楽で自分の居場所をなんとか見出そうとするきみちゃんを見て、もう荒木荘に戻ることはないのだな…と寂しくなりました。
ダメな父親の借金に長女の責任感揺さぶられて戻ってきたきみちゃん、将来の夢につながる「ドキドキ」をまさか丸熊陶業勤務1日目の夜に感じているとは、もうそこに突っ走るしかないわけであって。
きみちゃんが荒木荘と信楽を行ったり来たりする話でもういいよ!と思った自分はスケールちっちゃいなとつくづく思ったりしました。

水野美紀さんの安定感がすごいです。
ガサツで珍奇な髪型なのに美しいんですよね。
木本さんの人柄も泣けるほどだし。
そして戸田恵梨香さんの低い声。
最初、10代なのに低すぎっ!と思ったけど、もう戸田恵梨香さんの人柄(いい意味での頑固さとか男前度)がにじんで溢れちゃってんだろうなと思うことにした。

あのドラマは不思議です。
北村一輝さんや富田靖子さん演じる両親と戸田恵梨香さん。
脚本や演出がすべてなんだとしても、「相性」としてすごくまとまってるように思えてなりません。
つまり、戸田恵梨香さんじゃなかったらまた違う親子像だったんだろうし、荒木荘もたぶん明るさの濃度が違う。
戸田さんはあんなにまぶしい笑顔なのに、なんで暗さがにじむんだろう。
それが戸田さんの魅力になるなんて、今頃気づいた感じ。その分日々感動です。

「同期のサクラ」にも不思議なものを感じっぱなしです。

私の周りでも意外な人が「見てる」と言ってたりして、「あ、やっぱりいいよねぇ?」という不思議なドラマ。

やっぱり高畑充希さんのまっすぐさがすごい。
あの髪型。どすどすっとした走り方。笑顔ほとんどなし。キャラクターの濃さ。
そして仲間たちのキャラ。
「見ない〜」って選択を取らせそうな強烈さがありますが、泣けてしまう。
おじいちゃんとのFAXやりとりにだって遊川さんっぽい説教くささ感じなくもないけれど、あそこがとにかく泣けちゃうのです。
それを見つめてる高畑充希さんの目に泣けてるとも言える。
ベタが散りばめられてるのに、周りの登場人物が雑であるほど(椎名桔平さんとか笑)サクラのまっすぐさが効いてるとも言えるのかな。

「じいちゃん、元気ら?」
とかいう高畑さんの訛りもまた透明感があって毎回胸を打たれます。
遊川さんのドラマは「これでもか!」と壁を立ちはだからせるけど、いつも「仲間」とか「家族」の存在で乗り越えさせます。弱さを互いに補い合って。
寝たきりのサクラは最後どうなるのかな…。

 

一方、途中で脱落したものは…
・シャーロック(月9フジに合わせるのをつい忘れてしまう)
・モトカレマニア(1話の途中でもたなかった)
・ひとりキャンプで食って寝る(30分が長く感じすぎて脱落)
・グランメゾン東京(日曜21時はあんまり合わないかもです)
・ニッポンノワール(賀来賢人さんの変顔が見たいのに…)

 

「ニッポンノワール」主役に賀来賢人さんを選んだ人は、きっと「今日から俺は!!」の賀来さんに惚れ込んだと思うのです(違うかな)
なのにこのドラマは賀来さんの変顔が出ようもないような暗め男前の役。
賀来賢人さんの魅力って、こじらせたような顔とそのコミカルさだと思うんですよね〜。
ストーリーもわかりにくいと思ってしまった。
たぶん「賀来さんの男前さが見れるよ!」「見せたいよ!」ってドラマなのだと思うけど(違うかな)うーん。

この間の「ボクらの時代」、その表情をずっと見てたくなるほどヤバイ中学生みたいな可笑しさがあった賀来さん。
そりゃ賀来さんに変顔ばっかり演じさせるわけにいかないだろうけど。
それにしても豊富な表情を拝めないような役にしなくたってさ。

なんか企んでるようなこの顔が笑えるんですよ…(トークもおもしろい→ずっと男子校だった自分がいかにダメだったかとか)


蟹座だもの、もっとスケール小さな可笑しさがお似合いのはずなんですよ…。
そういえば、トーク相手の仲野太賀さんこそ、こういうハードボイルド系は合う気がします。

脚本がね、どうなのかな…というドラマってあるにはあるのですね。
どうしてこれがドラマになったんだろうって。
「モトカレマニア」はちょっと驚きました。
深夜枠って感じしますけどね。
もちろんドラマとの相性があるはずで。
私はどうもTBS日曜21時枠が苦手です。
長谷川博己さんと香川照之さんの壮絶罵り合いドラマ「小さな巨人」は楽しんでました。
ちゃんと見続けていれば感じられる壮大さがあるとわかっていても、あの枠は男性が何かを為そうとする・女性がそれを支えるというはっきりしたものがあって、それが苦手なのかも。
あと下克上みたいな勝ち負けはっきりした感じとか。
でもそういう枠があってもいいのだと思う。私の好き嫌いの問題です。
「グランメゾン東京」の鈴木京香さんはもっと対等なパートナーっぽいんですかね?

「まだ結婚できない男」は、1話ごとのストーリーがベタといえばベタですが、阿部寛さん演じる桑野をどれだけ楽しめるか?というシンプルさがわかりやすくて、またあのドラマは女性出演者がとても多いんですよね。
桑野さんと衝突しつつ距離が縮まっていく吉田羊さんの独身っぷりも女子から支持を受けそうだし、でもガサツなところは稲森いずみさんと深川麻衣さんの女子力で補うという。
桑野の職場には奈緒さんがいて、あとお名前わかりませんが経理の方とか他社から打ち合わせに来てる塚本高史さんの彼女や、稲森いずみさんのカフェでバイトする女性、吉田羊さんの事務所の受付の女性。
阿部寛さんの妹役は三浦理恵子さんでお母さんは草笛光子さん。
女性のバリエーションがすごい豊かで、たぶんそれが無意識に心地よいのかなぁって。
みんなのストーリーが描かれるわけじゃないけれど、存在感がそれなりにあるんですよね。
今期はやっぱり「丁寧さ」ですかね!
牡牛座に天王星が入った今年・これからの流れなのかな…。

「G線上」は中川大志さんいいですよねぇ。
今まで普通のイケメンが多かったけど、今回は感じ悪いしプチストーカーだし、人としてダメなところがドラマって面白いです。
波瑠さんも無職でダメダメ。
2人とも双子座ですが、双子座ってダメでうっすらキモいくらいがやっぱり輝くのですね。
松下由樹さんは蟹座っぽく、あったかいお母さん。
お節介に2人を応援して。

「時効警察」の丁寧さはもういわずもがな。
細っけ!ってとこまできっちり演じてくれる確かさ、楽しいです。
やっぱり今「ダサ」ってすごいいいんですよね。
時効警察は隅々までダサいですからね…。

月曜の21時というのは、ついつい疲れた体と頭を日々のニュースでなんとなく…という時間になりがちで、月9にチャンネル合わす習慣を失いっぱなしでした。
ディーンさんを堪能したいんですけどね。
「ひとりキャンプ」はキャンプが全然好きじゃないので「何を30分も見てたんだろう」とうっかり思っちゃった。
それなりのストーリー性を期待してたけど、びっくりするくらいただキャンプを楽しんでるというドラマ。
でもごはんは美味しそう。
音楽がおしゃれだったりするのでそこに気持ちがハマればいいけれど、おしゃれなドラマにおしゃれな音楽つけてもしょうがないっていうか。
「渋井直人」みたいなおっさんのドラマだからこそハマるおしゃれさっていうか…うるさいですね…。

この間の「いだてん」オープニングはいきなりの「徳井義実さんの…」というおことわりにショックを受けましたが、「これカットしてなくね?」っていうガッツリ出演度合いに安堵&感動しました。
よりによって徳井さんの役が鬼監督という。
安藤サクラさんを「おい、馬!」と呼んで、安藤さんが「っえす!」と普通に応じるとこが笑えたし、安藤さんの「受け」で成立するしっくり度合いにも感動しましたよ…。
「いだてん」は役者さんの「っぽさ」も十分加味して作られてて、黒澤明役の怒髪天・増子さんが本当に黒澤監督に似てるとか、丹下健三役の松田龍平さんもそういえば似てました。
徳井さんのこの見開いた狂気的な目。これがゾクゾクすんだってことを制作側もわかってるんですよねぇ(きっと)。

こんだけ語っても、終わるときは一斉に終わりが来ることを今から悲しく思うほど今期はハマるドラマがたくさんです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。