2019年という年は

2019年は健康問題がつきまとった1年でした。

40歳を超えてからすごく健康になった気がしてたのに、がくっときた1年。
年相応の不調がいよいよやってきたという感じもするし、正月にインフルエンザになって飲んだ薬の強さが、体の抵抗力をいくらか失わせたんじゃないかという気もします。
人生初の膀胱炎にまでなったりして。

ブログのアクセス数がぐっと伸びた1年でもありました。
雅子さまホロスコープとかモテ系記事からの流入が多かったです。
そして思いを吐露しすぎてダメだ…消そう‥と思ったあとに鑑定依頼がぽぽっと入ったりして、自分の熱量はゴミ箱行きでもないものだな‥と思ったりもしました。
アクセス・ご依頼ありがとうございます。

個人的には友人関係・人間関係に悩んだ1年でもあったなと。
人付き合いは積極的にしないと、下手になっていくもんですね。
人の輪に入らなくちゃと、入ったらそれなりに交友築けた気分になれるものの、しかし人間関係ってなんぞや?という思いも募るばかりです。
仲間はそりゃ大事だけど、「ひとり」を確立したい。でも本当は人が好き。
私みたいに人への期待と依存が強い人間は、心からの自立が必要なのだ…なんて何度思ったでしょう。
正しいかどうかわかんないけど。
「仲間」を表す11室のカスプ支配星土星に、T冥王星がオポジションだからこういう思いに囚われた1年だったのかなと。
一見全部肯定モードの優しげな友人関係でも、本音じゃなきゃ何の意味もない、私にとってはね。
好きなテレビや互いのいいところでわいきゃいするムード、それで満足してたはずなのに、「ぶつかれない」というとこの寂しさがつきまとったというか。
だからか今年のドラマは胸打たれるものが多く、それは「本音をぶつける」というとこの苦しさや勇気、そのあとの絆が繰り返し描かれてたからかなぁと。
全部わかってほしすぎたなぁと反省もしました。
「すべてを共有できる人なんていない」ということを痛感して、ひとつ大人になれたような。
年末年始で自分のここらに折り合いがつくかどうかわからないけど、この間日食もあったことだし、より前向きなほうへ気分を刷新していきたいものです。

 

個人的ランキングをここらで。

2019年ベストブック
1位:西村賢太「けがれなき酒のへど」他
2位:池松江美(辛酸なめ子)「男性不信」「自立日記
3位:宮藤官九郎「俺だって子供だ!

3位は、宮藤さんがお子さん生まれたばかりの頃に書かれた日記のようなエッセイ集です。

「お子さんはまだ?」って言われ続けた期間が長かったその感慨とか、あんまり子どもが好きじゃなかった本音とか心境の変化とか、とにかく宮藤さんがすごいのは、未婚でも子持ちじゃなくても不思議と「同じ!」と思えるところ。
置いてけぼりにしないし、上から目線ということがまずないです。
時に口は悪いのに、「目線が同じ」というところが読んでて楽になるなぁと思える本でした。
それに宮藤さんの文章って本当笑える。
今年は西村賢太さんの他に、町田康さんと中島らもさんの本との出会いが感動的でした。

2019年買ってよかったもの
1位:シャワーヘッド天音
2位:パナソニックDVD
3位:鉄瓶・鉄鍋
4位:無印良品化粧品

この部屋に住んでよくずっとシャワーの不快さに耐えてきたと思うのですが、取り外しできるんだ!と気づいたのがつい最近。
それで国産だというものを買ってみたら快適でした。
「髪質が違う!」と人に言われたのはシャワーヘッドのせいでしょうか。どうだろう…。
DVDは、コンポくらい小さいのを買ったのです。

あと給料が減ってしまったので、節約できるところ…ということで化粧品の一部を無印にしてみました。
いいですね!
BBクリームが特に気に入りました。
そのほか、今年無印には本当にお世話になりました。
しかしそういう人が結構多いらしく、職場で「あ、その服…!」と言われることもあるほど。

2019年ステージ
水谷千重子50周年記念公演
・松尾スズキ松たか子瑛太舞台「世界は一人」
・三浦春馬主演「キンキーブーツ
・岡村靖幸ツアー「セレブリティ」「やばいよこの気持ち」
・岡崎体育さいたまアリーナライブ
・筋肉少女帯LOVEツアー
・イッセー尾形一人芝居
・大人計画「キレイ」

順位はつけられませんが、今年もたくさん観に行きました。
胸を焦がしたのはやっぱり「キンキーブーツ」でしょうかねぇ‥。
岡村ちゃんの今年のツアーも最高でした。
イッセーさんと大人計画は念願叶ったもの。
岡崎体育さんののステージと千重子のお芝居は本当に笑いました。
来年は中村一義と三浦春馬ミュージカルと岡村ちゃんライブが控えてます。

 

今年もSNSを楽しく利用しました。
インスタを開設した年でもありました。
ツイッターにはリアルでの友人フォロー・フォロワーは一人もいないです。
というか、日々顔を合わせる友人間でのSNSって成立するんですかね。
する方もいるでしょうけど、私はどうもできなくて。
今日は72時間の再放送をやってましたが、ツイッターとかインスタって72時間とちょっと似てるなと思って。
「普通しない・行かないよね」と友人と言い合うような場所にだってリアルはあるというような。
特に私の周りには「ツイッターなんかしない」「なんのためにインスタするの?誰に見せるの?」という人が多いので、そういう人からするとツイッターでつぶやく私のリアルは笑っちゃうようなことかなと思ったり。
だけどそのリアルに一歩踏み込んだら、もう笑うことなんかできないですね。
なんかそんなことをつくづく思ったのです。
こういうブログもSNSの一つですね。
コメントやアクセスしていただいた方、本当に今年もありがとうございます!
よい年末年始をお過ごしください・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。