「っぽさ」の境目

「A型っぽいね」と「長女っぽいね」って、なんか似てる。
そして、「あ~。っぽいね、っぽい」と、これ以上言わなくても同意してくれる人は多い。

けど唐突に、
「あの人、山羊座っぽいな…」
と、つぶやいてしまうと、大笑いされる。
おもしろいこと言うね~!と。

12星座談義というのは、それぐらいマイナーなことなのだと思い知る。

けどなんでこんなにマイナーなのかというと、12星座の「っぽさ」がイマイチ浸透してないから。
なんでこんなに浸透してないのかというと、いわゆる太陽星座の特徴と「その人っぽさ」が、ピタリと分かりやすくハマってる人がそうはいないから…じゃないのかなと。

なぜピタリとハマらないかというと、太陽星座や月星座、水星や金星の特徴が、太陽星座の「っぽさ」にミックスされてるからだと思います。

そして、太陽星座以外、自分は何座なんだということを知ってる人が少ない。
太陽星座以外に何か星が存在してるのかということを知ってる人も少ない。
そもそも12星座の特徴をあらかた知ってる人が少ない。

太陽星座は、なんだかんだその人の「本質」であるのですが、わりと前向きな自分。
「よーし!」と緊張感を持って仕事にのぞもうとする時の自分。

月~火星星座は「意識して」というよりも、
ふとしたときに「出ちゃう」ところのように思えます。

良くも悪くも、子どもみたいな無邪気な自分が、「ひょいっと」出やすい「月星座」。
コミュニケーションや話し方の特徴が出やすい「水星」。
何かをこよなく愛でてるときに出やすい「金星」は、女子だったら「出ちゃう」女度。
男性がどんなふうにモテようとするかが表れやすい「火星」。

本当はこれらが太陽:〇〇座に大いにミックスされてるわけで、そりゃあ星座談義はメジャー級には弾まないわけです。

それでも芸能人はやっぱり輝くことが仕事であるので、びかーーっと太陽っぽさを存分に分かりやすく発揮してる方ももちろん多いです。
太陽星座ドンピシャで当てられなくても、予想した前後の星座がその人の太陽星座であることが多い。
そのゆえんは水星と金星だったりします。

太陽の近くにはいつでも水星と金星があって、太陽・水星・金星が同じ星座という人も珍しくはないでしょうが、大抵はどちらかが太陽の前後に位置してたり、離れてても2~3星座なもんです。
だから「しゃべり方」が出やすい水星とか、興味の方向が出やすい金星で、太陽星座の「っぽさ」の境目が大いにぼかされてるのではないかと思うのです。

例えば太陽星座は牡羊座なのに、どうも牡羊座っぽくないんだよな~と思うと、魚座に金星が入ってたり。
不思議と、太陽より水星と金星がいろいろ「放って」たりするのです。

そんな、太陽星座の「っぽさ」と、その境目のにじみ具合をちょっと検証してみようと思います。

〇〇座…その星座の「っぽさ」
著名人
…太陽星座より水星金星に納得した人

 

牡羊座…ツッコミが早い、怒りモード、永遠の中学男子。
篠田麻里子さん
…太陽魚座、水星金星牡羊座 → 魚座の「ほんわか」ムードがあまり感じられず、むしろキビキビ感を感じる方。
浜田雅功さん
…太陽牡牛座、金星牡羊座 → スピード的確ショートツッコミ大御所芸人の浜田さんのそのスピードのゆえんに納得しました。
藤本美貴さん
…太陽水星魚座、金星火星牡羊座 → 魚座っぽいと思っったことのない方です。チャキチャキ鉄火な感じは、やっぱり牡羊座由来ですよねー。
渡瀬マキさん
…太陽魚座、金星牡羊座 → チャキっチャキ!LINDBERGの曲調も永遠の少年っぽさを漂わせているし、そうですか、やはり牡羊座がありましたか。だけど渡瀬さんはどんなにボケてもツッコんでも愛らしい!

牡牛座…おっとり天然、地に足ついてる感、食べ物への強いこだわり。
三浦春馬さん
…太陽牡羊座、水星牡牛座 → 牡羊座のセカセカ感がどこにも感じられず、草食的穏やかさを感じる方。
国仲涼子さん
…太陽双子座、金星火星牡牛座 → 双子座のおふざけチャラさがどこにも感じられず、地元沖縄という落ち着いたベースからの人気を感じる方。
双子座…サブカルとか変態性への適性、情報通、おしゃべり。
徳井義実さん
…太陽牡羊座、金星双子座 → 牡羊座の怒りモードってよりは、はんなり光る変態性が特徴的。
井ノ原快彦さん
…太陽金星牡牛座、水星双子座 → 木星も牡牛座なので、確かにあの安定感は牡牛座的地に足感たっぷりですが、ノリのよさやサブカルへの関心のゆえんに納得です。ちなみに月は山羊座で、やっぱ公共感とつながるか…。
明石家さんまさん
…太陽蟹座、水星金星双子座 → 仲間・ひな壇とのワイワイ番組作りの上手さは蟹座的だけど、あのおしゃべり感・取り入れ感・流行りキャッチ感の高さは双子でしょうよと。さんまさんの柔軟性の高さには毎度尊敬します。

蟹座…にこにこ敵意なしアピール、庶民的アイドル感、おっとりふわふわ。
つるの剛士さん
…太陽水星双子座、金星蟹座→ マイホームパパ&愛妻パパは本当に蟹座的ですね。
菅野美穂さん
…太陽獅子座、金星蟹座 → 「あたいを見ろ!」という自己主張の強さがあまり感じられず、おちゃめな庶民的テレ感でもって目立ってる愛されキャラだなぁと。

獅子座…王様・女王様風格、目立ちたがり、ヤンキー感、熱さ。
GACKTさん
…太陽蟹座、水星金星獅子座 → 物語の中の典型的ナルシスト王子様みたいな異次元感たっぷりだけど、本質が蟹座と思うとほっとします。
安室奈美恵さん
…太陽水星乙女座、金星獅子座 → 完璧なパフォーマンスは確かに乙女座的ですが、寡黙でも、寡黙だから?周りがほっとかないほどのカリスマ性を放っているのですね。そしてほのかながらもヤンキー感が利いてるなと。

乙女座…少女感、神経質、ぬかりないミッション遂行感、小心さ。
さかなクン
…太陽水星獅子座、金星乙女座 → 獅子座なのにオドオド感たっぷりね…と思ったけど、あんなに全身で獅子座的遊び心出してくれる方もそうはいないなと思い直しました。そしていつでも正確なお魚知識に感服です。
堀北真希さん
…太陽水星天秤座、金星乙女座 → 感情の波がなさそうなとこは確かに天秤座だけど、あの永遠の少女のような透明感のゆえんに触れられた気もするのです。

天秤座…エレガントさ、絶妙なバランス感覚、王子様風格。
仲村トオルさん
…太陽乙女座、金星天秤座 → ドラマでは確かに、実は小心で不正が大嫌いな役が多いですが、それでもオドオド感はどこにもなく、何やっても男前でキマってる!

蠍座…フェロモンのほとばしり感、寡黙、説得力ある発言、重さ。
真田広之さん
…太陽天秤座、水星金星蠍座 → 寡黙さから色気があふれ出てる!天秤の王子感というよりは、年老いても絶対かっこいい森の住人のように思えます。
壇蜜さん
…太陽射手座、水星金星蠍座 → 太陽蠍かと思うほどのあふれ出るフェロモン。もう「出てしまって」ます。射手座のおおらかさでもって開放的なエロを提供してくださってるのでしょう。
栗原類さん
…太陽水星射手座、金星蠍座 → 最近は射手っぽい破天荒な舞いとかが目立つようになってるけど、ネガティブモデルというジメ感キャラクターは、蠍座持ちと思うと合点がいきます。

射手座…モテ度の高さ、自由奔放さ、おおらかな明るさ。
木村カエラさん
…太陽水星蠍座、金星射手座 → 蠍座の重々しさがそんなに感じられず、いつも「イェーイ!」というノリノリな突き抜け感を感じるのですよ。
ビートたけしさん
…太陽水星山羊座、月金星射手座 → 山羊座は確かに「頭」感たっぷりですが、殿様のカツラかぶって城を無邪気に走り回るような心自由度の高さのゆえんに納得です。

山羊座…国民の代表感、真面目、安定感。
ガダルカナル・タカさん
…太陽射手座、水星山羊座 → 射手座っぽくて折り目正しそうな人…とイメージして浮かんだ方。たけしさんの無軌道さを参謀的にフォローされるお姿は、いかにも山羊的と思ったのでした。
三浦友和さん
…太陽水瓶座、水星金星山羊座 → 太陽星座早押しクイズがあったとしたら、「山羊座!」と迷いなく答えてお手つきになりそうです。水瓶っぽさが私には見つけられない…。知的なとこかな。
国谷裕子さん
…太陽水瓶座、水星金星山羊座 → フラットな雰囲気など水瓶っぽさは多分にあるのですが、「クローズアップ現代」での安定した公共感に惚れ惚れします。

水瓶座…唯一無二の個性、そこ極める?という新発想感、人は人。
樹木希林さん
…太陽山羊座、水星金星水瓶座 → この方も、早押しクイズで「水瓶座!」と自信満々で答えちゃいそうです。ご本人が望まれてるかはわかりませんが確立された地位が山羊感なのでしょうか。
博多大吉さん
…太陽水星魚座、金星水瓶座 → 確かに魚座的マイルドさにほっとさせられる方ですが、着眼点がユニークだよな…といつも思います。「焼却炉の魔術師」とか名言多数だし。

魚座…キュート、はかなげ、沁み渡るような優しさ、壮大な世界観、スピリチュアル。
桑田真澄さん
…太陽牡羊座、水星金星魚座 → 野球選手ってとこはそりゃ牡羊座的ですが、スポーツ選手には珍しいマイルドさに、もしや…とたどってみたら、精神性の高さまで拝めた感じで満足です。
島崎遥香さん
…太陽金星牡羊座、水星火星魚座 → 渡辺麻友さんと似た配置だと思ったら、生年月日が4日しか変わらなかった!「ぱるる」って響きが個人的に好きです。久々に応援したくなるAKBの子と思いました。牡羊座なのに、漂う自信なさげなはかなさ…。

 

ここまで書いてて苦しかったのは、太陽星座が射手座なのに山羊座っぽい人があんまり思いつかなかったことでした。
知り合いなら結構いるんだけど、芸能人の射手座勢は、山羊座的なきっちり安定感などでは決して薄くならないほどの個性があるのだなと。

強いて言えば、太陽星座射手座の市川海老蔵さんは水星が山羊座で、むしろこれは少し意外だったのですが、でも、いやいや、日本の伝統芸能を後世に伝えていかれる方特有のノーブルさはやっぱりじわじわと感じられてきます。

あと、太陽星座が水瓶座で魚座っぽい人も割と難しかったです。
水瓶座も、魚のはかなさぐらいでは消えない強い個性なのだなと。
これまた強いて言えば、鳩山由紀夫さんは太陽水瓶で水星魚座で、これもそれなりに納得ポイントです。
ユニークさに輪をかけたような宇宙感というか…。
でも、「意外!魚座だと思った」とか、「水瓶っぽさが見当たらない…」なんてことはぜっったいにないほどの水瓶感あふれたお方です。

射手座感の強い太陽蠍座も難しかったなぁ。
なぜならみんな蠍座特有の濃さ・重さがムンムンだから。
モテる人は大抵射手座持ちであるかを疑うのですが、太陽星座蠍の射手座持ちだと、どっぷりな恋愛遍歴が多そうな人ってイメージです。
作家の渡辺淳一先生とか。
(太陽蠍座、金星火星射手座)
決して蠍感が薄まるってことはない。

今回は境目感を検証したかったので、太陽星座と水星・金星が隣って人ばっかり挙げてみましたが、もちろん「月」とか「火星」で、その人らしさを強く感じるってこともあります。
西島秀俊さんとか、太陽星座の牡羊座感が信じられず、月が牡牛座ってとこで「なるほど~」と思ったりしました。
牡羊座とは思えない色気なので…。

あと矢沢永吉さんは太陽星座乙女座だけど、でも絶対獅子座持ちだろうと思ったら火星が入ってました。おまけに冥王星も。あの王者感はね、乙女と天秤だけじゃどうなのかなと思うのです。
それに、ドラゴンヘッドが「っぽさ」を醸し出してることもあると思います。

 

 

ホロスコープというものを出してみたならば、それはまん丸の円形の中に星がちりばめられる図となって表れるもので、たとえ星がどこかに集中して固まっていたとしても、そのまん丸の図、360度はすべて自分の中にある要素ってことで。
ってことは、誰しも12星座分の要素を大なり小なり備えているってことなのです。
誰でも360度を12で割った12個のお部屋→「ハウス」を持っていて、9個しかお部屋がない、なんて人はいないのです。みんな12個絶対お部屋があるのです。
そして星が入ってない部屋は無意味、なんてことはない、ってことも勉強して初めて分かったことでもあります。

「太陽星座以外の星は何なのだろう。」
そんな興味がちらっとでも湧いてきた人が増えてきたら、なんか嬉しい。
「自分ってやつを、他人ってものを、もっと楽しく知っていきませんか?」って、むやみに声をかけたい気分なのです。
自分の中に、なんか意味を持つ星があるってことにたまらなくワクワクした、それを初めて感じた日の気持ちが、なんだか最近すごくよみがえってくるのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。