マスク並列

一人追加しました。

*******************

2月末からマスクがどうにも手に入らず、今あるマスクをどうにかして洗ったりして使ってる日々。

それでも職場で備蓄のマスクが数枚配られたり、知り合いから手作りのマスクを買えたことで、ずいぶんとホッとした。
そんな折に「1世帯に2マスク配布」という政府からの発表。

・・え?
えーと、わーい・・かな・・?
いや、じわじわ湧き上がるこの熱いものは・・

まず考えたのは、そのマスクを入れる封筒とか郵便料金とかいろんな経費のこと。
なんと200億かかるらしいじゃないですか…。
しかも違和感しか覚えない総理のあの布マスクが届くんですかね。
縮んだマスクをみんなおそろいでするの??
そういうおそろいとか好きそうな人ではあるけど…。
日々こんなにマスクに焦りマスクに失望させられ。
怒りというより懇願したい。
頼むからその送付見送ってほしいと。
もっとほかにやれる政策があるんじゃないのかなと。
昨日のミヤネ屋では安田さんという方が、全世帯に毎週1万円を振り込んでは?終息するまで。という提案を出されていた。
高額所得者にまで一律振り込まれるの?という指摘にも、「でもそれは税金で結局…」と、忘れたけど納得!なことを打ち出されてて、なぜ一向にこういう政策案が出てこないのかとまた怒った。
ツイッターでは「世界の支援支給額」としてこんな表も流れる。

(↑この表の書き方は偏ってるかもというご指摘あり。コメント欄見てみてください)

 

もうこの政権、リーダーやばいでしょと、これまで何度となく思ってきたことの決定打が次から次へと露呈、このコロナウイルス蔓延という深刻な状況下で。
東京オリンピックの正式日程が決まったり、お肉券、お魚券。
オリンピック中止が決まってすぐに東京の感染人数増えたのは偶然?見事に鮮やかな偶然?
「信じられない」
政権にこんな気持ちを抱いてしまうことが悲しいです。
山中伸弥教授も警鐘を鳴らしているんですよ。
どうしたらいいのか…。

私は本当に嫌悪感を抱く人についてこのブログでもめったに触れませんが、こうなったらムカつく相手をわかりたい。
そうじゃないと不安や恐怖が拭えない。
というわけで政権の中枢にいる方たちのホロスコープを軽く見てみます。
普段は誰かのホロスコープをネガティブに解釈することはない。
でも今回はそうしちゃうかもしれない。そうしてでもわかりたい。わかることで不安をいくらか拭いたいのですよ…。

安倍総理(65歳・土星期)

太陽:乙女、月:蟹、水星:天秤
金星:蠍、火星:山羊、土星:蠍
P太陽月:射手

図にはないですが、この方は現在、P太陽月の新月期。
もう新月間近かこれからかはわかりませんが、プログレスの新月前というのは暗中模索のような気分になる人は多いです。
3年前にP太陽が射手座に移動しましたが、2017年といえば森友問題の追及が持ち上がった時でした。
それまでのP太陽蠍座30年時代が終わりP新月期に差し掛かり、もうやぶれかぶれになったのでしょうか。
一層パリピ的になった気も。もう高みしか見てないですよね?
映画「パラサイト」の豪邸のような、あの方はその世界しか知らないと思う。
地下・半地下のことに想像をちゃんと巡らせてるだろうか?と、期待かけるだけ無駄なのかな。
官僚や検察にぐっと周りを固められてる印象がどんどん強くなっていく気がします。
そうじゃないとこの方のモチベーションは保てなくなってるんじゃないのか…。
もともと政権運営能力などなかったのか…。
そしてたぶんその3年前、蟹座P月にT冥王星がオポジションのピーク。
月=妻…。

天秤座での水星ー海王星コンジャンクションは「いかにも」です。
「美しい日本」「一億総活躍社会」「夢・チャレンジ」
「希望」をざっくりポジティブよさげに表現する。
だけど一億総国民にとっては、漠然としたいつもの答弁も案外「わかりやすい」と伝わってるのかもです。
天秤座の水星海王星にはそういう力もあるように思う。
「は??」と思うけど、「そんなもんかね」と受け入れちゃうような。

蟹群山羊群のオポジションを見ると、なんだかんだの人気度もわかっちゃう気がするのです。
山羊座の火星はなんたって「品位が良い」という配置。
男性で山羊火星だと特にポジティブな上昇ムードを放ちます。
しかもドラゴンヘッドがくっついてる。
現代は「言ったもん勝ち」な勝者のムードに弱いという人がとても多いと感じます。
蟹座の月木星とオポジションということは、山羊座T冥王星からの強大パワーをずっと受けてたとも言えそう。
「持ってる人」なのですよ。キーーッ!!
ただ冥王星なので、人気の一方で「やばい政権」という危機感抱く人が私含めて圧倒的に多いというその極端さ。
だってこの方はどこに向かっているかというとさ…。
「まだ感染爆発とまではいってない」「我々はコロナに打ち勝つ!」
勝算なんかとっくにないのに、勝ってるような印象植え付けられたあの頃によく似てる。
山羊ー蟹ラインからは「敵に打ち勝つ」という上昇・常勝と排除のムードが時に色濃く滲みます。

しかし3年後にはT冥王星も水瓶座に移るので、山羊座時代は終了です。
同じ頃にはT海王星とーN太陽オポジションにもなる。
あと3年も!?となるかはわかりませんが、流れが変わる時はそこまで来てる…これが希望です。

 

麻生副総理(79歳・天王星期)

太陽:乙女、月:牡羊か牡牛、水星:天秤
金星:獅子、火星:乙女、天王星:牡牛
P太陽:射手、P月:魚か牡羊

この方も太陽が乙女、水星が天秤でした。
P太陽も同じ。パリピ的。
だから総理と足並み揃うのか。住んでるところも家柄も近い。
月は牡羊か牡牛かわかりませんが、牡牛座に星が集まってます。
「副総理兼財務大臣」という感じもします。 カネ!

また人の神経逆なですることばかり言いますよね。
獅子座で金星ー冥王星コンジャンクション!!!
卒倒しそう。そりゃ尊大になるはずです。
俳優のような出で立ちで空港に現れたりする。
自分のことをハンフリー・ボガートだと思ってるのでしょうか。

乙女座の太陽・火星・海王星トリプルコンジャンクションを思うと、「勝ち組的全能感」を感じなくもない。
太陽火星が乙女座だと確かにキレ者だったりします。
普通それは隠すものとしても、この方は出しちゃうでしょうね。
海王星はそんな「普通」とかのおくゆかしさにとどまってらんないです。
その全能感をまた獅子があおる。
尊大な言葉など聞き流しゃいいものを、天秤水星にドラゴンヘッド→その言葉は広く伝わる→聞き入れちゃう。キーーっ!
3年後にはこの方のN太陽にもT海王星がオポジションをとります。

 

菅官房長官(71歳・天王星期)

太陽:射手、月:水瓶、水星:射手
金星:蠍、火星:山羊、天王星:双子
P太陽:水瓶、P月:蠍

この方は強心臓の持ち主と思いますよ。
射手と水瓶を備えてるとスベり知らずです。
というかスベってもなんのこともない。
表情一つ動かさないあのふてぶてしさは心を簡単に明かさない金星蠍っぽくもありますが、「今ここで話す必要はありません。次の方どうぞ」という非情さは水瓶っぽくもあるなぁ…(N月P太陽)
大体がN月ーN冥王星オポジションですからね。メンタルが強い。キーーっ!!

この方も火星が山羊座です。
木星がくっついてるので、強心臓でいられるだけの自信も相当あるのだと思います。
土星とトラインだし、確かに努力を欠かさなかったのかもしれません。
しかしこの山羊部分はコントロール力とも言える。
あれだけ堂々とされると、「へー…そうなんだ」とまんまと思ってしまうほどの動じなさですが、射手座太陽水星ー獅子座冥王星トラインから、「これでも自分はオープンですよ」という説得力を感じてしまうのかもしれません。
でも実際、官僚司会者は都合の悪い質問をする記者を指名しない。
「答えやすいこと」を質問してくれる記者を選ぶから。
東京新聞の望月記者のように予定調和を壊す記者には質問数を制限する罰のようなものを科したりもする…。
(映画「iー新聞記者ドキュメントー」より)

この方は3年後にP太陽が魚座に入ります。
みんな魚座的な何かの影響を受けるのだと思う。
それはなんだろう。
神格化ってことはないでしょうよ。ならば雲散霧消…。

番外編

森喜朗氏(82歳・天王星期)

太陽:蟹、月:天秤、水星:蟹
金星:双子、火星:蠍、天王星:牡牛
P太陽月:天秤

なんと!!
この方も現在新月期です。
もう心折れちゃったんじゃないですかね?オリンピック延期になって。
それとも「1年後の日程も決まったことだし!」という心機一転モードみなぎってるでしょうか。

この方も総理と同じように、山羊オポジションが強い感じです。
やはり追い風が吹いていたこの数年と言えそう。
そういえばガンを患ってましたね。
新薬で助かったそうです。強靭!
そしてこの蟹群や天秤座のN月・P新月部分を思うと、「みんなで一丸となる」ことがお好きでしょうね〜。
「私はマスクをしないで最後まで頑張る!」と宣言されてた姿に、やはり「あのころ」の精神論を重ね合わせた人が多かったようです。
そして火星蠍。執念半端ない。スポーツや根性大好き。

なんでこんなに影響力があるのでしょう。
そして本当にこの方にみんな忖度しているのでしょうか?
小池百合子氏と誕生日が1日違いです。
小池氏も蟹座が強い。
そして総理の蟹ー山羊群を思うと、強い日本を世界にアピールしたいという志同じくする人たちで加速つきまくったこの数年とも言えるんだろうな。
またオポジション2つあるので(蟹ー山羊群、月ー土星)、この方の提案に周りはつい動かざるをえなくなるのかもしれません。

 

私の今の職場は、この政権にとてもよく似ています。
「変えませんか?変えましょうよ」という従業員の危機感を訴えたとして。
「変わったらもっとひどくなるかもよ?それでもいいの?文句言わない?」と逆に迫られる。
これは「民主党政権に戻ったら大変だよ?知ってるでしょ?」という現政権の常套句によく似てます。
怒ったところでいい流れに変わることは滅多になく、それでも激怒まで行けば事態は変わる。
でもそれと引き換えに「激怒した人」という悪目立ちの後悔にさいなまれる。
そんな怒るよりもさ、自分たちのやり方を受け入れてくれれば損はさせないって…これまでも恩恵受けてきたでしょ?
確かにそうだ…って側面があるだけに、「よくぞここまで私たちのためにやってくれました」、そんな感謝の念を失いつつある自分を責める一方の日々。

そしてなんたって「怒るだけ損」という全体のムード。
怒ったその人柄がやけにクローズアップされて生きにくくなる。
それは誰も一緒に怒らないから。私の職場ではね。
現実、この政権に怒ってる人は無数にいます。
メディアでもTBS「報道特集」では冒頭、必ず金平茂紀さんの痛烈な政権批判から始まる。
そういう番組がまだあるということに心からほっとします。
今、メディアコントロールがすさまじいですからね。
でも世界でコロナウイルス蔓延という、この事態における日本の異様さがやっと浮き彫りになった。
それだけでも希望と言えるのかもしれません。

怒ったりネガティブなワードが本当に苦手な人だっているんだと思う。
そういう方にはつらい日々、つらいタイムラインでしょうね。
そもそもこれまで怒るということをちゃんとできなかったという人も、世代単位でいるんじゃないのかな。
昔の大人はカッカしてました。TVでも。自分の父親も。TVに対して。政治家に対して。
また私は末っ子なので、「怒らないと搾取される!」という思いが根付いてるとも言える。
不幸な末っ子とも言えるけど、効果的な怒り方をずっと模索してきたとも言える。
だって「ジュースあるからこっちおいで」と呼ばれて嬉々としてもらいに行って「はい、130円」と言われたりするんですよ。
これは例えでもあります。
「誰が無料であげると言った?」とすごまれたら、「ジュース用意してもらって注いでくれて、たった130円なんて幸せか…」「無料でもらえると思った自分はバカ!!」
そう思わされる時代の中でちゃんとした怒り方を覚える方が難しいかもですね。

マスクは届けばありがたく使うんだと思う。
でもだからといって怒りや不安・不信感が帳消しになるわけではない。
船に乗ってる一員として日々感じる。
どこ行く?この船!?
針路。頼む。

 

マスク並列」への4件のフィードバック

  1. 政治家の星よみも面白いですね〜!

    ただでさえコロナで不安いっぱいなのに、政府の対応には更にストレス倍増させられています…
    日本はもっと強くて優しい安全な国だと思っていました。でもそれは私の幻想だったのかもしれません。
    ここ数年、ずっとそんな感覚です。

    これから突入する水瓶座期、もっと良い世の中になっていて欲しいと願うばかりです。

    1. ぺぇさん

      コメントありがとうございます!

      政権批判みたいのは割とドキドキするのですが、今は不満を抑えてらんないですよね。
      「〇〇時から会見!」とか煽っといて「え?」みたいな内容ばかりでホントストレス倍増です。

      >日本はもっと強くて優しい安全な国

      優しさがどこかへ行ってしまったようですね…
      強くもないし…

      今は水瓶期に突入する前の過渡期なのかもしれませんね。
      政治家星読みを楽しんでいただけて何よりです!

  2. 日本政府の擁護をするわけではありませんが、ツイッターで「世界の支援支給額」として流れている表はかなり嘘が多く、海外だけやけに良い部分ばかりが強調されています。

    たとえ現金支給されていたとしても収入によっての制限がありますし、金額も正確ではないようです。
    この表にはそうした制限の部分が記載されていない時点でかなり情報が偏っていると思います。
    https://note.com/nyankoro_mochi/n/n418fc3ea0461

    日本は確かに現金支給を渋っています。
    が、経済産業省のHPを見るとわかりますが企業への経済補填や支援をして雇用を守ることは頑張っています。
    つまり、国によって雇用や景気、経済対策の方向性がかなり違うんです。

    日本はこれでも今の時点では失業して無職になっている人が少ない方です。

    海外では何かあればすぐにクビが切られます。すでにアメリカでは失業者に溢れていて、しかも貯金のない人が多いのですぐにでも現金支給しないと飢えて死ぬ層が多く暴動が起きる可能性があるから早急に貧しい人たちへ現金を分配しているんです。

    スペインもベーシックインカムを導入しないといけないほど経済がかなり危機的な状況になっています。
    ベーシックインカムで医療費が支払えないスペインの国民は医療を受けられず、自宅療養して回復を待つか死ぬかしかなくなる可能性もあります。

    確かに日本の政府もかなり悪手を打っている点は多々ありますが、他国と比較したり何かを批判をするならばそれぞれの国の正確な情報を精査した上で両者の悪い点・良い点同士を比較しなければフェアでないと思います。

    1. みずたまさん

      コメントありがとうございます!

      「世界の支給支援額」は、かなりの揶揄込みだろうなとは思ってましたが、偏った情報なのですね。
      ご指摘ありがとうございます。

      政権に対しては、「これならフェアだ」と捉えられる専門性は私にはなく、じゃあ書くなよとなると何も言えなくなるので、一介の個人ブログという影響力ほとんどなしの立場で大いに主観的な感情や見える景色を今回自由に書いてたってことは、それはそうなんですよ。

      でもみずたまさんのようなコメントをいただけて助かるというか、それをもってこの記事の公平性のバランスが取れたのではないか!?と思ったりしました。
      貴重なご意見、ご考察ありがとうございます。
      勉強になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。