「エール」並列

「エール」に心癒やされる日々です。

正直、新しいドラマとかどうでもいい気分になってました。
だからといって、過去の作品をじっくり堪能…ということも特別していない。
なんだかんだコロナ関連のニュースに朝から晩まで漬かりっぱなし。

「エール」はまだ子役パートですが、この子役たちがすばらしい!
窪田正孝さんの子役時代の子がとても可愛らしいです。
古山裕一役・石田星空(せら)くん。
目がとてもキラキラしてる子です。
のちに窪田さんの妻になる二階堂ふみさんの子ども時代がまた見てるだけでワクワクする子。
関内音役・清水香帆ちゃん。
二階堂さんに似てる!という評判だそうですね(写真はエール公式インスタグラムより)

この教会で2人は一応運命の出会い(勘違い込み)

音の父親役・光石研さんがまたいいのです。
しかも母親が薬師丸ひろ子さん。

裕一の両親もすごいです。
唐沢寿明さんと菊池桃子さん。
桃ちゃんがまた可愛いんですよねぇ…。

「エール」はいかにも王道の朝ドラと言えそうです。
第1話冒頭の不思議で大仰な連続フォントとフラッシュモブには驚きましたが…。
私は王道の朝ドラが好み。
「エール」出演者の太陽星座並列をします(敬称略)

古山裕一:窪田正孝…獅子座
子ども時代:石田星空…牡牛座

関内音:二階堂ふみ…乙女座
子ども時代:清水香帆…天秤座

夫婦役はやっぱ隣同士がいいですね!
子ども時代の2人は150度。恋に恋する角度か!?
ちなみに本当の古関夫妻も太陽150度でした。
(古関裕而さん獅子座、奥様金子さん魚座)

古山三郎:唐沢寿明…双子座
古山まさ:菊池桃子…牡牛座
権藤茂兵衛(まさの兄):風間杜夫…牡牛座

裕一の両親も隣同士!
風間さんはいずれ裕一を養子に迎えようと目論んでいるようです。
裕一はそれを察してか、ただ怖すぎるからかいつもビクビク。
窪田さんとはスクエアになりますが、成長しても対立があるのかどうでしょうか。

佐藤久志(裕一の親友・のちに歌手):山崎育三郎…山羊座
子ども時代:山口太幹…乙女座

この子の謎の上からナルシスト感が、いずれ山崎育三郎になるのかと思うと納得です。

作詞家と歌手という関係になってからの2人は、付かず離れずで150度的良き関係となるのでしょうかね。

村野鉄雄(裕一の親友・のちに作詞家):中村蒼…魚座
子ども時代:込江大牙…山羊座

またこの子が…
この時代の勉学に飢えてる感をどうしてうまく表現できるんでしょうね。
イケメン子役としてすでに評判のようです。(写真は2枚ともエールHPより)

窪田さん・山崎さん・中村蒼さんは、いずれ「福島の三羽ガラス」と呼ばれる活躍をされるそうですが、子役時代ですでにグランドトライン形成しています。
中村さんの魚座が早速アーティスティックな感じ。
山崎さんがきっと山羊的ドヤ感なパフォーマンスで周りをうっとりさせてくれるはず。
人を魅了する曲を次々作るのが獅子座の古山窪田さん…とね。
(甲子園の曲や六甲おろし、巨人軍応援歌などなど作曲)

藤堂清晴(裕一の担任・音楽教師):森山直太朗…獅子座

そもそも「メロディーを生み出す・発表する」という素質・快感を引き出してくれたのが藤堂先生なのでした。
この獅子座は窪田さんに受け継がれた獅子座か!?

関内安隆(音の父):光石研…天秤座
関内光子(音の母):薬師丸ひろ子…双子座

関内吟(音の姉):松井玲奈…獅子座
関内梅(音の妹):森七菜…乙女座

音の夫婦は風星座トライン。
ダンスが得意らしく、新しい時代の新しさを積極的に取り入れる夫婦という感じがします。
明日は光石さんの身に何かが起こるのでしょうか…。
小さい音ちゃん役の清水香帆さんが光石さんと同じ天秤座なので、何か痛々しいような悲しい予感がします。

姉妹とは二階堂さんの乙女と隣同士だったり同じ乙女でいつまでも近しい感じ。
松井玲奈さんの役名が「吟」なんですね。
前田吟以外、しかも女性の名前として見たことないですが、この時期に生まれた女児に「吟」と名付ける人が増えるんじゃないでしょうか。
なんとなく。獅子座的に目立ちそうで。
森七菜さん子役の黒縁メガネからは早速こじらせが感じられます。

今日は柴咲コウさんがオペラ歌手役として出られてました。獅子座。
獅子座はこのドラマのキーパーソンとなりそう。
古関裕而さんも獅子座でした。
というか、水瓶座にどんどん星が移行しているこの時期、対向の獅子座にも確実に光が当たり始めてるのでしょうね。

平田満さんらしき人が出てきた時、「まさか?」と思いました。(平田さんでした)
ここ数年、風間杜夫さんいるところに平田さんあり!の場面を連続で見かけてる気がします。
風間さんと触れ合うかはわかりませんが、ついつい蒲田行進曲的な何かを見出そうとしちゃう。
風間さん牡牛座、平田満さん蠍座で、確かにスクエアという関係が「っぽい」です。

あと古田新太さんもコロンブスレコードのディレクターとして出られるそうです。射手座。
薬師丸ひろ子さんとあまちゃん的にすれ違うことは…ないかなぁ。
野田洋次郎さんがなんと古賀政男役で出られると。蟹座です。
志村けんさんは「赤とんぼ」の山田耕筰役なのですね。魚座。
俳優への意欲あふれた矢先のご逝去のようですが、魚座的に音楽家の役がやれてよかったなぁと思っちゃいました。

ところで主題歌はGReeeeNということで。
でもいまだに「GReeeeNだな」と思えません。
ゆずに聞こえます。

 

エールについて並列したかったというより、なんでもいいからエールのことに触れたい感じ。
私の職場は放送関係で休みにはならないのですが(なぜか休業要請対象に放送業界への言及がない)、職場ではできるだけ私語を慎むようにというお達しがありました。
だからなのか「きょうのエール見た?」とおしゃべりできないことももどかしいです。
先週は裕一役の石田星空くんのきらっきら瞳にうっとりしてましたが、今週は早速音ちゃんの利発さにわくわくしました。
クラスで劇をやるっていうと、「おじいさん」が主役のものばかり。なんで!??という不満。
「女子ども」と言われることが大っ嫌い!と憤慨。

この2人は、教会での運命の出会いはともかくとして、裕一の曲に感銘を受けた音ちゃんが「ファンレター書く!」と、その文通から結ばれたんですよねぇ。
まだ見ぬそのあらすじに早速胸ときめかせてます。

 

https://www.nhk.or.jp/yell/

「エール」並列」への2件のフィードバック

  1. 私もエール好きです。
    元々演劇が好きなので、カラフルでさらに舞台役者がちょいちょい出演するのは好物です。古田新太さんはじめ、あまちゃんキャストとのかぶりも気になりますし。古関氏のメロディーラインも明るくてさわやかで楽しみです。

    1. かんさん

      コメントありがとうございます。

      エール、いいですよねぇ。
      音ちゃんも歌を歌う子だし、今日の学芸会のシーンとかゾクゾクしましたね。
      あの主役女子は緊張しぃに見えて、子役の子自体めっちゃ演技うまかったですね。
      舞台役者さんにも注目です!
      お衣装とかも素敵ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。