お笑いは今後・・

岡村隆史さん、今後どうなるんでしょうね。

別にどうにもならないのかな。
「チコちゃん降板か?」という見出しは、ライターの予測レベルだとしても現実化に加速がつきそうで怖いです。

「怖い」というのは岡村さんに同情的というわけじゃなく、その加速が単純に怖い。
だってNHKといえば「麒麟がくる」でも重要な役なわけだし、まさかそこまで降板にならないよね?と。
実際の問題の度合いより、世間への忖度で事態が大ごとになるのがなんとも怖いのです。
もうドラマへの影響はやめてくれ…!と。

 

今、事態がこんななって、前の世界には戻れない…ということがたくさんあると思う。
お笑い界は、去年の闇営業問題が落ち着いたことで一応変革終了みたいになってたけど、実は根が深いものをたくさんはらんでるんじゃないのかな。
芸人やネタというのは、いじめや偏見のギリギリライン上にある世界。
イジる相手に対してもそうだし、イジられる本人としても。
笑う・笑われるって本来はセンシティブなことで。

この間のハシゴ酒で神田愛花さんが、「今のお笑いに足りないのは暴力性。もっと昔みたいにダイナマイトでボーンとか、そういうのやれるの芸人さんしかいないからやってほしい」と言っていて、ぐっさんがその発言を遮って、ちょっと熱くなったように見えた。
芸人だからといっていつまでも危険と隣り合わせの企画とか、そういう時代じゃないだろうとぐっさんは訴えてるように思えたというか。
今でもキー局がそういうのを求めてくるなら、自分はレギュラーなくてもいいという思いもあったのかな、なんて思ったりもして。

私ももう芸人が体張るの見たくないです。
神田さんの夫・日村さんがそれに名乗りを上げてくれても見たくない。
芸能人に辛いのを食べさせたり、目の前の皿平らげるゲームみたいのも嫌い。
ってか自分たちが同じことして苦痛を感じるであろうことを芸人やタレントにやらせるのはもう終わりにしてほしい。
でも世の中の需要としてはまだまだ衰えないのかもしれません。
「芸人なんだからやってほしい」というリクエストってなんだか相当恐ろしいじゃないですか…。

 

岡村さんの風俗についての発言は、サービス精神なのかなと思った。
自分を落としに落とす芸人っぽさゆえの発言。
こんなしょうもないことで喜ぶ俺・大河に出てても俺はそう変わらへんよという、リスナーを「置いてけぼりにしないアピール」なのかなと。
聴いてないのでなんとも言えません。
深夜ラジオ独特の世界のことも私は語れない。
チコちゃんの嫁探しやり取りみたいのも炎上してたけど、「もういい加減やめようよ」というこちら側のシラケは、ツイッターとかににじんでくるんだからすごい時代だなとも思う。
良い意味ですごいというか。日々勉強になります。

 

ぺこぱのネタが「誰も傷つけない」と言われてるけど、「〇〇、それもいいだろう」という「〇〇」をちゃんと選ばないと結構ギリギリのひやーっとしたものになり、お正月のぺこぱは全然笑えなかった。
時代は確実に変わったんですよね。
昔だったらOKだったことはそりゃいっぱいある。
でも昔は「嫌だ・不快」という意思表示が無視されてきたとも言えるから、今なんでも言葉狩りみたいで殺伐としてるように見えても、おかしいんじゃないかということを表明してもいいんだという心強さはある。
特に人権や偏見のこと。
それは言葉だけじゃなくて、認識そのものを見直さないとならないこともいっぱいじゃないのってことを、TVの向こうの人たちはどれだけわかってるのかなと思うことはよくあります。
女性の美醜のジャッジとかさぁ!!!
本当は大っ嫌いなんだけど、まぁまぁ人気があるから表明できない…という芸人はいくらでもいる。
あえて表明することもないけど、「つまらない・嫌い」と言っちゃうと、クラスのお笑いキングに「お前って本当つまんねぇ」と名指しで指摘されるような傷を今だって負いたくない。
なぜならキングのやその取り巻きの影響力のこともよくわかるから。
自分だって自分の盛り上がりに水を差すなんてつまらないと思うよ。
でもなんでもかんでも笑っていい時代じゃないんだなと自覚したのは私も最近で、やっぱりM-1で上沼恵美子さんが叩くツッコミや美醜ネタに激怒したあたりが分岐点だったように思う。

 

ちなみに蟹座の岡村さんの太陽は前半度数なので、T冥王星の影響はないけど年齢域惑星・N木星が天秤座26度。
ということは山羊座T冥王星のみならず、T木星土星とスクエア中。
P月は牡牛座前半度数なので牡牛座T天王星とコンジャンクション。
これは…
菊丸が意外性のある役っぽいので、役の激しさとして昇華されるかもしれないし、どうでしょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。