ナイナイラジオ

「ナイナイ」ってワードがすごい久しぶりと思う。

「ぐるナイ」とか「岡村」「矢部」って話題で出ても、ナイナイとして語るということが久しくなかった。
でも今ツイッターでは「ナイナイ」が溢れてます!

 

昨日は珍しく25時まで起きてたので岡村隆史オールナイトニッポンを聴いてみたら、岡村さんは謝っていた。
私が聴き始めたのは25時20分で、この20分ずーっと謝ってたんだな、ずっとこのモードだったんだと気づいたら、岡村さんのパニック加減というか、「この先どうやって番組進めたらいいかわからない」という重さがひしひし感じられました。
そしたら30分過ぎで矢部浩之さん乱入。
このことは岡村さん知らなかったみたい。

「もたんやろ、2時間」と矢部さんは言って、身動き取れなくなってる岡村さんをサポートしに来たんだ、優しい相方だと思ったら、トンデモ!の方向へ。
岡村さんへの積年の恨み…というか怒り・不満・違和感・ダメ出しがぶわーーっと。
1個2個のダメ出しならよくありがちというか、相方しか怒れないことをガツンと食らわせて、あとは明るく通常運転かな?…という予想は甘かった。
信じられない展開になったのでした。生放送ですよ…。

岡村隆史のオールナイトニッポン4月30日

「ありがとう」をオフでほぼ言わない。コーヒー入れてくれたスタッフにも。
という指摘を皮切りに、「あと、これもやわ」「もう1個あったわ」と、絶対1個じゃない過去のあれこれをぶつける矢部さん。
これまで矢部さんが感じてきた違和感と今回の岡村さんの発言はどうも通ずるところがあるはずと、そうであるなら今回の炎上問題は変われる大チャンス・いい機会だと、矢部さんはやって来たようだった。

私がラジオを聴きながら思ったこと。
・私が岡村隆史に興味を失ったわけと矢部さんの違和感はやっぱり通じてたのかもしれない。
・独身はやっぱダメか…欠落なのか…(落ち込む)
・「女を敵に見てる」という矢部さんの指摘は、私にとってもドキッとした。
・岡村さんに相当酷な指摘ばかりだけど、岡村さんがわかってるかはちょっとわからない。
・「かわいそうさんやん」という指摘のすごさ・鋭さ・びっくりしたけど矢部さんしか言えない。
・蟹と天秤の話だ…

岡村さんが人気者になるにつれて周りがイエスマンになり、誰も注意する人が今いないことを矢部さんは指摘した。
そこにはリスナーやスタッフも含まれてるように感じました。

矢部さんは独身時代の自分もチャラチャラしてたけど結婚で大きく変わったと言った。
それはすごくわかる。
青木裕子さんもどこか危なっかしい方だったのに、全然変わりましたよね。
結婚・人気者の甘えの話ので「徳井とかも…」と名前が出たときヒヤッとした。
そのあと「若林・山里・バカリズム」と名前を並べて、「芸人ってみんなどこかで変わらなきゃと思う(その一つが結婚)」
なんかダイレクトショックというか、結婚してる・してないの話なのか…と思ったら落ち込んだというか。
徳井・岡村といえばアローン会。
一方、結婚した元こじらせ芸人たちは、放たれるものが一層まともになった気がする。
結婚してからのほうが重要というかオフィシャルな仕事しっくりくるし。
でも岡村さんはNHKで活躍中。徳井さんもそうだった。
紅白司会の話が本当ならすごかった。
だから結婚とか関係ないじゃんと思いたい気持ちはある。
なのに・・

結婚していると妻に常に怒られる。でもそれで常識を知る。
だから「結婚したら?」と矢部さんが岡村さんに勧める図式はよくわかります。
ほんとそうなんだと思う。結婚って互いを助け合ったり補ったりするものと。
「女性はリスペクトすべき存在」
矢部さんのこの発言はツイッターでもすごい賛否が分かれてたけど、それが正しいかどうかは問題じゃない気がする。
矢部さんは自分の正しさを伝えに来たわけじゃなく、岡村さんのゆがみや凝り固まったところを荒療治でも揺さぶりたかったのでしょうね。
極端で酷な指摘が盛りだくさんだったけど、矢部さんはそれだけ今回のことを重大に受け止めた表れと思った。

そうはいっても、「自分が説教されてるみたい…」というツイートもたくさん見かけたし、岡村さんと自分を重ねてたリスナーや独身者は、自分を否定されたように思っただろうなぁと。
私もこんな自分が合コンやモテを語るのが急に恥ずかしく思え、前回の記事はちょっと閉じたわけですが、別に閉じることもないと思えたらそのうち再アップします。
それくらいインパクトの強いゆうべの矢部さん論。

 

2時を過ぎても矢部さんの説教は止まらなかった。
どころかもっと激しくなる。
岡村さんが「頭ぱっかーん」なったことでそれまで以上に周りが優しく気を遣うようになった。
「かわいそうさんになった」「かわいそうさんには周りも言えへんもん」

胃がぎゅーっとなった。
昨日のラジオは、誰もが自分のあれこれと重ねたんじゃないのかな。
私も全般、自分の人間関係に照らしながら聴いてたとも言えます。
心離れてしまった人。
私から離れていった人。
「離れる」という選択をしてもすっきりしないのは、ぶつかってわかり合うことこそが正解の気もしてるから。
「かわいそうさん」・・・
ある。これは景色としてたまに感じます。
けど、これを言葉や表現として初めて聞いた。
みんな忠告も指摘もしない・できない。「かわいそうさん」だもの。
うーん。矢部さん鋭いな。
でも岡村さんは果たして変わるだろうか。
矢部さんが指摘したことに、もっとムキになってもいいのにと思ったんですよね。
自分を守りたい気持ちがあって、そのせめぎ合いがあってこそ過去の自分が崩れ…というのが変容の過程のように思ったというか。
岡村さんは全部「うん、うん…」でおとなしかったな。
これからじわじわくるのかな。
相方がこうやって言いに来てくれたこととか。

 

そして星についてちょろっと。
岡村さんはやっぱり蟹座で、矢部さんはやっぱり天秤だなぁと。
パーソナル天体も岡村さんはほとんど前半星座。
双子・蟹・獅子のあたりに固まってます。

矢部さんは太陽天秤、月と木星が射手、水星金星蠍、火星水瓶。P太陽射手。
双子の土星以外、全部後半星座です。

どうしたって前半星座は無邪気で失敗がちでもあり、後半星座は視点が広く大人。
モテるし余裕のある矢部さんと、明らかに未熟に見えるウブな岡村さんというコンビが可笑しいナイナイであって、岡村さんが矢部さんのようになったらナイナイじゃなくなる。
もちろん常識性まで乖離するわけにいかないけども。
岡村さんがもし結婚したら、変わるかもしれないけど変わらないかもしれない。
今回の発言のことは置いといて、未熟でアレな岡村さんだからこそもたらしてきた笑いや明るさは数知れず。
蟹座のコミカルスターだった、確かに。

 

もう20年くらい前に読んだ雑誌でのナイナイの対談。

岡村:女の子を誘う時どないしたらええんか?
矢部:オレはいつもベッド一緒に座って「エッチしよーやー」って。
岡村:アホか。頭おかしいんちゃう?

ナイナイって永遠にこれでいいと思ってた。
でも昨日の矢部さんは、「49のおっさんがいつまでも風俗なんて、幽霊やろ」とまで言った!
これはナイナイだけの話じゃなくて。
こじらせた中年の話でもあり、人気者のあり方の話でもあり。
コンビのあり方も浮き彫りになったのであり…。

 

最後に…
私はどこかまでナイナイや岡村さんを見てたんですよ。
岡村さん復帰のチリ岩盤崩落パロディーは息を飲んで見てたし、炭酸飲料のCMで踊る岡村さんめちゃかっこよかった。
ところがいつからナイナイを見なくなったんだろう。
岡村さんが映画の主役とか大河に出ることも、「なんで?」とか思った。
矢部さんが指摘したようなアップデートのなさに私は飽きてたのかな。

深夜ラジオのリスナーらしき人のツイートで、岡村さんは政治とかについての発言が浅く、恐らく人権などの認識も薄かったのではないかと。
「時代に触れる」ということをそれなりにしてないとダメなのかも。現代は特に。
本も全く読まない、映画も政治も興味ない、変わりたくないんだと堂々と言う人がいるけど、それで尊敬したいような人は1人もいない。
時代やカルチャーを無視して生きることもできるけど、自分のアップデートのチャンスも逃し続けそう。
家庭を持ってたり子どもに触れてれば、確かに「今」に敏感にならざるを得ない。
独身でいるならば、努めて時代に触れていかなきゃならないかなと。
いろいろ思うことがたくさんでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。