新月と選挙2020

今週日曜日は蟹座の新月です。

太陽が蟹座に入る夏至と、日食も同じタイミングだそうで。

都知事選のことも何かしら表れてるんじゃないでしょうかね。
獅子座のMC支配星は太陽ですが、月やドラゴンヘッドとくっついているとこが「民意(都民意)」という感じです。

一方、蠍座ASCの支配星は冥王星。
3室の入り口で木星・土星と団子状態。
山羊座だし、「権力誇示」みたいな重々しさですね。
都民は何をどう選択するのでしょう…。

私はこの3星、都知事選に立候補したあの3人に思えました。
木星は山本太郎氏、土星は宇都宮健児氏、そして冥王星が小池百合子氏。
あくまで私のイメージです。
この3人の「声」がとても重要になる期間と言えそうです。

この3星は1室2室3室に関係している。
勝手なイメージのまま3星の主張を読んでいくと、、、
山羊木星が訴えること(2室支配星)→ 持てる者と持たざる者の可視化・「都民に10万円を配ります」
水瓶土星が訴えること(3室の支配星)→常識(知性)のアップデート・格差フラット化への理想
山羊冥王星が訴えること(1室支配星)→「自分」・権力自動更新の推進

それっぽくこじつけたとも言えます。
女帝 小池百合子」を読んでるから特にね…

 

都知事選への立候補者は現時点で22人いるということですが、この3人のホロスコープをちょろっと見てみます。

小池百合子氏(67歳・土星期)
太陽蟹、月牡羊か牡牛、水星獅子、金星蟹、火星蠍、土星天秤、P太陽乙女

「女帝 小池百合子」を読み始めてすぐ、ホロスコープを見てみました。
そしたらもう納得です。水星周りがすごい。

獅子座で冥王星・テイルとコンジャンクション。リリスまでくっついてます。
これは「盛る」でしょうねと思いました。
「盛ってない」という小池氏の言い分を聞くとしても、小池さんの言葉の説得力というのは確かにある。ただ人前に出ると女優になっちゃうんでしょうね。
今まで「クールビズ」とか印象的なワードを生み出したり、大物に揶揄されてもうまくかわす術は確かにおありなんだろうけど。
蟹座の太陽はここ5年ほどずっと山羊座T冥王星とオポジションだったので、いろんな災害・豊洲問題やオリンピック・コロナのことを思っても、都知事の重責はいかばかりか…と思いますが、立ちはだかるもののパワーをテコの原理で自分パワーに変える追い風を受けてたとも言えそうです。
N太陽は逆行中のT冥王星木星とまだオポジションですが、P太陽はT海王星とオポジション。
「詐称」の印象がここにきて浮き上がってきたのはそういうことなのかな。
N土星はN海王星とコンジャンクション気味でもあります。
ってかN太陽ーN海王星スクエア。
これも「盛る」要素と言えそう。
自分を大きく見せる。まずそこから!という戦闘態勢の人、そんなイメージです。

 

宇都宮健児氏(73歳・天王星期)
太陽射手、月水瓶か魚、水星蠍、金星蠍、火星射手、天王星双子、P太陽水瓶

水瓶土星を宇都宮さんにイメージしましたが、P太陽が水瓶座のだったのですね。
N太陽周辺がまた…

太陽とテイルが合。リリスも近いです。
このテイルは「弱者」という感じがします。
宇都宮さんはずっと弱者に寄り添う活動をされてこられたそうです。
蠍座の団子星を見ると、「諦めない」という執念が感じられます。
宇都宮さんのお年から体力を心配する声もありますが、この蠍座を思うとスタミナは本当にありそう。
宇都宮さんご自身も、そのへんは大丈夫とおっしゃられてたような。

月は水瓶でも魚でも、「より良い未来への希求」が感じられます。
こういう方こそ人の上に立つべき…と思うものの、3度も挑戦することになるというのは、素質と運勢がなぜ噛み合わないのかとも思います。
年齢域惑星のN天王星がT海王星とスクエアでした。
宇都宮さんのN太陽はN海王星とセクスタイル。
N天王星はN月とトライン。
海王星は優しさや理想の顕現と出るか、どうなるでしょうね。

 

山本太郎氏(45歳・火星期/木星期)
太陽射手、月魚か牡羊、水星蠍、金星射手、火星蠍、木星魚、P太陽山羊

山本氏のチャートもぎゅっとしてるんですよ。

3人とも蠍座が利いてますね。
新月図で冥王星を小池百合子氏と読んでみたけど、「蠍座の戦い」とも言えるかもしれません。

山本氏の射手部分のごっちゃり具合、ザ・芸能人ホロスコープです。
人気の金星、スター性の海王星、ドラゴンヘッドがくっつくと教祖的なカリスマ性も発揮されそうです。
お茶の間デビューがメロリンキューですからね。
「ダンス甲子園」、さすが射手座です。
射手座が「政治・行政」の世界に足を踏み入れる、これもありうることと言えます。

蠍座の水星には火星がくっついてて、しかもこれらは土星とトライン。
人の心を強く揺さぶる言葉を発する方なのですね。説得力がある。
山本氏がまた海王星が強く利いてる人です。
N太陽N海王星コンジャンクションーN木星スクエア。
P太陽は小池氏のN太陽とオポジション。
ということは山本氏もT冥王星のパワーを受けていたのです。もちろん壁と思えるような阻害もあったことと思われます。
選挙、どうなるでしょう・・・

 

みんな海王星が利いてる〜

ちなみに立花孝志氏は太陽木星獅子座、それらが海王星とスクエアでした。
パフォーマンスのインパクト強いですもんね。
小野泰輔氏は太陽が牡羊と牡牛の境目、魚座金星と海王星がスクエア。
年齢域の蟹座火星はなんとこの新月とコンジャンクションでした。
知名度は上がるでしょうね。

 

「女帝 小池百合子」著者に聞く

この石井妙子さんへのインタビューの中で「ミニ百合子」が見渡せばたくさんいる…というお話がとても印象に残りました。
本当にそう思う。
そういう人が権力を持つという特徴的な時代が今なんだと。
そういう権力者誕生の瞬間はいかにも民意みたいな報道一色になるから、お茶の間側も何が本当か実感かわからない。
なんとなくの安定ムードの中身もさほど考えず、ここまで時代が進んじゃってる気すらします。
感染者の数字とか、東京アラート解除以降が40人以上だって、言葉で「重い数字じゃないんだ」と言われれば「そうなのかな」と思うしかない。
おかしいといくら思ったって、混んでる電車に乗って仕事に行くしかない日常です。
今まで何があっても、この流れるような日常の中じゃ立ち止まるわけにもいかなかった。
でもコロナであれこれ停滞してからは、ツイッターのタイムラインも大きく変わった。
庶民の声が日常に浸透するパワーがどうも増してきた!

インパクト、声の大きさ、勝ち組のムードに権力はずっと近かった。
「いいんじゃない?」「悪くない」という脱力傾向は、熱さに耳を塞ぎ、暗さから目をそらすから、ちょっと多めに課金されてたって自動引き落とし継続に甘んじてたんだ…
だから今回の選挙結果にも、どこか諦めの予防線を張ってるところがあります。
アフターコロナでもまだ勝ち組強しなんだったら、もう知るかって感じ…

新月図では海王星と火星がコンジャンクションです。
海王星はごっちゃりの3星とセクスタイル。
火星は新月図とスクエア。
怒りの1票!みたいになるのかな。
もしくは「だれ?だれ?」といちいち結果に振り回され、なかなか判明しない開票日となるのでしょうかね。
せめて投票率がうんと高いといいなぁと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。