9月の登場人物

8月末に胆石の発作が起こって、通院・入院・手術・退院。
9月、まだ仕事には1日も行ってません。

社会性からかけ離れたところにいるのに不思議と焦りもなく、かといって痛みがある間はドラマなど楽しむ余裕はあまりなかったのですが、それでも癒やされたり鼓舞されたりした人々がいました。
狭い狭い私の2週間の登場人物を12星座別に連ねてみます。(敬称略)

牡羊座

徳井義実

地上波復帰しました。「東野・岡村の旅猿」です。

初復帰は8月末でしたが、なんとここから3週連続で出演と。
これは嬉しかった。また男前でさ〜…。
徳井さんのもともとの謙虚さが、あの問題後ということでさらにソフトになり、それが可笑しかったというか。やっぱ笑えたのは徳井さんの人柄であり芸風ってことなのかな。
もちろん東野さんや岡村さんのボケも絶妙だった。徳井さんがツッコミやすいボケをやる大御所ですよ。
東野さんってむちゃくちゃ易しいボケを繰り広げるんですね。後輩思いというのかなぁ。

牡牛座

大倉忠義(窮鼠はチーズの夢を見る・恭一役)

今週末から上映始まったんですかね。
すごい気になる映画です。大倉さんと成田凌さんの恋愛物語。

行定勲監督ご自身が語られてたのを聞いてすごい興味持ちました。
大倉さんに台本を送って(つまりオファーして)、即OKだったようですね。
この映画はいわゆるジャニーズという特性がほとんど浮き上がってこないところがすごいと思う。
というのは、ジャニーズが絡むとどこか少女向け色が濃くなるというか、そうじゃなくても日本映画っていつからかずっと幼さが漂うんですよね。(私の感触ですけどね)
大倉さんは一人の男性としての色気がすごい。色気だけの問題じゃなくて、なんか暗さというか無難さのあたり、いかにもまともな社会人役がこんなにもハマる、予告だけの印象ですけれど。
やっぱ相手が成田凌さんだからかなぁ。
成田さんは本当に今の時代を代表する役者さんと思いますよ。
もう少し回復したら観に行きたい!!
そして明日月曜日「ノンストップ」に出るみたいです。録画!

双子座

福士誠治(松井達彦ぼっちゃん役)

福士さん演じる達彦さんにめちゃ癒やされた9月ですよ。
手術した日に病室で「純情きらり」を見てましたが、痛みと疲労のせいで集中力が続かず、でも達彦さんが桜子を強引に抱き寄せるとこだけはしっかり見届けました。
このスラックス姿が本当に素敵です。

蟹座

のん(天野アキ役)

発作直後はネット視聴という気分にもなれませんでしたが、手術日が近づくにつれ体調も安定してきた中で夢中になった「あまちゃん」。
またちょうどアキの上野編が始まったとこでした。
このころのアキちゃんは怒るシーンがとても多かった。
東京行きを母親に大反対された時。種市先輩が「ユイは東京に来ないべ」と断言した時。ユイちゃんが「アイドルってダサいじゃん」と言い放った時。
のんちゃんの怒りってすごいパワーがあるのですね。
いつもすごいゆさぶられます。

獅子座

森崎ウィン

最近、森崎さんをよくお見かけしますが、乙女っぽいと思ったら獅子座なんですね。
獅子座マジョリティーの方でした。
ご両親はミャンマー人で、ミャンマーで冠番組も持っているほどの人気者と。
NHKドラマ「彼女が成仏できない理由」1話を見ましたが、ちょっと外国人に冷たすぎる、あれは本当にリアルってことあるだろうか。
そしたらすごいつらいんだけど、ちょっと見続けられないようなストーリーというか…。
「蜜蜂と遠雷」が近いうちNetflixに入ることを待ち望みます。

乙女座

浜辺美波(私たちはどうかしている・七桜役)

このドラマは見ないつもりと思ってても、周りのあまりの評判についチャンネルを合わせてしまう。
が、内容がなんだったかあっという間に抜け落ちるドラマ…?胆嚢がが痛むので集中力なかっただけかもしれません。
横浜流星さんも乙女座ですね。乙女ってやっぱちょっと変ですよね。
自分だけが一番まともと思ってる、それが周りの意地悪な人たちのカンに障っていじめられたり、乙女座もまたマウント取ってくる相手に容赦なかったりの泥仕合がぴったりというか。
浜辺さんはまだ20歳なのになんか老成してますかね。「暗い」という証言を聞いたりもして、やっぱうっすら感じられたものは闇だったのかな。金星乙女だから?あと太陽ー冥王星スクエアなので、壮絶な役がお似合いとも言えます。

天秤座

大坂なおみ選手

優勝しましたね!すごい!!
大坂なおみ選手が、「私はテニス選手である前に一人の黒人だ」とコメントしてからいろんな風が吹き荒れました。
でもその風が強まるほどに大坂選手もパワーアップ、あの7枚のマスクに込められたメッセージ・悲しい思いが力強さとなって集結したみたいにノンストップで優勝を収められた。
病室で「あ、勝ったんだ!」と知った朝の爽やかさよ!!入院中の私のパワーにもなりました。

蠍座

眞島秀和(おじさんはカワイイものがお好き。の小路役)

このドラマはとっても優しげな物語でした。
「誰が何を好きか?」というところを決して侵害しない小路さん。
それは小路さんが「パグ太郎」というキャラを愛することもそうだけど、小路さんと親しくなる今井翼さんとの互いに求める気持ちとか、とりわけ男性同士の「親しくなりたい」という心にとにかく優しげでした。
もちろん小路さんは部下の女性の「推し」も全肯定。だから信頼されてます。
最終回の録画はこれから見ますが、わぁ〜とあれこれ書きたい気持ちに体力が追いつかなかったので今ここで感動発散。

射手座

宮崎あおい(有森桜子役)

やっぱこのころの宮崎さん・桜子という役は荒削りでいいですね。
あのころの主人公って、どこからどう見ても「余計なお世話」でしかない積極性を備えてましたよね。
桜子は「音楽家になる」という夢に邁進するあまり、達彦や達彦の母を怒らせたりしてました。
その前はマロニエ荘の仲間ともしょっちゅうぶつかって。
宮崎あおいさんがみんなから「この子嫌い!」みたいに思われる役って珍しくて楽しいです。
そしてまたウエストがほっそいし丸襟ブラウスが似合うしで、やっぱモデルさんなんだよなぁと感心しつつ見てる日々です。

山羊座

橋本愛(足立ユイ役)

この時期のユイちゃんはこんなに変貌しちゃったんですよ。


しかしこれがゾクゾクする〜。
アイドルになれるならダサいMCだってやりまーすっていうビジネスライク・ユイちゃんも山羊っぽいですが、「アイドルなんてダサくね…?」っていうクールなヤンキーも山羊っぽい。
そして実はお父さんが倒れ、お母さんが失踪という中で東京なんか行けないじゃん!っていう責任感ですよ。
山羊座の真面目さと苦しさが痛いほど伝わってきて…そりゃこんななりますよね。
ヤンキーユイちゃんに腰抜かしそうになった荒川良々さん(山羊)とか、勇気持って話しかけた勉さんの「粉チーズ…かける?」(塩見三省さん山羊)にも泣き笑いでした。

水瓶座

石破茂・小泉今日子・松岡茉優・姉

メンツが濃いですが、石破さんはこの時期、自民党員としては「よく言った!」ということをずっとはっきり語られてましたね。
本当はいろんな問題の渦中でこういう声が高まればよかったのだろうけど、それにしても石破さんが最も世論を汲んだことを述べられ、夫婦別姓やマイノリティーの問題などについても、「今の時代」に即した意見を率直に語られてた。
今の時代にこれを率直に言えなくてどうする?って他の2人には思うんですけどね。
この発言が何か具体的なことに確実につながってほしいです。

キョンキョンと松岡茉優さんは「あまちゃん」
天野春子はこのあたりから「ブティックこんの」の衣装で喫茶リアスに立つようになり、すっかりなまりも戻って吹っ切れた感が、あのユイちゃんへの叱咤という迫力につながるんですよね。
あまちゃん第1話からヤンキー春子でしたが、さらに拍車がかかり、ヤンキーのバリエーションにただひたすら感動したのでした。

そして入間しおり役の松岡茉優さんですよ。
やっぱむちゃくちゃキレありますね。
松岡さんが出ると雰囲気がガラッと変わるというか締まるというか。
うまいですよ。相当うまい。

このダサさがいかにも埼玉代表という感じ。
怒りの演技はもちろんうまいですが、まとまろーぜ!って切り替わった明るさがまた見てて気持ちいいのです。

そして姉ですがね。
実は正月以来まともに会話してなくて、そんな中で入院付き添いを頼まなきゃいけないという事態。
でもあっさり承諾してもらって、そこからパワフル姉ちゃんというか母ちゃんというか。
水瓶座の「やるときゃやるよ」というブレなさと頼もしさをたくさん見た9月でしたよ…

魚座

魚座に該当する方はいません。
「MIU404」を見てれば菅田将暉さんを挙げたかな。
最終回だけ見ましたが、さすがによくわからなかった。
夢の世界?現実はどっち??
「麒麟がくる」も再開したけど、長谷川博己さんにまだ特段の印象を描けてません。
私がこの間気になったのは、水瓶座も多いけど乙女座も多かったです。
胆石発作の前日には「はね駒」の消化に努めてたのです。
斉藤由貴さんがほんっとに可愛い…!
あんな役者さんは二度と出てこないだろうなと。出てきてないですね…。
コミカルなんだけど過剰じゃないというか、演技が確かなのに純粋さにあふれてて。
アイドルなのに土台がしっかり!っていう頼もしさもありますよね。
あと村杉蝉之介さんが「あまちゃん」にも「純情きらり」にも出てて、あの方は意地悪な役がめちゃうまいですね。意地悪でビビリなくせに、タイプの女がいるとがめついという(笑)あのマニアックな目線のキモさがたまりません。
生年月日調べたらこの人も乙女座だった〜という方があと3人はいたのですが忘れてしまいました。

 

今まだ仕事復帰できる気がしません。
いや、日毎に回復はしてるのですが、TV見たり好きなコンテンツ見たりしつつ自分の体をいたわるこの日々は、なんてストレスがないんでしょうねと。
この体にまたストレスを注ぐ日々が来るのかーとか。ストレスないかもですけどね。いや、ないことはないはず…うーん。
生き方を変えるチャンスなのだろうか…大げさかな。
でもいよいよ私のP月も1室入宮が迫ってるわけで。
書きたいこともまた前みたいに徐々に湧いてくればいいなと思ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。