ドクターY・水星座・地球星座

昨日、テレ朝の「ドクターY〜外科医・加地秀樹〜」見ました。


ドクターY  HPより

おもしろかったです!!

この間、尾上菊之助さん主演ドラマを見たときに、「またテレ朝っぽいベタ満載で〜」なんて思っちゃいましたが、ドクターYというかテレ朝に、「時代」を意識していこうという方向性がはっきり感じられた。
ドクターY、なんて優しいドラマだろうとも思ったんですよ。
でもこの優しさが本来標準であるはずの。

ドクターXを見てなかったので詳しくわかりませんが、岸部一徳さんのジェンダーや、恋愛・結婚が特別なものとして強調されてないところ、シングルマザーの仕事と家庭の板挟みの苦悩などが積極的に描かれてるように感じて、疎外感なく見ることができた。
なんたってドクターXの米倉涼子さんと内田有紀さんは自分と同い年。
こんなに美しく活躍されて…と感無量。何もかもいまさらですがね。
テレ朝では中年以降が大活躍です!

ドクターYは昨日が第5弾で、内田有紀さん演じる麻酔科医・城之内が登場したのは初とのこと。
内田有紀さんの役、本当素敵ですね…。

「おもしろい」と所々でくすぐられたのは、主役の勝村政信さんの「トホホ…」なとこですかね。
でも腕はいいのです。
「腹腔鏡の魔術師」という異名は本当だったんだと思えるほどに(笑)でもそこだけ。
そこだけとはいっても、腕の良い外科医、それだけで十分かっこいいはずが、勝村さん演じる加地秀樹はかっこよさ1割、トホホ9割で描かれてる。
勝村さんは蟹座ですが、蟹座ってやっぱりこうだよなぁぁとつくづく思ったんですよね。
蟹座はやっぱり人の上に立つ役より、踏まれてなんぼというか。

「蟹座ってどういう人?」と問われたとき、ついつい「いい子」「愛され」の要素を連ねがちで。
それは「いい子」に見せたい気持ちが蟹座には強いし(愛されたい)、ただ蟹座といえば「排除」の気持ちも強いので冷酷さものぞかせる。
ただどんなに性格が悪くても、「トホホ」がやっぱり出るんですよね。
そこがなんだかんだ許されたりする蟹座ですが、勝村さん演じる加地秀樹はそういう意味ですんごい蟹座っぽい。
これからは「蟹座といえばトホホだよ」って答えようかな。

そしてドクターX・ドクターYって水星座の出演者多いかも?と思いました。
今回の第5弾が特にかもしれませんが、出演者を連ねてみます(敬称略)。

(ドクターY第5弾)
勝村政信…蟹座
内田有紀…蠍座
佐藤隆太…魚座

(ドクターX)
西田敏行…蠍座
遠藤憲一…蟹座

そのほか、ドクターXのゲストに滝藤賢一さん(蠍座)やユースケ・サンタマリアさん(魚座)
ドクターYのゲストには三浦貴大さん(蠍座)や片岡愛之助さん(魚座)、宮脇咲良さん(魚座)
ドクターX脚本家・中園ミホさんは蟹座です。(ドクターY脚本家の生年月日は不明)

医療ドラマと蠍座というのはやっぱり相性がいいみたいで、蠍座といえば「死」「外科医」だし、支配星・冥王星といえば「復活」でもある。
魚座も「あの世」をつかさどります。
ただ蟹座は医療とダイレクトに結びつかない気がする。
だから勝村さんがいい感じで浮いちゃうんでしょうか。
周りみんな命かけた仕事に集中してるのに、勝村さんはずっとキョロキョロしてるという。

実際、蟹座は仕事できる人が多いです。
記憶力もいいし、地球星座山羊的に仕事バリバリするほど輝くはずなんですよ。
ただお仕事ドラマがヒットしやすい吉高由里子さん(蟹座)にしても、仕事はできてもさほど上の位置にいない。
いつか上の位置になるために奮闘し続ける姿が蟹座には似合うというか。
上の位置で上の顔してこそ輝くのは、やっぱり獅子座の米倉涼子さんとかね。
太陽水瓶座も、地球星座獅子的に「魅せる!!」というアピールが許されるし、輝きを増す方達と思います。

地球星座の話を続けると、蠍座の内田有紀さんは今回「麻酔投入に失敗したかも?」という苦悩を抱える。
あの城之内さんが?というほど信頼を得ているのに、まさかの。
この「腕がいい」とか「腕が狂った?」というのは地球星座牡牛っぽい職人技能感と思いましたよ。

シングルマザーの城之内さんは、麻酔投入中にも一人娘のことを気にかけていて、それで細かな判断が狂ってしまったのかも…と悩む。周りからも「麻酔でしょ」とほぼ決めつけられる。
でも実は、城之内さんの手術室退出後に起きた佐藤隆太さんのトラブルが原因だったのに、助手の医師たちは城之内ミスということで口裏合わせ…という物語でした。

やっぱねぇ、佐藤隆太さんが最初、みんなから尊敬・信頼を集める外科医として登場しましたけど、そうはいかないだろうと思いましたよ(みんな思ってるだろうけど)。
「患者ファースト」が行き過ぎて、「自分がトップに行けばこそ患者のための病院を作れる」と、教授の座に邁進しすぎた。
確かに地球星座乙女的に用意周到・画策すればこそ!でも心の理想は魚的にやっぱ壮大。そんなキラキラした佐藤さんでしたよ。
太陽魚座の人は本当に「いい人」であるよりも、いい人を早々に脱ぎ捨てたほうがキマる気がします。
ほっとくと神様みたいに崇められる魚座。でも「オレなんか…」という小市民感、もしくは目の前の小市民のために何ができる?と苦悩する姿はより輝く。
「ROOKIES」の佐藤隆太さんはそんな教師役だったでしょうかね。
佐藤さんって実は役をあてるのが難しい役者の1人じゃないかと思ったりしますが、「スカーレット」の暗い役は何気に好きでした。
元妻勤務の食堂でチャーハン食べずに居座るコワさ、よかったな…。
いい人なんだけどどこか行き過ぎてた。
今回、桜庭ななみさんと再共演。

加地秀樹第5弾の他の出演者も並べてみます。

桜庭ななみ…天秤座
峯村リエ…牡羊座
高田純次…山羊座か水瓶座
松大航也…乙女座
米倉涼子…獅子座
岸部一徳…山羊座

峯村リエさんがまたすごくよかったです〜。さすが!!と思いました。
怖い麻酔科医の役。
桜庭ななみさんを激しく叱責し、勝村さんの腕前も厳しくジャッジ。
でもあっという間に勝村さんの魔術師ぶりに惚れちゃうという…。
この惚れてからの距離感とかめちゃよかったですよね
もちろん勝村さんは「恐怖…!」と逃げ回るのですが、蟹×牡羊のガチャガチャしたぶつかり合いが楽しかったです。

高田純次さんは水瓶座だとずっと思ってましたが、生年月日境目なんですよ。
今回は日本スポーツ連合会会長役。贈賄の疑惑あり。
他にどういう役演じられてるかよくわかりませんが、地位の高い役が多い場合、山羊座じゃないかなと思ったりします。「じゅん散歩」の安定感からしても。

それにしても米倉さん演じる大門未知子って恐ろしく頭がキレるんですね。
今回は医師としての出演はありませんでしたが、勝村さんから聞いた愚痴の中にも「うん?」とすぐ気づくものがあり、「それ脳腫瘍の症状じゃないの?」ということを突き止めたり。
地球星座水瓶っぽい頭脳派でもあると。か〜っ!!
そして山羊座の岸部一徳さんは、誰にとっても「安心できる場所」を提供する。
時には城之内さんの一人娘と過ごすシッターの役割もこなす。
「本当は地位が高い」というところが太陽山羊なんでしょうね。
山羊座から地球星座蟹的な「家・家族・安心感」がにじむと多くの人が安心するのだと思う。

松大さんという方は、将来NBAを目指すプロバスケット選手の役でした。
手術のミスで足に麻痺が残り、一時は選手生命絶望。
でもその後、加地の執刀で再手術成功するんですよね。
この方は乙女ですが、地球星座魚的に言えば、魚座とは「足」をつかさどる。

こじつけすぎですかね…。

 

勝村さんはもう57歳・土星期なのですよ。
でも全然、権力持ってなさそう、そこがいい…!
なんにも知らないうちは、勝村さん主演かぁ、かっこいい勝村さんかぁ…と遠ざける気持ちがあった。
だってこの顔。

でも加地秀樹はいつもの勝村さんっぽい(たぶん)役でした。


ドクターYインスタより

医療ドラマがなぜ人気あるかというと、もしかしたら入院経験者が主な視聴者層で、まるで自分ごとのように見れるからかな?なんて思いました。
恥ずかしながら麻酔科医の仕事を昨日初めてちゃんと知った。
手術中もずっとついててくれてるんですね。最初の注入だけじゃなく、手術中もずっと麻酔薬のコントロールをしていると!
ははぁ〜ありがたいです…
あと、バスケ選手が「うっ…」と倒れたときち に看護師さんが「大丈夫ですかっ!」とタイミングよく気づくのですが、看護師さんって本当にしょっちゅう巡回してくれてますからね。ドラマ上の都合よさというわけでもない。
私も入院中、痛すぎてナースコール押したいタイミングで看護師さんが現れてくれたとき感動しましたよ…。
ドラマ見て、「ないでしょ」って目で見てた自分を叱りたい。
少なくとも、タイミングよくつかまるタクシーよりリアルのはず…と言いたいとこだけど、不景気の今ならタクシーもつかまえまくりかな。という話で締めくくります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。