歴代愛され並列

広瀬すずさんを見るたびに、つぶやいてしまう。

「チョーかわいい」

でも私だけでなく、全国の老若男女にそう思われてるはずの広瀬すずちゃん。

「学校のカイダン」は、結局3話ぐらいまでしか見なかったのだけど、もしかしたらあんなふうにひどいいじめを受ける役柄は、すごく貴重なものになるかもしれないです。
人気が出ると、ダークな役をやらなくなってしまいますからね。
でもあの子はダークな役の方が似合うと思うなぁ。
目がいいですからねっ。

「人気が出る」と一口に言っても、いろんなブレイクの仕方があるもんだなとつくづく思います。

弱火みたいにふつふつと、ほそーく長くマニアックな愛され方をする方もいるし、人気と嫌われ度が同率みたいな方もいる。
そんでたまに、全国民から愛でられてるんじゃないかというくらいの支持を得る方もいますよね。
その代表格は綾瀬はるかさんですかね。
その1代前くらいは長澤まさみさんとか。

今回、「全国民から愛でられてる方」のヒントを探るべく、ホロスコープを並列してみます。
先に言うと、牡牛座と、牡羊座・双子座にポイントがあるような気がしました。
牡牛座=色気
牡羊座・双子座=無邪気さ・ボーイッシュさ→裏表のなさ(っぽく見える)でしょうか。

あと「海王星」とパーソナルな星とのアスペクトも、あれば挙げてみます。
海王星のメジャーアスペクトがある人は、人に魔法をかけるようにうっとりさせる何がしかがあるんじゃないのかなと…。

広瀬すずさん
太陽:双子、月:牡羊
水星:蟹、金星:牡牛、火星:双子
木星:魚、ドラゴンヘッド:乙女

無邪気で元気な田舎少女という雰囲気がなんかとてもお似合い。
「田舎少女」とあえて言ってみたのは、”田舎に行かないと出会えない”みたいな、森の幻少女的色気を感じるから。
「無垢」と言うんでしょうかね。
実際は静岡出身。

色気のゆえんは牡牛座なのかなと思いました。
あと蟹座水星が醸し出す、ぼってり・甘えたなしゃべり方。
自分の色気に気づいてんだか気づいてないんだか、無防備すぎる!みたいなところは、双子座の太陽・火星と牡羊座の月の少年っぽさ、そして牡牛色気のミックスで、こちら側を惑わせるんじゃないかしら。
江口寿史さんの描く少女に雰囲気ぴったりです。
ちなみに、お姉さん広瀬アリスさんのコンタクトCMもすごく好きです。
<海王星と月がスクエア>

有村架純さん
太陽:水瓶、月:蠍
水星:魚、金星:牡羊、火星:蟹
木星:天秤、ドラゴンヘッド:射手

広瀬すずさんの1代前「愛でられ女優」は、有村さんでしょうねぇ。
見ても見ても飽きない不思議さ。
眠そうな奥二重がいつでも気になって仕方がありません。
こんなビッグな人気者になってしまうと、例えばトーク番組などでのちょっとした発言とか目線とか笑い方に、どこか悪そうな「スキ」を見出そうとしてしまいがちですが、有村さんはいつでもリラックスしていて、そのへんも完璧だなぁと思う方!

でもそのリラックス感とは裏腹に、太陽と月はスクエアなんですよね。
金星と火星も。
緊張感でピリピリしたものを感じてもよさそう。
でももしかしたら、複雑な感情を抱えているからこその「深み」みたいのがすでに備わっているのかな。
太陽の水瓶と月の蠍は、どちらも「俯瞰」が得意そうです。
そういう「大人感」と、蟹座っぽい(火星)まんまる愛らしさと、こびないボーイッシュさ(牡羊金星)に、人は惹かれてしまうのかな。
<海王星天王星合に月がセクスタイル>

能年玲奈さん
太陽:蟹、月:牡羊か牡牛(境目朝5時頃)
水星:蟹、金星:双子、火星:乙女
木星:天秤、ドラゴンヘッド:射手

そんで有村架純さんの1代前が能年ちゃん、じゃなかったかしら?
能年ちゃんのメジャーさは「蟹」からも発せられてるようです。
だけどどうした、能年ちゃん?頑張れ!!
結局「あまちゃん」の箱に入れられっぱなしになってしまってそのまま…という感じがします。
あのころも、どれだけ能年ちゃんを見ていても飽きなかった。
ずっと見ていたかったんだよなー。

能年さんも人気絶頂のころは、独特の色気があったように思います。
やっぱり自身で色気と気づいてないような、でも確信犯にも思えるような無防備さ。
最近の能年ちゃんは、どんどん「性」の感じを封印してってるように見えて…。
<海王星天王星合に太陽水星がオポジション>

武井咲さん
太陽:山羊、月:牡牛
水星:射手、金星:射手、火星:山羊
木星:蠍、ドラゴンヘッド:射手

武井咲さんは、能年ちゃんの1代前かしら?
実は西内まりやさんは武井咲さんより1日生まれた日が早いだけで、星の構成がほとんど同じです。
アスペクトはもちろん違うでしょうが。

私が初めて武井咲さんを見かけたのは、野島伸司さん脚本のドラマ「GOLD」。
天海祐希さんの娘役。
あのドラマは松坂桃李さんや綾野剛さんも出てましたね…。
そこから急激にブレイクして月9に出演し、三浦春馬さんと寝たのか寝てないのか…っていう女子高生の役がまた、色気も陰もあって美しかった。
あのときの剛力彩芽ちゃんもかわいかったな。
そのあと、CMに出るわ出るわの大人気。

センセーショナルな役のあとにブレイクしちゃうと、コミカルな役とか、事務所が無難に当てたみたいな役しかしなくなってしまうのは、可愛い女優の宿命でしょうかね。
演じれば演じるほど、武井さんは何かが下降を辿ってしまってるような…。

そしていつでもコメントが優等生的で、これは山羊座の太陽と火星がそうさせてしまうんですかねぇ。
しっかりしすぎて、こちら側は物足りないのです。
あんなにあった当初の色気はどこへ行ってしまったのでしょう…。

この感じ、出たての石原さとみさんと似ている気がします。
石原さんも最初いちいち優等生的で(太陽山羊座)、なんか一時期ひっそりされてたような。
だけどいつからか色気前面に出してパワーアップして帰ってこられて(笑)

武井さんの5年後とか、そうであってほしいです。
射手座に星があるのだから、ぜひスキャンダラスな何かに巻き込まれて、そして色気たっぷり含んだやさぐれ武井さんを見てみたいものよ…と思います。
<海王星天王星合に月がトライン>

綾瀬はるかさん
太陽:牡羊、月:牡羊か牡牛(境目朝8時頃)
水星:牡羊、金星:牡羊、火星:牡牛
木星:水瓶、ドラゴンヘッド:牡牛

ここまで挙げてきて、やっぱり老若男女から愛されるってなかなかないことだなと思うのに、綾瀬さんのこの盤石さ!
やっぱり「セカチュー」がブレイクのきっかけでしょうか。
私はあのドラマの配役が地味だなぁと思って最初見てなかったのですが、そのとき付き合ってた人が綾瀬さんが可愛いと絶賛するから見てみたのです。
BRUTUSでも松本隆さんが、「セカチュー」でどしゃ降りの中、弔辞を読むシーンからずっと好きだとおっしゃってる!
1話のしょっぱなのシーンというのに!
そういう男性の嗅覚ってすごいですね。

綾瀬さんは牡羊座が多いですね。
牡羊座って元気で無邪気で明るいけど、攻撃的でもあるので、牡羊座をパーソナルな惑星に持ってる方は、結構きつめの印象を与えやすかったりもするんですけどね、綾瀬さんってきつさのカケラもないように思えます。

いや、確かにトークだと率直な部分はよく見かけますけど、印象がマイルドなのは、あの「顔」なんですかねぇ。
やっぱり眠そうな奥二重に、国民みんながトロン…となってんじゃないでしょうかねぇ。

そのトロン…としたスローペースな感じが、まさに火星の牡牛座から放たれてるのかなぁと思います。
月も牡牛座のような気がするのです。
色気も存分にあります。

あと牡羊座はあんまり計算できないですからね(笑)
色っぽく見せようとか、いい人に思われようとか、なんも考えてなさそうなほんまもんの天然さを、国民みんなが信じたいのだと思います。
すごいお方です。
<海王星と太陽がスクエア、海王星と月・火星がトライン>

 

ここまで挙げると、武井咲さんはちょっと他の方たちとは違うように思えますね。
牡羊座と双子座に星がないからでしょうか。
ボーイッシュさとか無防備な色気のお方ではなさそうですね。
ちゃんと計算されてそうです。
「孫にしたい」みたいな国民人気かなぁ。
責任感がハンパなくあふれてますから。

海王星から見てみると、やっぱり綾瀬さんは群を抜いてるように思います。
激しさとブレイクの仕方もまた比例するかなぁ。
「激しい」というのは、スクエアとかオポジションとか。
能年ちゃんのブレイクの激しさも、まだ記憶に新しいもの…。

ものすごいブレイクをした方を、私たちはいつでも「見たい!」と熱望し、だけどその熱が高まれば高まるほど、なんだか無難な役に落ち着いちゃう傾向があるように思えます。
私が思う無難な役というのは、日テレドラマみたいなコミカルすぎるものとか、TBS日9の大物俳優の娘役とか妹役とか。
出すぎて出すぎて、どれがなんなんだかよくわからない映画とか。

 

そんなに毎年毎年、ベストを出してもいられないですかね。
何年かに一回、最高のものを出して、それが人の記憶にいつまでも残る…それでいいのかな。
そうすると、私ももっと辛抱強く待たないと…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。