相性合う・合わない

昨日は岡村ちゃんのラジオを聴きました。


NHK 岡村靖幸のカモンエブリバディ

前半は岡村ちゃんのトーク&メール読み
中盤は、あのオードリー・タンさんとの対談音声
後半は恒例(?)の咀嚼タイムです。

2012年から岡村ちゃんに夢中なわけですが、音楽やライブ、連載に夢中なのはもちろん、数々の奇跡的な共通点に悶えてたともいえます。
見てた番組、注目してる人、観に行った舞台や映画、感じる切なさなどなど。
私も岡村ちゃんも金星乙女。
岡村ちゃんに限らず、乙女座持ちの人とは「わかる〜!」という悶えを体験できる。
クドカンも金星乙女、またふかわさんは月と火星が乙女です。

好きだから共通点が嬉しいのか、共通部分が奇跡すぎて好きになるのか自分でもよくわかりませんが、特に岡村ちゃんに関しては「違う」ところを感じると少し悲しくなってたりしました。これまでは。

岡村ちゃんのラジオは回を追うごとに「天秤感」がすごく増していってると感じます。
火星が天秤の岡村ちゃん。
あんなに濃厚そうな人なのだから、トークからも濃い〜ものが漏れ出すだろうと期待して聴くものの、ほとんど「さらっと」してんですね。「健康が一番大事」「自炊は脳を使うからおすすめ」とか、「そりゃそだね」みたいな。
でも語彙が豊富なので、それらをロマンチックに語ってくれる。今回にんにくの剥き方を臨場感たっぷりに話してくれました(笑)
岡村ちゃんってステージは濃い〜けど、トークや垣間見える主義はまとも平坦感です。
太陽獅子座のとにかくポジティブ感、月魚的に海のような大まとめ感が平坦に拍車をかける。
ラジオではあんまり金星乙女感が発動されません。(リア充との対談でそれはダダ漏れる)

きっと合わないだろうなと。実際会ったら。
これはファン歴8年で相当勇気のある感慨です。
細かな共通点を見出せたとて、ほの見える派手さにモテを感じて、そばにいたらきっと悲しくなりっぱなし。
だからスターにあえて「合わない」とか言ってみちゃう負け惜しみひねくれ感情は認めますがね…。

だけど「合う」「合わない」ってなんだろう。
話が合うから好きとか交際ってわけでもない、合わなくても好きになる。そんなことは何度も体感してきたはずなのに、いつでもずっと「合う人」を探してる。何かの病気でしょうかね。
もしマッチングアプリを使ったら、候補者として出てくるのは私のプロフィールに合う人なんでしょうか。
アマゾンやネトフリでおすすめされるみたいに誰かが提示されるのかな。
だけどネトフリですら「マッチ度98%」に2時間強を賭ける勇気は相当要る。
私の一生をマッチ度の高い人に賭ける気に…会いましょうという気になるもんですかね。

「好き」とかがばっちり星に表れるものかといえば、これはなんとも言えないです。
交際してる2人の星を見て、「ここでつながったのかな?」と思えることはあっても、まだ進展してない2人の星を見て「惹かれ合うでしょうね」というのはわかりません。
また金星と火星がトラインだから相性がいいというわけでもないのです。
コンジャンクションだからわかりあえるわけでもない。
月同士がコンジャンクションなのに、相手の気持ちがわからなくて不安という悩みはたくさん寄せられます。

「結局、縁」ということはよく言われますが、星で言えば、太陽・火星が「縁のある男性」、月・金星が「縁のある女性」ということになります。恋愛に限らないことです。
天王星が絡めば「普通じゃない人・ユニークな人」、土星なら「真面目な人・安定感のある人・年上」、水星なら「若い人」、冥王星なら「極端な境遇の人」という感じでしょうか。
海王星はいろんな出方をしそうです。「優しい人・スピ系・アーティスト系・大きな喪失を経験した人・どっかイっちゃってる人」

私の火星は牡牛座なのでハンサムが好きなのは確かですが、ハンサムとの縁もそれなりにあったなという体感です。
その火星は月とスクエア。
私は男性を潜在的に恐れている自覚があります。
傷つけられそうな、マウント取られそうな抵抗感。月=女性性とも言えるし、幼少の頃の自分とも言える。
もしかしたら赤ちゃんの時、7つ年上の兄を「怖いな…」とか思ってたのかもしれず、それが「男は乱暴者でマウントとりがたり」という思い込みと繋がってるのかもです。だって笑点の「こん平でーす!」の瞬間にTVのボリューム最大にする兄ですよ。何するかわからないいたずらがマジ恐怖でした。
それで私自身、なんだかんだ男性にマウントを取れない。
やり取りの中でマウントを一時的に取ることはありますが、いつでもフられる流れに自分が持って行ってた気もします。

また私の太陽は土星とコンジャンクションなので、年上好きでもある。
これまたマウント取らせちゃうんですよ、潜在的に。
でも私は月が獅子だからかASCが牡羊だからか、マウント取られるとか支配とか絶対許せないのです。
4つ上の男性と交際した時に、「いい子だな、もう」ってな感じで頭なでられた時、嬉しいようなぶん殴りたいような気持ちで引き裂かれそうでした。
だから独身なのかな。結婚とはマウントを取られることというイメージがどこかにある。
自分を捧げたい・尽くしたいくせに、あとでちゃぶ台返ししそうなマグマをかなり自覚してます。
そんで、男性と親しくなると必ずその男性が転勤になるというね。私のマグマが遠くヘ追いやってるのでしょうか。
そんな私に合う男性とはどんな人でしょうか…。

私の月は火星とスクエアですが、海王星とトライン。冥王星とセクスタイル。
金星は火星とトライン、水星・天王星とセクスタイル。
女性コミュニティーで月っぽい新人感を前面に出すと大体感じ悪い扱いを受けます。
でも対等感を自分から出していけば害はなくなる。
またDSCが天秤座で(支配星金星)そこに冥王星が乗ってるので、女性との縁が濃厚です。
今、女性90%の職場だし、鑑定依頼もほとんど女性。
どのコミュニティーに行っても、私さえビクつかなければ大体女性とうまくやれます。
さすがにもう木星期なので、新人感出してる場合じゃないわけだし。
大雑把に言えば女性とは相性がよいけど、男性とは相性が悪いということになってしまう。

ま、でも太陽ー土星コンジャンクションというのは悪い意味でもありません。
「安定・強固さ」がある。
かねがね私が「関係構築には長い時間が必要」と思ったりするのは、ここから来てるのかな。
土星は10室11室の支配星なので「友達関係の延長・職場の同僚など」とも言える。
今まで一番相性が良いと思った男性は、まさに職場の後輩でした。
お互い転職して、女性の同僚と連絡取らなくなってても、彼とはぽつぽつ連絡し合ってた。
でも彼は結婚した。普通そうなりますね。
彼が結婚してしまったから余計に「相性が一番」とか未練がましく言えるのかも。
彼が見たい映画はフジテレビドラマの映画版だったりして、本当に彼氏だったら「そんなの見たくない」とかで喧嘩も多かったはず。

その彼から、友人を紹介されたこともあります。
私の音楽の趣味をよく知ってる彼が、「こいつと音楽の話合うんじゃない?」という公務員。
確かにAjicoとかEGO-WRAPPIN’のアルバムを持ってる共通点とかなかなかないです。
しかもめちゃ良い人。常に安全運転。自炊も家事もこなす自立した人。
理想的だしマウント取るタイプでもないんだけど、ただ一点。
彼が酔っ払ってカラオケルームの床にゴミを投げつけた時、瞬間的に嫌いになってしまった。
火星ー月っぽい荒さに心が反応したのかな。
そのゴミを拾ったのは相性のいい同僚だった。
放っておくこともできたのにね。ただのゴミ。

相性が良くても恋心を秘めてても結ばれない縁というのはあるものです。
ちなみに彼は結婚後すごいげっそり。妻からの監視や束縛、門限がそれは厳しかったのです。
彼の月は山羊座で、天秤冥王星とスクエア。
妻は強烈な管理者であり、彼の潜在性がそういう女性を引き寄せたはずで。
しかも太陽が隣同士。家族相性もあるのです。
合う・合わないでいえば、彼と奥さんの価値観はずいぶん違うのかもしれない。
でも彼は今や子ども3人の父親。家族という強固なチームを作るために、管理が厳しいパートナーを彼が必要としてたとも言えるはずで。
風の便りだと、今でも家庭内喧嘩は多いらしいけど、でも合う・合わないってそんな大事かね?と思う。

どこかがすごい合ってたって、その分「違うね」というところは必ずある。
自分が何に対しても「OK」って思える性格ならばストレスはないのかな。
そういう人は大体海王星が利いてるけど、人からしたらつかみどころのない人だったりもして、「理解できない…」「自分だけを肯定して欲しいのに…」という溝になったりもするのかな。
それでも探し求めるんだと思う。合う人を。
あと世の中の女性は大体男に「普通・まともさ」を求めるけど、本当に日本人的普通の男は家事や育児を「手伝う」という感覚止まりだったりします。
「手伝うよ、じゃねー。お前がやれ」と妻に言われて引きつる男。傷心ぶって家庭外の女に癒しを求める男。女に対してニコニコふわっとを望む男。それが普通でまとも風を漂わせてますかね。
だからいっそ、太陽や火星が外惑星と激しいアスペクトの人が羨ましいとも思う。
普通じゃない規格外の人との縁があるのだから。
なんか切ない感じの締めくくりです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。