脱落しそう・吉丸圭佑

今期もおもしろいなぁというドラマが多いです。

毎週録画して見てるもの
「監察医 朝顔」◎
「知ってるワイフ」◎
「俺の家の話」◎
「天国と地獄 サイコな2人」○
「おじさまと猫」○
「夫のちんぽが入らない」◎

「オー!マイ・ボス」と「ウチカレ」は毎週録画してないので、ちゃんと見れてないです。
もう1つ毎週録画して見てるもの

「書けないッ!?〜脚本家吉丸圭佑の筋書きのない話〜」
→ ×

わざわざ×と書くこともないけど、腹が立ってしょうがない。
1話こそ、「これからおもしろくなりそう!」というワクワクが散りばめられてましたが、もう1ヶ月半も過ぎて一向におもしろくならない気がする。
なぜこんなムカムカするのかというと、「これからおもしろくなりますよ!!」というノリがずっと続いているから。人の好奇心を無理やり操られてる気がしちゃうんだと思う。もう息切れしちゃったよ…。
毎週録画外せばいいのに外せない。どこか期待しているんですけどね。でももうダメかも。

イラっとするところ
・吉丸圭佑は結局おもしろいものを書ける脚本家じゃないらしい
(人気作家の妻の助言ありき・奇跡的な才能をたまに見せる)
・ドラマ制作の裏側が本当にあんなだったら引いてしまう
(わがままで自信過剰な俳優・その俳優に媚びるプロデューサー・脚本家軽視)
・俳優がフジ月9並みに豪華なのにテレ朝土曜枠ってやっぱこんなのかなと思ってしまう
・男の下心が気持ち悪い
(菊池風磨さんと女子高生・生田斗真さんと癒しサロンの土村芳さん)

土村芳さんが出てきたときは嬉しかったです。
あの方の演技は見てて楽しくなるし、やっぱりうまいですね〜。
さして有名でもない吉丸圭佑ドラマの大ファンという癒しサロンの従業員。
だけどね・・
あろうことか圭佑はその従業員とLINEを交換し、その従業員の本名をドラマ内で使ったりする。
そして毎週ドラマ放送の後に感想を送ったり喜んだりのやり取り。
「これはリアルなのか?」(だとしたらドン引き)という描写が全般多すぎなんですよね。

たぶん私もだけど世の中も今、ハラスメントに過敏になってるとは思う。
もしハラスメント要素を描くなら、それがリアルでもリアルじゃなくても「ハラスメント打破!」にストーリーが向かっていかないともやもやしちゃう。
強者の横暴さがまかり通る物語ってなんてつまらないんだろうと思うのは、今この時代だからなのかな。
弱者の頑張りによってのみ報われる物語が苦手なのかも。
吉丸圭佑はテレビ業界に翻弄されすぎてる。「脚本家が何を書きたいかなんてどうでもいいんだよ!」とか言われたりして。本当に脚本家ってこう言われてるのかな。
テレビマンたちが全然人柄よく描かれてなくて、ああいう人たちがドラマやバラエティー作ってるんだったらそりゃテレビ離れ進むよね…と普通に思ってしまった。
北村有起哉さんはそれでも独自の人柄が滲み出て不思議な説得力がありますが、小池徹平さんをへーこら生意気主義みたいに使うとか、あとスタッフ女性の感じ悪さですね。脚本というか演出に腹が立つのだろうか…でもテレビの裏側って本当にあんなな気がしてきた。
あと菊池風磨さんが吉丸家の女子高生に興奮しすぎるところとか、大丈夫なのかなとハラハラしちゃう。
気にしすぎかな。あんなに興奮マックスの大学生と部屋に2人きりにしていいんですかね、親!!
もちろん「そこはドラマだからさぁ〜」というのが制作側の言い分なんだろうけど。

 

あと個人的な話としてシナリオのスクールに一時通ってたということもあって、ドラマ作りや脚本家の活躍に関心があるということでもあります。
なので尚更あのドラマを見ちゃうと、新人脚本家の人権なんて俳優やプロデューサーの前ではないに等しいように感じられてがっくりしちゃいます。
新人なら誰だって社会の洗礼を浴びるとしても、あれでは希望を持てない。
このドラマは一体何を見せたくて作ってるんだろう?とそればかり考えてしまいます。
「こんなに豪華な俳優出てるよ!」というところ?
「ドラマの制作ってこんなに大変だって知ってほしい!」なのかな?
結局、吉丸圭佑がおもしろいものを書けて初めて大団円という流れが想像できるのがつらい。
だって多分連ドラをなんとか書き上げれば「よくやった」ってことでテレビマンに認められていく。でもハラスメント的テレビ業界は変わらない。いい脚本家待ち。俳優を立てることで忙しいから?
もしかして裏メッセージとして、「脚本家って今脚光浴びてるけど、現場ではこんなに人権ないよ。リアルの制作裏側見せちゃうよ」というプチ告発があのドラマのテーマだろうか・・来週そういう目で見てみようかな。
30分番組なので、頑張って見届けようと思う。
いい歳になってもまだ、ドラマに熱い思い入れ持って見てる。
ドラマ、好きなんですよ…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。