2021.3.11

東日本大震災から10年経ったのですね。

驚くくらい変わってないこともあれば、ものすごいスピードで変化したこともある。
あれから私は地震の夢を頻繁に見るようになり、夢ではリアルに緊急地震速報が鳴ったり、本当に揺れていたりする。
そしていつも震度10。
ついにこんな日が来てしまったと夢で絶望しています。
普通にTV見てても、緊急地震速報の赤い表示と恐怖音を自分の頭で鳴らしてしまう。
震災のトラウマと言えるでしょうかね。

あの日は夕方出勤の日で、北千住で近く開催される合コン用の服を買おうとしていた。
ルミネのDo!familyでガーリィな服を手に取ってたそのとき揺れが起きました。
立ってるときって揺れに気付きにくいものだけど、あんなに体が引っ張られるような揺れは初めてです。
マネキンはばたばた倒れ、目の前の人は泣き出す。
館内放送で「東北が震源」と知る。
その後、タクシーに乗りつつ建設中のスカイツリーに目をやる。
道路は大渋滞。新宿ルミネの前は人波で東京マラソンのようでした。
コンビニで充電器を買えたのはラッキーだった。

職場ではみんな帰れず宿泊決定。
私はあのころ正社員で、新人から中堅に移行しつつある段階。
ベテラン先輩方が仕事の進め方を練ってくれて、それがどんなにプレッシャーのかかることかあのときよくわかってなかった。
震災でテンションが高ぶって、都合よく新人に後退したような自分を今でも反省しています。
先輩は翌朝泣いていた。

原子炉建屋も爆発し、いろんなことが揺さぶられたあの時期は、誰もかれもがひたむきだった気がします。
寝てない枝野さん。本音が出るNHKの記者やキャスターに各種専門家。
混乱が何ヶ月も続きましたね。
絆が強調された10年でもありました。
私個人としては時に和に反発もした10年。

 

さて、まついなつき先生のコラム集を買いました。


まついなつき著 トナカイお店日記。


まついなつき著 タロットコラム56

まつい先生がお一人で更新されていたウラナイ・トナカイのお店日記と、中野トナカイに置いてあったチラシ内のコラムがこのほど書籍化されました。

まつい先生の文章というのは、しょっぱなからぐっと心つかまれます。
しかもマニアックさが楽しい。
双子座の話で有吉弘行さんと神聖かまってちゃん・の子を取り上げたりとか、まつい先生の思う声優四天王とか、わかる方には楽しいでしょうね。

まつい先生や松村潔先生の本を読むと、社会や人間関係を自分と切り離しちゃいけないと、いつも警告されるようなドキッとした感じがあります。お二人が水星座だからでしょうか(まつい先生蟹、松村先生魚)。
この10年、この際だから孤独度を鍛えようと、調和に背を向けようとしたことが何度もありました。
そういうタイミングで不思議とまつい先生や松村先生の言葉に触れたりします。
まだ読み始めたばかりですが、「トナカイお店日記」はボリュームがすごいのでまた興奮が湧き上がりそうです。

 

震災後に計画されていた合コンがどうなったのか記憶にありません。
当初の予定が流れても、同じメンバーでセッティングされた気もする。
でもどこのどんな人が来たかは不明。
「震災のときどうしてましたか?」という話が中心で、好意どころじゃなかったような。
でも合コン用の服は買ったんですよ。アナトリエでアナトリエっぽくないボーダーワンピース。
それをTV局員との飲み会で着ていった写真が最近出てきましたが、びっっくりするくらい地味だった私。
あのころ飲み会に太いパンツをはいていくとか、パーカでもおしゃれとか、まだそういう時代じゃなかったですよ。
だからって紺とグレーのボーダーという暗さでなぜ張り切って臨んだのか。
「こいつ仕事早い」と評価されてた眉細の若い男性より、ぼろぼろに疲れ切ってたスウェットTV局員のことがしばらく忘れられなかった2011年。確か牡牛座。
でも疲れすぎてて何かを楽しむ余裕もなさそうな人でしたね。「これ飲んだら仕事戻らなくちゃ…」とうつろな目で言っていた。そこに惹かれたんだけど展開ゼロでした。あの人、偉くなったかな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。