SONGS岡村ちゃん

もう1週間たっちゃいましたが、先週のSONGS岡村靖幸特集は最高でした!


SONGS HPより

しかもテーマが「妄想結婚式」
なんでだっての!!!

そりゃ岡村ちゃんは長年「結婚」についていろんな人にインタビューをしてきて、その本を2冊も出してる。
今でも結婚にまつわる話を各対談相手から引き出す、それはもはや「ライフワーク」と言う。
しかし今回、NHK×結婚とはまたすごい…。
「岡村ちゃんといえば結婚」というマイナー認知がマイナーじゃないかも?とか思ってしまった。
ありがたいです…(岡村ちゃんの口癖)
「岡村ちゃん」を30分めいっぱい楽しめたSONGS。

岡村ちゃんといえば「手」のバリエーションがめちゃ豊富です。

これが静止画なのが悔しい。なんとも軽やかな動きだった…

岡村ちゃんは歌ってない時も指の先までアーティストなのです。

ってか本当に青山のチャペルでロケしてた。
食事の試食もしてたし、さすがNHKです。

神妙な面持ちの一方ですんごい複雑組み。

ファンとしてはこの表情とこの手でもうお腹いっぱいなのですが…

さらなる柔軟性で萌えさせてくれる。さすがサービス精神ピカイチの岡村ちゃんです。

そして最大の謎発言にぶち当たりました。

ルパン三世みたいな人生?
俺みたいにずーっと…?

女性のハートを盗んでいる男、まぁそうでしょうねと思うものの、自分をルパン三世に例えた人を初めて見ました。

それとも峰不二子みたいないい女とくっつきそうでくっつかない主義みたいな実は生き方とか?
アルバム「操」はちょっとそんな感じでしたけどね、深掘りすればするほどハートにひびが入りそう。
岡村ちゃんはちょいちょい「本当はリア充では?」という疑惑を残す言葉を放つのです。

 

ここまででも最高でしたが、ここからが本番。
司会が小田切アナ。豪華!!

花嫁がボカされてる(笑)

緊張してる!?
それとも緊張してるふうのサービス精神か…

誰ともわからぬこの2ショットに嫉妬心もないのは、どこか新婦の父親っぽいからだろうか。

この後ろ姿を見て、岡村ちゃんはやっぱ結婚式とか挙げないだろなぁと思ってしまったた。
こういう後ろ姿を仕上げてくる女性と結婚しなさそうというか。
「結婚は渇望してないんです」「より豊かになるだろうなぁ〜とは思うけど」
という突き放したセリフからも、いわゆる普通の結婚・結婚式はしないんじゃないのかなと。
もちろんファンの期待コミでそう思ってみますけどね。
長年「結婚」へのインタビューを続けてきた岡村ちゃんは、なのになんでいまだに結婚と結びつかない存在なんだろね。
余裕のよっちゃんで笑って見れたのは、違和感たっぷりだったからかもです。

 

またこの肩幅がいいですね。
「愛の不時着」で、リ中隊長の背中を「太平洋のように広い…」と北朝鮮主婦がうっとりと評してましたが、岡村ちゃんだって負けてないと思ったよ。

だけどユーミンによれば、悪役のチョ・チョルガン少佐に似てるという。
それは確かにそうです。

これ、オ・マンスクさんの若い頃。やっぱ激似!

「誰かに似てる?オ・マンスク」より

 

あぁ…岡村ちゃんのこんな笑顔をTVで見られるというのはなんとも幸せなことです。

ユーミンは祝辞で「ナース婚じゃないのですね」とも言ってましたが、岡村ちゃんはきょとんと「ナース婚ってなんですかね?」と。
小田切アナも「看護師の方との結婚ではなかったということですね?」とフォローしてくれてた。丁寧!
その後のユーミンとのラジオによると、ナース婚とは介護前提で「なんでもしてあげる!」というファンと結婚することだそう。
「それはいくらなんでもないですよ〜」と強く否定してた岡村ちゃんでした。
介護前提結婚というのはないそうです。

ライブもかっこよかったし、生ライブ見てるみたいに岡村ちゃんの高まりが伝わりました。
あの「目が合った!」というライブ会場での胸キュンをTVのこちら側でも感じたなんて。
そう、ライブはもちろんのことコロナで飛んでしまったのです。
だからなおさら嬉しかった今回のSONGS。
いやぁ、なんでNHKも岡村ちゃんの見せ方よく知ってるんだろう?


(SONGS岡村靖幸特集より)

私、本来飽きっぽいんですけどね。
なんだかんだミュージシャンへの思いも移ろいがちで。
しかし岡村ちゃんに関してはもう8年ですよ。
ライブはもちろん、雑誌やラジオを欠かさずチェックして、そのたびまんまと幸福感。
岡村ちゃんに関してはそういう人が膨大なはずと勝手に思ってる。
やっぱ独身だからかな。岡村ちゃんが。私もだからだな、未婚。

昨日岡村ちゃんの夢まで見た。久々に!
それがまた…
私の知り合いと岡村ちゃんの知り合いがトイレ行ってる間、待ってる私たちは席がごく近いことに気づく。
「おや?」と、赤ワイン色のシャツ着た岡村ちゃんはほろ酔いで、「互いのツレが帰ってくるまで飲んで待ってましょう」ということに。
あーこれ、ハリウッドのラブコメでありそうな設定じゃないのかな。
話弾んじゃってるよ、どうしよ?うまくいきすぎ!と夢でも思ってる私。
しかししゃべってるうちに、岡村ちゃんは本当に自分が大好きなんだとわかる。
ま、そうだよね〜と夢でも悟る私でした。
なんだったんだろな。

ちなみに岡村ちゃん関連の夢で一番素晴らしかったのは、お姫様抱っこされながら壇上に上がるという。
背中に回った手がリアルだったのに、ちくしょー…!
しかも「見てる人が少なかったからもう1周しよう」と、夢でも注目されたい岡村ちゃん。夢でも都合よすぎの妄想描ける私。

ライブがない分、煮詰まってた想いを存分に表せました。
思い浮かべるだけで楽しい人よ!!

 

この曲が好きなのはもちろんだけど、この献身さと全力感、溢れるエンターテイナー精神に胸打たれるわけで、これはもう大事な知り合いを思ってるのと一緒と思う。一方通行の知り合い。だから長い愛情を抱けるんだな。うん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。