ゆめぼしノート
ひらりと姉妹とアドバイス

「あんた、肝心な時に三枚目やると一生モテないよ」

 

さっき見てた朝ドラ「ひらり」でのセリフ。
ひらりの姉・みのりが同僚女性から言われる。
一生結婚できないよ、だったかうろ覚えだけど、こんなグサっとアドバイスはあのころ(90年代前半)よく飛び交ってた。
今、友達に言えやしない。
でも言える関係性に憧れはある。

 

ひらりは20歳、姉のみのりは25歳。
みのりのWikipediaを見ると、「適齢期を過ぎても良縁の気配がないことを気にしている」と!
25歳で「過ぎてる」って時代性が恐ろしいですが、確かにみのりは気にしている。
私は結婚できるんだろうか…とウジウジしてた矢先、近所に越してきた医者=竜太(渡辺いっけい)と知り合う。みのりにとってそれは運命的なこと。

一気に恋心が燃え上がるも、ひらりのほうがもっと親しそう。
竜太先生は近所の相撲部屋との関わりが強くなり、それは相撲好きのひらりの後押しもある。
みのりは、ひらりに先越されそうな気持ちになり、同僚2人にいつも恋の悩みを聞いてもらう。

この同僚がまた無責任なアドバイスでけしかけるんだまた。

「妹から取っちゃいなさいよ」
「早く誘いなさいよ」
「医者なんて、あんたいいじゃな〜い」

「そ、そうよね、うん…!」

とにかく行動!と決心するみのりだけど、なんか空回りしがち。
しかも、竜太先生とたまたま食事ができたりして手応え抱いた矢先、ひらりのほうがもっと距離が近づいてることを知ったり。
最初あんなに「嫌い嫌い」と言ってたのに、仕事のことで泣いてしまったひらりを優しく慰めてくれたんだってさ…
ひらりがまた鈍感中の鈍感天然女子!

 

みのり役の鍵本景子さんが魅力的です。
ザ・長女という感じが見てて楽しい。
私は末っ子だけど、みのりの不器用さもどこか自分みたいで、ずっと見ていたくなる。

NHKアーカイブスより)

服と座り方が姉・妹の違いを浮き彫りにしてますよね。

慰められて以降ひらりは竜太先生への恋を自覚して、姉の恋心など知らないひらりは、みのりにそれを打ち明ける。
2人の距離が近づいていることを察知してきたみのりは何度も諦めようとするんだけど、ひらりがまた天然気分屋女子で、「大嫌いになっちゃった!」とかコロコロ気持ちが変わるやつ!

「あんたには、合わないと思うわ…」

とかまた不器用なアドバイス・姉!

と、そこでひらり、「けどさぁ〜いいとこもあんのよねぇぇ」とか即前言撤回。

「決めた!あした先生をご飯に誘ってみる!」

そうしてみのりの心をまた揺さぶる・・
ひらりってやつは、反対されると俄然燃え立つタイプ。
でも女同士って大体どっちかそんなタイプで、「じゃあなぜ私に相談した!??」とイラつくほど最初から心が決まってんですよね。
女同士アドバイスあるある。

 

ここでまたみのりが同僚に相談。

「妹さんがご飯誘う前に先に誘っちゃうのよ!」

とかまたトンデモアドバイス。

「う、うん、やってみる…!」

 

って、みのりの主体性!!!

強い意見に振り回されてばっかだけど、本当は事態がどうなっていくか・自分はどうすべきかわかってる。
でも妹の恋路をただ見守って25歳を生きたくない。
結婚したいみのりにとっても、引くわけにはいかない正念場。
頑張れみのり!!!

 

と、応援したところでストーリーは決まってる。

それに、なぜみのりの恋がうまくいかないのか、ちょっと感じられる。
周りに振り回されすぎですね!!

同僚からの「〇〇したほうがいい・しないほうがいい」
竜太先生の「俺は気が利く女が好き・けど言いなりになる女は嫌い」

みのりはまんまと「気が利くけど言いなりにはならない女…っと」とメモしたりする。
まじめ不器用か!

ひらりが竜太先生から「俺は一回りくらい年上のほうが話してて楽しい。20歳そこそこにいい女なんていない」と言われてみのりにぶーたれれば、みのりは「勝算ありかも…?」と少し目が輝く。
いや、そうじゃなく…!

 

最近、アドラー の本を読み返しましたが、きょうだい関係と性格の関連性はやはり興味深いです。
姉・兄は下から追いつき・追い越される危機感を抱きながら育つところがあり、「どうすれば愛されるか?」と、「親の望むいい子」になろうとする。
妹・弟は、長子に追いつくことを原動力として育つところがあり、また親からの注目を得るために長子とはまったく違う行動パターンをとってみたりする。

ちなみに一人っ子は「親の愛を独り占めできる」というイメージからわがままに育ったと思われがちだけど、「いつか下の子が産まれたら立場が脅かされるんじゃないか?」という潜在的な不安を抱えやすいそうです。
また、きょうだいという直接的な発散相手がいないので、何かあってもひとりで抱え込みやすい人もいるようで。そこからイメージされる孤独な世界観はわかる気がします。

 

妹・弟が、姉・兄のやり方を吸収しつつオリジナリティーでもって人生を切り開くのであれば、長子のアドバイスを100%聞こうとは思わないでしょうね。
しかし長子は親の言うことを100%と言わなくても9割受け入れようとするでしょうか。
親の期待に応えようとするというか。人生のある時期までとは思うけど。

 

しかし、ひらり見てても思うけど、姉や周りのアドバイスに一度は必ず反発したかと思えば、「やっぱりお姉ちゃんの言うとおりよ…」とかシュンとしたりするんですよ。
私にも大いに心当たりあること。
こういう手のひら返しする自由さというか気まぐれさが、長子からすると信用ならねぇんだろうなって。
末っ子からすると、「素直な私、いいでしょ?」とドヤ顔なんだけど(それもまた気に障るはず)

でも長子の素晴らしいとこといえば、それでも下のきょうだいを見捨てないとこ。
なんかしら・ウザがられても世話を焼こうとしてくれる。
むしろ妹・弟が手を振り払って逃げるんですよね。

 

このあと、みのりも竜太先生が好きなんだと、ひらりは知ることになるんだっけ。
そしたらみのりは「あんたのために引いたんだから」とか言うんじゃないかしら・・
で、ひらりは「あたしのためとかやめてよ!」と怒るとか?
それとも母親だけはみのりの異変に気付き、天然ひらりに知られることなく恋を終わらせるのか・・
すっかり忘れましたが、「あんたのために」というのもまた長子っぽいです。
末っ子はつい「誰も頼んでない」とか言いいますが、それ一番逆鱗に触れるやつですね。
「あんたのために・誰かのために」という挫折や恐怖が強すぎて、無能の道に入る人もいる。
「何もしない」というストライキ。
これは自分の身内の話でもある。

 

私は9割女性の職場で長いこと働いてきましたが女性内のバランスを取ることが本当に大変でした。
女性ならではの優しさ・思いやりに救われたのも確かだけど、「素直な末っ子」の一面だけで生きられるわけもなく、「反逆末っ子」の面はどうしても出てしまう。
めちゃアドバイスしたがる人って必ず必ず!いて、私にも積極的に受け入れたい素直さは確かにあるんだけど、結局違うやり方を選んだりする。
そんでビクビクして、人を不愉快にさせたかも…とか思いを巡らせるのがストレスだった。

そもそも誰にも嫌われず生きるなんてできない、というのがひらりにも通じる末っ子の言い分ですが、私の目に映る長子・特に姉さんたちは「360度いい人」「厳しくても説得力ある人」「信頼ある人」をやり通せたりする。それが「あるべき模範」みたいになったりするのも本当嫌だった。

もし社内にもっと男性がいたら…
ってか共学時代とかは、そういうしっかりした人もいいし、ルーズな人も全然いいよね、という男性の広い受け皿に救われてた。
けど女性9割になると長女性ルールがすごく厳格になる。ルーズな人への厳罰化みたいのが着々と築かれて、そこから外れてはいけないというプレッシャーがすごい。

ただ、この感じ方は私の姉妹パターンゆえとは思う。私にとって「長子・長女」というのは特別なのです。
怖い・甘えたい・信頼感・反逆の対象・怖い。
家族内でいろんなドラマがあってですね、そろそろ塗り替えようとしています。

 

「ひらり」は姉妹の母役・伊東ゆかりさんも素敵です。
娘たちが成人して、子育てにときめきがなくなった。
夫婦生活にもとうにときめきがなくなり、それを聞いた夫・伊武雅刀さんは「俺と結婚したばかりに悪かったな」と皮肉まじりに言う。
そういうんじゃないのよ…と言う伊東さんはかつての恋人と再会して(綿引勝彦さん)、さてときめきが蘇るんでしょうか。あのころの専業主婦はまたどうやって人生に折り合いをつけるんだっけ。

相撲部屋の親方・伊東四朗さんを心から信じて尽くしまくる池内淳子さんも素敵なんですよね〜。
その池内おかみに片思いするのがなんと実家暮らしの石倉三郎さん。
父親の花沢徳衛さんとべらんめぇ口調で蕎麦すすってるのも楽しい。
あれこれ斬新な設定。
毎日録画しています。

 

 

インド映画「RRR」

話題の「RRR」を観てきました。

知ってる人からすると「まだやってんだ!」という感じと思う。
去年の秋から上映が始まったんでしたっけ?
年をまたぐというのはロングランということで、もしかしたらぎりぎり2月いっぱいどこかしらで観れるんじゃないでしょうか。
少しでも迷ってるなら、観た方がいい!!

 

映画のポスター映像でも貼り付けようかと思ったけど、なんの情報も入れない方がいいかもしれない。
映像も予告動画も、私は視覚的な情報を持たずに臨んだ。
RRRはすごい!という評判はうっすら耳に入ってたけど、背中が押されたのはふかわさんがSpotifyラジオで興奮を語ってたから。
そして、ちょうど友人も気にかかってたようで一緒に行ってきました。

映画の余韻が3日は冷めやらず…でしたがそろそろ記憶が薄れかかってきた。
なので、感動とインパクトをシンプルに綴ってみます。

 

・まず映画の始まりの音楽がすごい

日本やっぱかなわねぇと思った。
かっこよすぎるサウンドは民族性の違いなんだろうか。

 

・最初は重い、が、しかし・・・

重さの部分は、歴史の説明パートに当たります。
そっかそっか、インドってイギリスの植民地だったっけね…と。
しかし風景が変わって、そこから「え?え?えーーーー・・・」の連続。

 

・このあと1分おきにツッコミたくなる衝動

いやいや…なんでだっつぅの…いやいやいや…えーー?

劇場は満員だったけど、笑い声はあまりなくて私も肩を揺らしながら声出しは我慢。
たぶんあれこれが衝撃すぎて、ここ笑っていいとこ??と、みんな戸惑ってたんじゃないだろか。

 

・ラーマとビームの出会い(インド人って目がいいな!)

ビームは本名で、しばらく「アクタル」と名乗ってました。
私はこれがなかなか覚えられず、少しだけラーマとビームの顔の見分けに迷った。
この映画はこの2人のストーリーなんだ!とわかるシーンがありますが、とにかく目がよすぎますね。
視力ハンパないおかげで運命が結ばれた。
しかしハンパないのは視力だけじゃない。
体力・運動神経・精神力・生命力・・・・

 

・愛にあふれすぎてる

ラーマの笑顔がなんて優しいんでしょう。
ビームのまなこはなんて愛くるしいんでしょう。
2人の視力もそうですが、単純に「目」に惹きつけられました。

 

・インド映画といえばダンス

私は初インド映画ですが、めちゃ楽しい時間でした。
すげー長い時間踊ってましたね。あの体力も伏線と言えるでしょうか。

 

・獣たち!!!!!

いやぁ〜笑った。
でもここ、人それぞれの感情があふれると思う。

 

・グロさレベル

私は極度のグロ苦手者ですが、ぎりぎり耐えられるグロでした。
「パラサイト」や「ジョーカー」よりグロくないのでは?
(この2つの映画、私は目を閉じ続けたシーンがあった)
ただ、感情移入とか同化しようとするとつらくなるので(痛そうなシーンが多い)、とにかく2人の生命力を信じられれば大丈夫と思います。
映画館の音響的にはそこまでグロ音じゃなかったです。

 

・女性が美しい

なんたってシータの美しさですが、ジェニーも素敵でした。
エンディングでシータが踊ってた姿には拝みたくなりました。

 

・愛は運命をつなぐ

運命的なあれこれが盛りだくさんですが、「愛」ってやっぱあれだけの奇跡を起こすのかもしれないとマジで感じた。

 

・残酷さ

大英帝国の残酷さをこれでもかと描いてますね。
歴史に関心も湧きました。

 

・感動しすぎていろんな疑問が募る

どうやってこんなの製作できたんだろう?
この2人は一体どういう役者だろう?
製作者の意図ってどんな感じだろう?

ここってやっぱ笑わせようとしてんの?してないの?って、頭に「???」がずっと湧きつつも笑っちゃうシーンが多かったです。
いちいち聞きたい。ここ笑わせポイント?それとも純粋に作ったらこうなった?

 

・連続奇跡の中のリアルな細かさが嬉しい

私が好きだったのは、ビームがラーマを肩車し続けてたとき、「よいしょ」って最適ポジションに戻したとこ。いや、リュックじゃないんだから(笑)
あとホースから大量の水が噴出されるときの、蛇みたいに暴れるホースとか。
いちいち薬草をすりつぶす丁寧さとかも好きでしたね。

「愛の不時着」もありえないことが盛りだくさんでしたが、「この人ならやってくれそう」と思える説得力が「RRR」にもありました。
観てるこっち側としてはただただ衝撃を受けまくってましたが、実は丁寧にストーリーが描かれてて、いつの間にかこちら側に納得感が積もってたんだと思う。
知らずに積もってた!という理解力は自分のものなのに、ギフトにすら思った。
丁寧さありがとう!とラージャマハリ監督に礼を言いたいです。

 

・ラーマとビーム、あなたならどっち?

愚問かもだけど、私はやっぱラーマめちゃかっこいいと思った。
最後の方とか美しくてため息出ちゃいましたね。
ただ、あのラーマの魅力やパワーを引き出してるのは間違いなくビームなんですよ。
そう思うと、ビーム生まれてくれてありがとう、とすら思う。
ビームの上目遣いとか動揺の怯えが愛らしすぎます。
動揺するくせにめちゃ強いんですよ(笑)

 

なんたって1分おきにツッコミたくなる映画だったので、興奮ポイントはもっとあったはずなのですが、やっぱり記憶は薄れていくもんです。
友達とは席が離れてて、タイムリーに笑い合えなかったのもちょっと残念。
でももし隣だったら、結構笑い声上げてたかも。
そしたらうるさい客だったかもしれない。
ってくらい、みんな笑うのをためらってたように感じたんですよね。
音楽がとにかくかっこいいので(歌詞がまた素晴らしい)、今から観れるなら映画館をお勧めします。
楽観的な国民性っていいなぁ、、と思ってインド旅行情報とか調べてみたら、「100%下痢する」という口コミを見たりしてすぐさまくじかれた。
・・とかなんとか薄っぺらい感想しか綴れませんが、とにかく楽しかった・愛を感じた、それに尽きます。

 

 

蟹と山羊もかなり最強説

水瓶座最強説」へのアクセスはいつもダントツでトップです。

最強と言ってるだけあって華やかな方の名が連なってるので、検索流入が起きやすいのかもしれません。

 

水瓶座の人気者が次から次へと生み出される芸能界。
芸能界だけじゃなくスポーツ界にもスターが出てきてますよ。
村神様とか八村塁選手とかね。

しかしスポーツ界のスターと言ったらなんたって大谷翔平選手でしょう。
大谷選手蟹座。
スポーツ界のみならず将棋界のスター・藤井聡太五冠も蟹座。
子役界のスター・芦田愛菜ちゃんも蟹座。
ほか蟹座といえばお笑い界のモンスター・明石家さんまさん。
脚本界のスター・三谷幸喜さん、宮藤官九郎さん、中園ミホさん蟹座。
俳優部門だと、吉高由里子さんは出るドラマがいつもヒットする印象。
田中圭さんと谷原章介さんをお見かけしない日がない。
キスマイの藤ヶ谷さんはポスト中居さんと目されてるんでしたっけ?

「蟹座最強説」も堂々唱えたいんですよ。

蟹座の人気者を連ねてみます。
ただし蟹座の人気者は膨大すぎるので、個人的なピックアップです。(五十音順)

明石家さんま、芦田愛菜、阿部寛、井川遥、石橋静河、内村光良、大竹しのぶ、大谷翔平、岡村隆史、賀来賢人、カズレーザー、夏帆、草彅剛、宮藤官九郎、郡司恭子、坂口健太郎、清水依与吏(back number)、田中圭、谷原章介、中尾明慶、中森明菜、のん、濱田岳、平手友梨奈、広末涼子、藤井フミヤ、藤ヶ谷太輔、細野晴臣、本田翼、町田啓太、松本隆、MISIA、三谷幸喜、優香、吉高由里子、六角精児

蟹座って「ザ・タレント」という感じもします。器用というか才能に溢れてるし、見てて楽しくなる人たち。
頂点がたとえ十数年前としても、そのころの感動をずっと抱えながら応援したくなるような魅力があります。

 

蟹座と対向の山羊座もかなり最強ですよ。

特にミュージシャンに大物が多い。
松任谷由実、宇多田ヒカル、坂本龍一。
また、アニメ界の大御所・宮崎駿。
小説界のカリスマ・村上春樹。
あと個人的に敬愛する脚本家・倉本聰さんも山羊座。
深津絵里さんが朝ドラに出る!という衝撃と歓喜は90年代ドラマ好きの間に広がったはず。
ある意味「最強」と言える方達です。

山羊座の人気者をピックアップしてみます。

相葉雅紀、赤江珠緒、石原さとみ、井上真央、イモトアヤコ、宇多田ヒカル、江口洋介、小栗旬、小池徹平、坂本龍一、笑福亭鶴瓶、竹野内豊、寺島しのぶ、堂本光一、中谷美紀、中村倫也、橋本愛、ビートたけし、深津絵里、蛍原徹、松任谷由実、宮崎駿、山口百恵、吉岡里帆

山羊座には言い知れぬ安心感がありますね。
その確かさが滲み出るまでの長い道のりがあることも感じられる。
小栗旬さんとかやっと大河の主役!という感慨があります。

こちらも参照してみてください。

作家の星・12星座別

ミュージシャン大並列

大女優並列

 

水瓶座が「今!注目!」「次から次へと」というスタ誕的な最強性があるのに比して蟹も山羊も「今!」という感じじゃないんですよね。
山羊大御所の方達は特に「君臨」という言葉が似合う偉大性があるというか。
偉大性最強=山羊という感じでしょうか。
あとは長いこと苦労人だけど、一度果実が実ったら毎年実りの恩恵がもたらされるような。

蟹座は小動物みたいな愛でられる愛らしさ。
アイドル性最強=蟹という感じでしょうか。
ただ、なんたって浮き沈みが激しい印象も否めない。
好き嫌いが分かれますよね。クドカン作の「いだてん」とか、感動評判とは裏腹に視聴率が歴代ワーストという極端さ。
人気最絶頂で消えたり休んだりするスターもいますね。
そういう不安定さも蟹座の魅力とは言えるけど。
明菜のことを今でも気にかけてる人がどれだけいるでしょう・・

 

私は蟹座って「お米」みたいな存在感かなと思う。
やっぱ米でしょう!と急にお椀と箸持っていきり立ちたくなる感じ。
明太子みたいなアクセントがあったら「一生米でいい!」とか刹那な宣言しちゃうような、強力な惹きつけ力がある蟹座。

山羊座は「お茶」でしょうね。
人は日々なんらかの茶を摂取してる。それが主にペットボトルだとしても。
お寿司食べた後とか緑茶飲んで「沁みる〜」とかいうあの日本人感。
実家で茶筒から茶葉でお茶いれたときの・やかんから煮出した麦茶飲んだときの、「しぶ〜」とか言いながら堪能するその旨味っぽい山羊座。

獅子ー水瓶はパンやラーメン、新ジュースという感じ。
新しさとか「いつもと違うこと」が楽しい。

だから獅子ー水瓶は「エンターテイメントライン」とも言える華やかさがあるとして、蟹ー山羊ラインは「JAPANライン」と思うんですよ。
最強性が漂うそのゆえんは「癒やしとなじみ」じゃないのかなと。
あと周囲と共感でもって調和させるとこもありますね。
「見た?」「見た見た〜」
「聴いてる?」「聴いてる〜」みたいな。

 

獅子と水瓶もまたちょっと違って、獅子が顔に「スター」と書いてある人として、水瓶座はマジックか絵筆を手に持って、どこにでも「スター」でもなんでも自在に描けるセンスがある人。
獅子はそれだけ華やかだけどコミカルさも存分にあって、水瓶座は時に「わかんねぇ」と人に思わせたりもするトリッキーさ。だからこそかっこいい。
うまいんだかまずいんだかわからない炭酸ジュースという感じもします。
メローイエローとか獅子ー水瓶っぽい。知ってますか?メローイエロー。
蟹座はアンバサって感じしますね。

 

モテなら射手ー双子が最強と思うし、乙女ー魚は萌え最強でしょうか。
牡牛ー蠍は飽きない説得力最強という感じだし、牡羊ー天秤は人柄最強というのが最近のイメージです。

 

 

↓↓私の獅子ー水瓶のイメージ

サンプル百貨店より)

 

↓↓蟹っぽいアンバサ

aucfanより)