Menu

水瓶座最強説

0 Comments

これまで「水瓶座問題」という記事を2回書いて、それでもどんどん目立ってくる太陽水瓶座の方たち。

水瓶座に何か光が当たる運勢?と思ってみたのですが、水瓶座ってすごく芸能界に向いてるんじゃないだろうか、つまり「水瓶座最強説」という仮定を据えてみたくなりました。

いや、「最強」って実はいろいろなんですけどね。

お茶の間・アイドル・庶民浸透感ということならば蟹ー山羊ラインが最強かもしれません。
(濱田岳、平手友梨奈、石原さとみ)

映画ーコミカルドラマ最強ならば双子ー射手ライン
(広瀬すず、瑛太)

牡牛ー蠍ラインは、連続出演安定感最強でしょうか。
(阿部サダヲ、神木隆之介、菜々緒)

乙女ー魚ラインは、憑依系かダーク系の最強傷心共感俳優。
(山崎賢人、志尊淳、菅田将暉)

牡羊ー天秤は、アンチいないんじゃないかと思うほどの最強ポジションキープ度。
(綾瀬はるか、石田ゆり子)

 

あえて「水瓶座最強」と言ってみたくなるのは、地球星座獅子的に派手でドラマチックだからかなと。

獅子ー水瓶はいわばエンターテイナーライン。
太陽水瓶座にとって、「自分主人公!」を発揮できる芸能界はぴったりな場所のはず。
いかんなく発揮された方は、まさにスターにもなれる。

じゃぁ、太陽獅子座の方は?というと、やはり華やかな芸能界が適してるのでしょうけどね。

でも「自分主人公!」というよりかは、「他のバンドメンバーもよろしくね」とでもいうような、ドラマの役にしても水瓶座的に「仲間の中の自分」という役、または主役を引き立てるポジションのほうが光るんじゃないかと思うのです。

最近注目されてる方とすでに最強の方々、思い出せる範囲で並べてみます。
(敬称略)

 

太陽水瓶座

綾野剛、有村架純、大槻ケンヂ、川栄李奈、上白石萌音、桐谷健太、小泉今日子、小松菜奈、佐々木希、清水ミチコ、大地真央、多部未華子、出川哲朗、土屋太鳳、中条あやみ、橋本環奈、福山雅治、星野源、松岡茉優、向井理、村上信五、ムロツヨシ、吉田羊

水瓶座の方をこうやって書き連ねるだけでも楽しい。
それくらい水瓶座の人気者が続々登場してきてると思うし、すでに圧倒的な個性の人気者もいる。

例えば小松菜奈さんとか、「誰この子?」という登場の仕方でしたが、太陽水瓶座はそれでこそよい。
獅子座的にいきなり前に出て新人感吹き飛ばす「上から感」は、太陽水瓶座にこそ許されるムードじゃないかなぁ。

橋本環奈さんは、「ぐるナイ」に出てからすごくよい!と思います。
そう、太陽水瓶座はお笑いにも適している。
橋本さんのコミカルなとこが、いかんなく発揮されてると感じます。

あと松岡茉優さんや吉田羊さん、ムロツヨシさんのような「一人あたし劇場」も地球星座獅子的。
「はぁ??」っていう個性キツめな主役がお似合いです。

キョンキョンは気だるいヤンキーが本当に上手い。

太陽水瓶座はどうしたってヘンなのです。隠したって出てしまう。
でもなぜか、空気読まずに…というかスベること恐れずに大観衆の前で可笑しいことしてこそ人気者になれるよう。

清水ミチコさんはそれで地位を確立された方。
大地真央さんは、今のドラマ、越路吹雪役がお美しいです。
それに越路吹雪さんも水瓶座の方でした。

福山雅治さんや星野源さんも「実はちょっとヘン」をお持ちだけど、だからこそ堂々とステージに立たれる姿がかっこいい。
ステージの中央が本当によく似合う方たちです。

例えばオダギリジョーさんも水瓶座ですが、どうもいつまでも水瓶的すぎるんだよな…ってよく思うこと。
「斜に構えた変わり者」じゃあまりにも水瓶的なのです。
綾野剛さんもそっち方面行くかな…?と思いましたが、ドコモのCMのコミカルさで、すごくバランスとれてるように思います。

 

太陽獅子座

蒼井優、ロバート秋山、近江友里恵、門脇麦、北川景子、勝地涼、木南晴夏、工藤阿須加、窪田正孝、黒柳徹子、斎藤工、柴咲コウ、白石麻衣、タモリ、ディーン・フジオカ、友近、橋本マナミ、浜野謙太、ふかわりょう、ブルゾンちえみ、米倉涼子、渡辺大知

近江ちゃんはブラタモリのアシスタントで、こんどあさイチのMCに大抜擢ということで。

タモリさんも獅子座ですが、近江ちゃんは当然「あたし!」なんて前に出ない。
それでいて賢さをほんのちょろっと時々出す。
それがたまらないです(笑)
近江ちゃんに注目した人は、そういう水瓶的アカデミックなところに目を留めたはずです。

渡辺大知さんをさりげなく最後に入れてみましたが、映画を見てからにわか気になりだした方。
黒猫チェルシーのボーカルです。
「勝手にふるえてろ」の「ニ」役は、それなりに獅子座的に暑苦しかったですが、主役は水瓶座の松岡さんなのです。
渡辺さんは「まれ」にも出られてましたが、仲間の中でも特にユニークな1人。
やはり主役は水瓶座の土屋太鳳ちゃん。
獅子座の門脇麦さんも仲間の1人でした。

木南晴夏さんは、越路吹雪物語で岩谷時子さん役を演じられてました。
越路吹雪を支える役が、すごくすごく温かくて可愛らしかったです。

ふかわさんは、芸人として自分中心でパフォーマンスされてたときより、5時に夢中MCでの盛り立て力のほうが光ってると思うのですよね~。
もちろん、芸人という土台があってこそなのですがね。

また太陽獅子座の方は、プログレスの太陽が、40代半ばくらいの方ならまだ乙女座にあるはずなので、獅子という名のとおり太陽的なものよりかは、ずーっと温度の低いこじらせ感やシニカル目線、傷心演技で光り放つ方が多いです。

友近と清水ミチコさんが、似てるようでいてちょっと違うところを挙げるなら、友近のほうが水谷千重子的に言えば「ジョイント」(笑)コラボが多いんですよね。
清水ミチコさんもコラボあるようですが、「基本1人」が確立されてるように思います。

白石麻衣さんも乃木坂の1人、ブルゾンちえみさんもwith Bがいてこそ…。
斎藤工さんは、輝かしいイケメンっぷりからだんだんキモいというか、ヘンな役が増えてるような。
勝地涼さんもいまだ前髪クネ男と呼ばれるあのインパクト。

ディーン・フジオカさんは、もっと活躍できるポイントがあるように思えてなりません。
地球星座水瓶的を極めるならば、例えば菅田将暉くんあたりとユニットを組むとか、理屈っぽくて奥さんに見限られながらも自治体に支えられる夫役とか、そろそろディーン「様」という役から、ムカついたりダメダメな役への移行を切に願います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。