森高と静香

森高千里さんの前期ベスト盤がやっと届きました


「森高千里 UHQCD THE FIRST BEST SELECTION ’87~’92」

このアルバムに限って言えば「NEW SEASON」「17才」以外すべて森高さんの作詞です。
お父様も音楽をされていたからか、音楽性がもともと備わってた方という感じ。どうりで当時のアイドルと一線を画していたわけです。
声こそ独特だけど、歌も上手いんですよね。
江口洋介さんとの出会いは、泉谷しげるさん主催のチャリティーライブだったそうで。
森高さんドラム、江口さんギターとして同じステージに立ったと。

森高さんのアルバムを聴いてると、「17才」からしばらくは打ち込み電子音スタイルで世の中への不満を投下してましたが、いつの間にか作詞にメッセージ性が込められるようになってきます。
「勉強の歌」がその境っぽいかな。
そのあと「この街」「ファイト!!」「私がオバさんになっても」で中高生も女性も取り込むようなメジャー性を帯びてくる。
「勉強の歌」がまたいい歌!私は打ち込み時代の方が好きかも。

 

同時に買ったのが工藤静香さんのベスト。これはダウンロードです。


「工藤静香ベスト」

思い切り歌えた!という楽しさがありました。1巡目。
しかし2巡目(別の日)、どっと疲れた…。
工藤静香さんの曲は3期の流れがあると感じます。
・おニャン子の逸材ドラマチック期(抱いてくれたらいいのに…・恋一夜)
・中島みゆき期(MUGO ・ん…色っぽい・黄砂に吹かれて・慟哭)
・愛絵理期(Blue Rose・Ice Rain・Blue Velvet)

愛絵理(あえり)とは、工藤静香さんの作詞ペンネームです。
この愛絵理期…自分のマインドとまったく合わなくて疲れてしまった。
つまりヤンキーマインドですね。
曲はどれも美しく歌ってて楽しいのですが、つい歌手の歌い方に寄せてしまいますよね。
静香になろうとして…1ミリもなれる要素がないことに気づいた途端疲れた。
中島みゆき期の曲とちょっと歌い方が違うのです。みゆき期の詞は全然ヤンキーじゃない。みじめさと、声の低さが多くの女の心をつかむはず。
でもたぶん…工藤さんとしたら許せなかったんでしょうね。みじめな恋愛なんかしてねーぞと。
愛絵理期の曲からも苦悩は漂ってますが、みじめさとはちょっと違う。ヤンキーの恋愛とはこうだぞ!というのを華奢に美しく見せてくれる感じ。

この「Ice Rain」(1994年)は、静香盤瑠璃色の地球とも言えそうな壮大さです。
歌い出しにもう、これぞ工藤静香!という感動。
なんか…誰かを彷彿させると思ったらこの1994年、YOSHIKIとの交際宣言がありました。
(木村拓哉さんと結婚したのは2000年)
そう思うと、愛絵理期の華奢でセクシーな曲の数々に合点がいきます。

森高さんもヤンキーだったと思われます。しかも熊本のヤンキー。
工藤さんは羽村市のヤンキー。東京西部のヤンキーも相当強そうです。八王子がなんたって怖いですから。ヒロミとかユーミンとか(ユーミンはヤンキー以上に怖い)
2人とも牡羊座という共通点もある。
そして旦那もヤンキー。江口洋介さんは今でこそエリート社会人役が多いですが、「湘南爆走族」でデビューですからね。

 

 

この2カップルの星を見てみます。

内側が森高さん、外側が江口さん。

結構見事なスクエアっぷりです。
牡羊ー山羊。あと蠍ー水瓶。
でもお二人は月が隣同士というとこから家族相性の良さを感じます。
30度って、教科書的には特にいいとか言われてないと思いますが、安定してるカップルにかなり多く見出されるところです。
この2人も太陽・水星・2人の月ー金星がスクエア。
ま、お二人のスクエアっぽさといえば、森高さんの活動セーブ期間が長かったとこでしょうか。
子育て中も音楽活動されてたとはいえ、10年TVに出てなかったそうです。
本格的に活動を再開されたのは2012年。43歳。火星期ですね。
お二人の火星はセクスタイル。現在は2人とも木星期ですが、同じ乙女座。
私は、この2人は「音楽」でつながってるんじゃないかなと思うのです。
音楽と仕事が好きな2人なんじゃないかなと。それは乙女座部分から感じること。
家でも森高さんがドラムたたいて江口さんがギター弾いて…わからないけど、そういうセッションを楽しんでるイメージがなんとなく湧く。健康的でボーイッシュな2人。
この間、江口さんがバラエティーに出て夫婦円満のコツを話されてたらしいけど、「深入りしないこと」と答えたそうで。
水瓶部分の距離感共通点が利いてそうです。

 

こちらは内側が工藤静香さん、外側が木村拓哉さん。

こちらの2人は見事な150度っぷり。
牡羊太陽ー蠍太陽
牡牛部分ー天秤部分(金星火星)
静香さんの月は蟹か獅子かは不明。蟹だったら月も150度です。

この2人もまた音楽でつながってるように思う。
というか「美」ですね。
牡牛座も天秤座も支配星は金星。
私はこの金星、お二人の美しい娘さんにも思えます。
とにかく金星も火星も「美」の2人なので、生活もこだわりもモチベーションもきっと美が基本。まず家族全員の顔とプロポーションが美しいですから。
150度カップルとはいえ、ちょろっとクロスさせるとオポジションの強い結びつきも表れる。
オポジションは良い相棒でもありますからね。互いに切磋琢磨し合うカップルなんじゃないでしょうか。
でも静香さんの月は蟹っぽい…なんとなく、「夫を立てる」という天性の華奢さはここから来てるようにも思うのです。
獅子座だったらもっと女総長みたいに特攻服とか羽織りそう、ライブとかで。(やってるかもだけど)
でもそっちじゃないというかね。銀座のトップマダム系ですかね。「男を立てる」ことで成功しそうな方。
家事とかもパーティー準備とかも、完璧に手際よくできそうだし。

工藤さんの曲を聴いてたら、中学時代のことを思い出しました。
あのころ、ドラマチックな恋愛はヤンキーにしか許されなかった。超美男子に心奪われても、ヤンキーのあの子も好きだと噂に聞いたら引くしかない。
1年交際が続けば「結婚するらしいよ」という噂が飛び交い、中学卒業後まで続けば「妊娠したらしいよ」という噂が広がる。
そんで街角のスーパーで本当にヤンキー先輩がベビーカー押してたりするんですよ!
一層痩せてるのにやっぱり美しい。その痩せた肩を抱き寄せる夫もどこか誇らしげなジャージ姿。ホットロードの世界…。

工藤さんの歌を歌ってて、「叶わない!」と強く思った。
寄せられないのです。いい女すぎて。
恋愛とドラマチックさがヤンキーのものだった中学時代の原理原則がはっきり呼び起こされた感じ。打ちのめされた。こんな感慨はなかなかないですね。
森高さんは、風貌こそ叶わなさを感じるけど、曲はまっすぐな失恋ものが多い。
そしてカラッと明るいとこと、ベースにちょっと怒りがあるところやシンプルさが私は好きです。

名曲バラード、「雨」

セルフカバーMVでは白チュニック姿。ヤンキー色なし!
「LEE」姉さんという感じです。
工藤静香さんは「LEE」や「リンネル」の表紙になったことってあるのかな。
やっぱそっちじゃないんですよね。
でも「婦人公論」で何か独白するたびに支持を集めそうです。
存在するだけで妻・母としての説得力がすごいですからね。

いよいよ木星期だからでしょうか。私の牡羊木星が、輝ける牡羊スターに目を留めてしまう。
とりわけ昔の森高さんの独自性がかっこよくてしょうがない。
数年前のライブは評判になりましたが、ミッツさんがまさに森高さんのかっこよさを的確に表してる。
「他人事性の凄み」これですよ!さすがミッツさん。この他人事性、森高さんの牡羊×水瓶部分と思う。
→「ミッツマングローブ「森高千里の他人事性の凄み」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。