キーポンシャイニング歌謡祭

昨日、タイトルの「キーポンシャイニング歌謡祭」へ行ってきました。

「あの」水谷千重子芸能活動50周年を記念したイベントです。

なんとNHKホール!

とにかく最高でした。
笑いました。
長いしおもしろいしで、ぐったりするほどでした(笑)

しかもゲストがまた豪華でねぇ~。
このチケットを買ったときは、確かまだそんなに出演者情報出てなかったような…。
「共演者:八 公太郎 倉たけし 六条たかや 春澪」って、誰も知らん…やばいなぁ…と思ってたのですが。。

八 公太郎→バッファロー吾郎A
倉たけし→ロバート秋山
六条たかや→チュートリアル徳井
春澪→雨上がり宮迫

だったのでした!
なんでも、六条さんまでの3人と千重子は、二葉菖仁という師匠のもとで育った「二葉ファミリー」なんだそうで…。
(知らねー)

あと感動ポイントを羅列!
・相川七瀬さんが細くて歌うまくて超可愛かった
・堀内孝雄さんの生センキュー!
・川中美幸さんのほんまもんの演歌堪能&トークがおもしろい!(話しすぎで時間大幅オーバー)
・大友康平さんの生ff(フォルティシモ)!
・六条さん(徳井)のスティングの日本語カバー曲「哀愁のイングリッシュマンインニューヨーク」に涙が出るほど笑った
・まさかの休憩時間挟んでの2部構成!
・松村雄基さんによる「ヒーロー」熱唱
・オネェ演歌歌手、春澪(宮迫)のド迫力の歌声がすごすぎる
・春澪(しゅんれい)ちゃんと千重子の「ロンリーチャップリン」デュエット
・そしてなんたって、スターダストレビュー根本要さんによる「木蘭の涙」に鳥肌・鳥肌!国宝級のお声です!
・サプライズでトシちゃん(田原俊彦)登場!
・アンコールは千重子による「Let it go」熱唱

いや、もちろん千重子の歌唱力にもつかまれました。
オープニングは、中山の美穂ちゃんの「WAKU WAKUさせて」

「uh uh keep on dancing」
のとこを
「キーポンシャイニング」とこぶし付きで替えちゃうとこからもう会場は大揺れです。

あと「365日の紙飛行機」熱唱とかね。
(なんでだって話だけど。)
「あさが来た」千重子バージョンのオープニング映像まで!
ちゃっかり豆腐の舞まで、偽オープニングに入ってました。

だってアンコールに「レリゴー」ですよ。
あの歌い上げが最後にできるってのはもう、もちろんあの歌唱力があるからこそ、大物歌手たちとNHKホールでこんなイベントが叶ったのでしょうね。

あと友近…もとい千重子の芸人としての能力に、もう感動しっぱなしでした。
ものすごいエンターテイメントの場にいることに、ありがたや~という感謝が湧き上がるほどで。

川中美幸さんは、千重子との「幻」のエピソード話にノリノリで、たくさんの無茶ぶりをしてたけど、それをしっかり受け止める千重子のアドリブに、NHKホールはまた大揺れ。
なんたって千重子のデビュー曲「万博ササニシキ」の3番と12番?(←川中美幸さんが千重子先輩に刺激をうけたトコ)あたりを即興アカペラで歌ってくれたのだから…。

NHKホールって、歓声の反響がすごいのですね!
いや、私があんなに大きなホールで何かを観覧したことがなかっただけなのかも。
ドッカン、ドッカンと沸くあの空気に圧倒されました。

春澪ちゃんと千重子の掛け合いもさすがでした。
宮迫さんは、観客を1秒も飽きさせず、「間」の不安さを感じさせずに笑いを繰り出す方。
あと、徳井さんの独特の「間合い」は、宮迫さんと違ってヒヤヒヤするものなんだけど、可笑しさがじんわり浸透してくるセンスをお持ちの方と感じました。

お笑いの頂点に立っているというのは、こういうことなんだ!
もちろんゲストの方みんなトークが上手で。

何が楽しかったって、すべてに貫かれている「ダサさ」なのでした。

「千重子」
と、まるで巨大はんこでも押したかのようなステージ上のマークとか、千重子オリジナル曲のイントロや詞の古くささ、後半のお衣装は、ステージ上の壁に描かれた模様とおそろいの着物を着てきたり、あと大映ドラマメドレーとか…。
「レリゴー」すらどこかダサくてね。
三味線が響く「レリゴー」なんて初めてだよ。

あと千重子の言葉選びとか、いちいちステージを小走りに駆け抜ける恥ずかしそうな仕草とか、ダサいのなんのって…。

でも多くの人がこの「ダサさ」を求めてる。
どういうこと!?

こういうステージングをナチュラルにしちゃったらば、イタいってことになっちゃうのだろうけど、なのにこれを逆手に取ることで人気を博すなんて、一体各々どんな心理なんだろなー。

きっとみんなみんな、「ダサい」をこよなく愛してる。
「森の進一ちゃん」
「冠の二郎ちゃん」
って、言いたい!

千重子の最後の曲は、千重子初のウエディングソング
「明日、キラキラ」
タイトルだっせー!

「結婚式に、ぜひこの曲使って欲しいな」
って言ってたけど(笑)なんだろなー。
「使うわけないじゃん」ってところが見事にひっくり返っての、千重子ベストアルバム「BAKAITTERU」購入の行列の長さなんだからさ!

友近は太陽獅子座。

もう、あのエンターテイメント空間は、私の理想なのでした。
何もかもを「擬似」にして、あんなことをやってみたい。
あぁやってみれたなら…。
それをやってしまった人がいるってことのすごさは、また新規の刺激としてグイグイ感じられたのでした。

 

 

こないだの「徹子の部屋」では、徹子さんと千重子の息がどうも合ってないように思えたけど、お花届いてて、なんかホッとしました…。

水谷千重子のよっこいしょブログ!
・・どんなタイトル…
・・バカいってる…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。