金星と火星の恋愛アピール

金星と火星はどちらも「恋愛の星」といわれます。

恋愛について占うとき、女性なら金星を、男性なら火星を見よ!とよくいわれたりもしますが、私は性別問わずどちらも同じように使ってるんじゃないかと思ったんですよね。

恋愛において
金星=受動的アピール
火星=能動的アピール
じゃないかな?と。

まず「能動的アピール」

好きな人ができたとき、どんな恥ずかしがり屋でもなんらかの行動に出たくなる。
つまり愛情表現ですね。
それを火星で4区分別に見てみます。

火星火星座(牡羊座・獅子座・射手座)
・・誘う・ツッこむ・笑わせる

好きになった人ととにかく楽しい時間を持ちたい・その能動性が光ってる火星座です。
いくつになってもピュアさが抜けきれず、お笑い芸人のようにツッこむスキを狙ってる。
相手からしたら「イジられてるの?なんなの?」と、好意と受け止めにくいこともあるので注意ですが、わりとベタなボケ・ツッコミをぶっこんでくるとこが愛情表現とも言えます。

火星地星座(牡牛座・乙女座・山羊座)
・・役に立ちたい・心配・アドバイスしたい

「あなたのためになりたい」という愛情表現がどこまでも業務モードな土星座です。
「どうしたの?大丈夫?」と好きな人をまず気にかけ、「こうしたらいいよ」と役立つ方に導いていく。
デートの約束をすれば「調べといたよ」というまめさ。
有能・優秀部下になりたい願望がありつつ、実はコントロールタイプ。
相手によっては「役立ちたい」がストレートに叶わないこともあるため振り回されやすさ・報われなさあり。

火星風星座(双子座・天秤座・水瓶座)
・・とにかく肯定・おしゃべり・自己開示

いいね・いいじゃん・全然アリという肯定三段活用で相手を気持ちよくさせる風星座です。
また自己紹介が上手で、自分のことどんどん話してくれるし質問もしてくれる。
「この人、私のこと好きなの?」という運命性を相手に感じさせやすいものの、人に好意を抱きやすい風星座。愛情表現の対象は1人とは限りません。

火星水星座(蟹座・蠍座・魚座)
・・そばにいる・密着する・心に斬り込んでくる

じわじわ心を揺さぶってくるので気付いた時には「あなたなしではいられない」もしくは「私なしじゃダメな人」と思わせる水星座ですが、愛情表現という能動性が最も薄いタイプかも。
特に火星蟹座は「そばにいる」以上の能動性をなかな出せなかったりします。
火星蠍座・魚座はどこで学んだのか恋愛巧者であることが多く、距離感絶妙な密着スタイルで、「疲れた顔だけどなんかあった?」というプライベートゾーンにぐっと入ってくる。そういうことばっかやってるので人の悩みを吸着しすぎて自分が一番疲れてる…ということにもなりやすいです。

 

「受動的アピール」

火星が愛情表現としたら、金星は「恋愛において望むもの」「受け入れてほしいこんな自分」でしょうか。
恋愛時における「だから許してね」という声として12星座別に見てみます。

金星牡羊座・・あちこち動き回りたい外交タイプけど許してね

じっとしてることが苦手なので、インドアデートとか無理無理、そんな自分でも許してね、ということ。
お互いの内面を見つめる会話も苦手で、常に意識は外へ外へ!の人。

金星牡牛座・・こだわりたいけど許してね

こだわる=動きがスローモーということで、早く!と急かされても無理だから許してね、ということ。
メニューを決める、一緒に出かけるときの準備、「なんでもいいじゃん」は通用しない人。

金星双子座・・重いのとか押し付けが苦手だけど許してね

責任感とか、「女なら・男なら」という社会的押し付けは無理無理、そんな自分でも許してね、ということ。
うるさく言われなければやる人、うるさく言われた途端やらない人。

金星蟹座・・好きなもの押し付けるかもだけど許してね

「共有したい」がベースにあるので、好きな音楽・笑えたYouTubeなど紹介の頻度高いかもだけど許してね、ということ。「とにかく長いLINE時間の共有」ということもあります。
男性ではもしかしたら「自分の母親的なもの・家族観」を押し付ける人いるかもです。
それらを拒否したい場合、「拒絶」ではないマイルドな優しさで言ってくれれば安心する人。

金星獅子座・・上下関係苦手な派手好きだけど許してね

「先輩、自分のダメなとこ10個言ってください」とか言われても無理無理、そんな自分でも許してね、ということ。
口調は上からっぽくても「フェア・対等」が信条だし、自分の指摘で暗いムードになるなんてもってのほか。
あと時々ぶっとんだ派手さを表現したくなるけど、どうか茶化さないでね、という人。

金星乙女座・・ちゃんとしないと不安になるけど許してね

既読スルーとか無理無理、すぐ不安がる自分でも許してね、ということ。
いや、まめに返すなんて無理無理、とか言うんであればこっちの不安も性質なのでわかってほしい。わかってもらえれば安心する人。

金星天秤座・・決めたくないけど許してね

「なんでもいい」と言ったら本当になんでもいい=あなたが決めて、という意味なので許してね、ということ。
決められないかわりにちゃんと楽しむし、ちゃんと感謝・尊重もできる、その未来・私を信じてほしい人。

金星蠍座・・全部覚えとくから許してね

嬉しいことも覚えてるけど傷つけられたことも覚えてる、忘れろとかは無理なので許してね、ということ。
一番いいのは傷つけないことですが、生活がおおらかな人も多いので「あのことは忘れないのにゴミ出しは忘れるんだね」とか言っちゃうと、そのセリフを一生覚えとく人です。

金星射手座・・関心向ける領域が広すぎるけど許してね

京都といえば寺じゃなく、雑貨でしょ喫茶店でしょ、金物でしょミナペルホネンでしょ、という私なので許してね、ということ。全部行きますよ、と。実際の私の友人です。
「ついていけない」と音を上げられてしまうことが最も悲しい人。
もっと聞かせて!もしくは、どうぞご勝手に、が嬉しい。

金星山羊座・・責任感強すぎだけど許してね

基本真面目で完璧主義なので、想定の範囲外のことは責任負えないかも、それでも許してね、ということ。
交際したらすぐ結婚後の現実的なシミュレーションが始まり、それを実現しようと行動するか「やっぱ無理」となるかがわりと極端。真面目ゆえに失敗や責任放棄を嫌うので0か100かの思考になりやすい人。

金星水瓶座・・自由すぎるけど許してね

正規・非正規、未婚・既婚、出産タイミングなど、「べき」にとらわれたくないので許してね、ということ。
でも相手の言い分も尊重したいので、話し合い大好き・わかり合いたい人。
どこまで言っても「個人の自由」がベースにあるので、そこの尊重がないと発展しにくい。

金星魚座・・全部許してね

魚座の自己評価は「ルーズな自分」、そんな私をまるごと許してね、ということ。
ルーズにもいろいろあるけど、例えば遅刻、片付け、未読スルー、金銭感覚。
この世のどこかにこれらすべて「可愛い」と愛してくれる人がいることを夢見ている人。
ただセンスが備わってるのでルーズでもなんか可愛い…って人は多いです。

 

金星も火星も「月」と置き換えて読むこともできそうです。
自分個人の月は、金星より火星寄りという感じですかね。
月って「自分らしさ」をわりと能動的にアピールしてると思うんですよ。
「許してね」というより、ありのままの自分でぶつかっていく感じ。そこで相性とか可能性を無意識ではかってるというか。
太陽の方が金星と近いかも。ASCは火星っぽい。
ちなみに恋愛だけでなく、友達になりたいときの衝動・アピールも似たようなものかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。