相性が良いとか悪いとか

星と星を突き合わせてそれだけで相性の良し悪しって、やっぱ判断できないですね。

しかも教科書通り「トライン=相性がいい」とか、「スクエア=最悪っすね」とか、そんな単純かなぁと。

私自身の体感だと、「関係が深い」「尊重し合えてる」という相手とは月同士or太陽ー月スクエアとかオポジションということが多いです。
確かにスクエアとオポジションというのは緊張感がそれなりにある。
でも緊張感がそれなりにある間柄の方が、「これ以上はまずい」というラインに敏感になれるんじゃないのかな。
それが「尊重し合い」となり、長期の安定関係につながりやすいように思います。

それでも、身内ってやっぱライン越えやすいですよね。
身内で月同士or太陽ー月スクエア・オポジションがあった場合とか、ぶつかり合ったなら確かに泥仕合にはなります。
「自分の主張は正しい!」と両方がなってしまうと、スクエアとオポジションというのはやっぱ激しい。
特に私は月が獅子で不動宮ということで、スクエアの相手もオポジションの相手も不動宮。
この不動宮同士の衝突ってぇのは、激しいのなんのって…頑固者同士の対立は10分以上続く猫の争いのようです。
そんでどっちかが相手にぐっさり斬り込んで、「あ、傷」と目に見えてやっと終了。
傷つけられた方は悔しさで立ち直れないし、傷つけた方はバツが悪いし、でも謝れないし。
季節が移ろうまでこういう気まずさが続く。

例えば私は母と時々言い争ってしまいますが、母は同じ太陽蟹、月は蠍。
獅子vs蠍の争いは、互いにまぁ頑固。獅子があらゆる大仰な言葉を使って蠍の心を動かそうとする。でも動かない!鋼の心の持ち主・月蠍。
そんで獅子が最後に大仰な捨て台詞を吐いて半ば逃げ負けてしまいますが、ただ太陽がコンジャンクション同士だからか仲直りは早い。「本当は反省してるしこんな険悪さは嫌だ」というのが手に取るように感じ合えるからでしょうか。

基本は私と母は仲がいいのです。
「月同士のスクエアは同じ空間で過ごすと地獄」とかってサイトや本を見かけたりもしますが、「そんなこともないはず。居心地いいよ♫」と思うものの、最近わかってきたのは、「長時間同じ空間にいないほうがいい」ということ。
やっぱり私が実家で長期間過ごすと(2日以上)頑固者同士の緊張感が漂い始めますね。
日帰りでちょこちょこ帰るくらいがちょうどいい。

一番仲のいい友は太陽同士オポ、月がスクエアですが、喧嘩したことないし「今日も楽しかった!」で終わる。相手を軽んじることなどない安心感が心地よい。
でも彼女と2泊3日の旅行に行ったとき緊張感が走った。2日目の無言の時間は長かった。
友達との旅行って誰しもそんなもんだろうと思うものの、「ぶつかり合ったら最後」「絶対傷つけたくない」という緊張感はスクエア・オポゆえなのか、あまり率直にものも言えない。
一方、同じ太陽蟹同士との旅行では自己主張しまくりの喧嘩勃発!数時間後には仲直り。
ただ、「腹の内がわかった安心感」が得られるのはコンジャンクションゆえでしょうか。
でももう自己主張しまくりの旅行とか嫌だな。

 

「絶対傷つけたくない」という思いは、スクエア関係に特有なのかもしれないけど、どうでしょう。
誰のことも傷つけたくはないけど、「あ、違う」という違和感を目の前のスクエアに感じたとき、「でも自分は…!」という主張にはすごくすごく慎重になる。
スクエア同士の自己主張って、わかりやすく勝敗が表れてしまう体感があります。
どっちかが不本意に自分の意見を取り下げ、どっちかが「わかればいいよ、わかれば…」と思いつつやっぱバツが悪い。
だから「自己主張し合わない」という回避ルートをなんとか探る。
その努力が美しく実るのもまたスクエアという感じ。
「ふーん、あなたはそうなんだね(私とは違うけど)」という尊重心がとにかく鍛えられます。

このへん、トラインとの関係においてはトラップがあるんですよ!
例えば月同士トラインの間柄って確かにすーっと分かり合える。
いや、「分かり合えてるふう」かもで真実はわからないけど、「だよねー」というスムーズな共感空気が心地いい。
「だよね、だよねー」とあれだけ盛り上がってたのに、翌日とかに「なんだっけ?(共感したっけ?)」とかなるんですよ。
特に太陽同士スクエアだとこの現象はしょっちゅう起こる。月同士セクスタイルでも同様。
「仲間だと思ってたのに?」というハシゴ外され感が多いですね。
トライン相性ってよく「心地よいからこそ甘えやすい」と言われますが、それはその通りと思う。
心地いいからなんでも話す。心地いいから正直にコメントする。心地いいから茶化す。
「なんかバカにされた?」と思った頃には、あの心地よい水温が熱湯になってて「もががが…」と苦しむような。
それでもまだ「気のせいかな?」とか思っちゃうんですよ。
この人といると心地よくない気がする…と心のどこかで思っても、表面的なスムーズ感に脳まで騙される感じ。
「心地悪いのに離れられない」という状況に陥りやすい相手かもしれません。

150度と30度は、「あ、違う」とはっきりわかる感覚があるんじゃないでしょうか。
30度は特に「私と兄は全然違う」みたいな、きょうだいのような近距離の他人感。
150度の相手は、150度として向き合うというよりかは、他の星の助けを借りる感じ?
例えば月同士が150度として、「ふーん…」という感慨しか出てこない相手だとしても、太陽や水星・金星総動員して「わかろう」とする相性というか。
私はロックが好きvs私はクラシックが好き、というところで分かり合う気がないんだとしても、「そういえばこの間のロック歌手の新譜はオーケストラサウンドでしたよ」→「そうなんだ!」となる。
かえって「ライブ一緒に行きます?」なんつって発展しやすいかもですね。
この、「他の星を総動員してわかろうとする」という努力は、一般的に相性悪いと言われるスクエア・オポでも起こりやすそうです。

「あそこは月同士トラインだから喧嘩もしないで穏やかなんかな〜」っていう2人は、はたから見ててもなんか羨ましい。
私の兄が月蟹座で、母とは月トライン関係。
2人が言い争うとかはまずないし、互いが互いにイラついてるのもとんと見ていません。
ただ、私から見ると「お兄ちゃんの言ってることだし(全部正しいでしょ?)」という角度から外れようとしない母を感じる。
例えば兄の勧める整骨院がいまいちでも、「お兄ちゃんが言ってるんだし…」と自分を納得させるような。
これが私だったら「合わないよ・行きたくない」って率直に言ったりするんだけど。
ま、母親にとっての男の子どもって特別な何かがあるんだろうけど。

 

以下は私個人の相性体感です。

月同士スクエア・オポジション

程よい緊張感で長期安定関係。衝突すると泥仕合になりそうと分かるので、身内以外はほとんど喧嘩なし。尊重し合える関係。いわゆる「しっくり感」がないというか、「ピースが1個まだ欠けてる感じ」があるからこそ、「分かり合いたい」でつながる関係性。

月同士セクスタイル・トライン

どんなにブランクあってもすぐ昔に戻れる本音フィット感。ただそのブランクはどちらかの茶化しで地味に傷ついて距離を置いた時間。モヤモヤが募りやすく、会わない時期と会う時期がくっきりする。

月同士30度・150度

最初から分かり合いを諦めてるからこそ共通点を探そうとする宇宙人への関心みたいな。
30度とはきょうだいみたいな率直関係。地味に失礼な言動があってもなぜか許せる相手→ただ率直なだけで相手をコントロールする気がないからかも。

月同士コンジャンクション

同じ!と思うことは多いのに、そこですり合わせようとしないひたすら自己主張関係。獅子月の場合だけかもです。共通点が多いだけに「違う」部分も浮き彫りになりやすく、違うところを意識しすぎると会うのが苦痛になるのはお互い正直すぎるから。

太陽同士スクエア・オポジション

ノリは同じ。最終的な方向性は異なる。「おなかすいた!」「だね、ランチ食べよ!」という意気投合はしやすいけど、「私は寿司」「私はパスタ」ということになりやすい。
「じゃあ今日はパスタでいいよ(苦笑い)」とはなるけど、「結果それでよかった」とも思える関係。

太陽同士セクスタイル・トライン・コンジャンクション

ノリは良い。行動の方向性も似ている。「気が合うね!」となりやすいけど、それで心が通じてるわけじゃない。
「遊ぼう、遊ぼう!」というノリは実現しやすいけど、「もう帰るね」「もう!?」、もしくは「自分の話ばっかだな…」というモヤモヤは募りやすい。それが積み重なると「なんかもう会いたくない」につながったりする。

太陽同士30度・150度

ノリは割と違う。方向性もバラバラ。でも折り合おうとするし、違ってても「じゃまた今度!」となりやすい。
「待ち合わせはここにしよっか」「遠いな」「じゃあ〇〇駅はどう?」「それなら行けそう」
「お茶しようか」「おなかべつに空いてないけど、行きたいなら付き合う」→一方はスイーツ、一方は本当にお茶だけ、とか。それで仲が悪くなるわけではない。

金星同士オポジション・コンジャンクション

運命の人かも!と思うほど「趣味や好み」での共通点が多く盛り上がりやすい。話が尽きないし波長が合う。

金星同士スクエア

金星乙女の私の場合ですが、双子座だと支配星が同じ水星だからか話は尽きない。ただ金星オポ・合ほど心の分かり合いがあるわけではない。情報じゃんけんをして盛り上がる感じ。
射手とは同じ音楽が好きだとしても楽しみ方が違う。私が歌詞カードにこだわるとしたら、金星射手の相手はサウンドしか感じてない、とか。(歌詞の話をしても「歌詞とか知らん」となる)

金星セクスタイル・トライン

庶民的な分かり合いがある。おおまかな主義や道徳心がきっと同じだろうという安心感はあるものの、能動的に分かり合いを求めるわけではない。そばにいるだけでなんか安心できる人。

金星30度・150度

私インドア派、相手キャンプ好き、というくらい「違うな」と感じやすいため「一緒に遊ぼう」「いつお茶する?」とはなりにくい。「そういう人もいるんだね」という最初から距離がある感じだけど、30度の相手とは「ちょっとは分かり合えるのでは?」という期待感を抱きやすい。

水星同士セクスタイル・トライン・コンジャンクション

会話の波長がすごい合う。笑いのツボが同じ。欲しい言葉をくれる人。
明るい話・適当なノリがいつまでも続く。

水星同士スクエア・オポジション

わかりやすく敵対関係になりそうな緊張感。「嫌われてんだな」と思いやすい。
でも仕事などでは「良くしていきたい」という思いは同じ。そこへのアプローチ方法が違うだけだったりする。

水星同士30度・150度

あくまで双子水星の私の体感ですが、男性星座だからか柔軟宮だからか、相手のことを「慎重すぎだろ(早く結論出して!)」と思いやすい。自分がせっかちに感じられる(相手からは適当だと思われる)、思考のスピード感が違う相手。

 

金星同士が合うと「オールOK」となりやすいし、水星同士で楽しめると「心の友」みたいに盛り上がる。
でも金星と水星だけじゃ「私とあなた」という重さに対処できない気はします。
太陽ー月、月同士での分かり合いや尊重が大事かなと。
たとえそれがスクエアでもオポジションでもどんなアスペクトでも、「月部分の相手を受け入れる・わかろうとする」「太陽の方向性を尊重する」、人間関係においてここは避けられないですよね。
相手の月とか生年月日も知らないよ、ということもあるでしょうけど、趣味とか話しやすさの向こう側にある重さや真剣度、あと個別の事情を分かり合おうとするなら、どんなアスペクトでも乗り越えられるはずとは思う。

それでも「相性悪い」と思うことがあるなら、それは金星水星レベルの興味範囲とかスピード感、ノリなどのさして深刻ではない領域のことと思いたい。
相手がすごく不安がる人で、誰かの言葉や慰めを常に求める人としたら、その人のパートナーは「もう合わないな」と疲れてしまうかもしれない。
それは本当は相性とかではなく、「くださいください」→「これ以上は無理」という依存関係の疲れかもしれないのに。もしくは言葉で安心させられない(それ面倒)という逃げ腰感。
あとコントロールしたい⇄されやすい関係も一見相性よさそうだけど、幸福とは程遠いかもしれません。
なんであれ不安と依存と支配って関係性を脅かすんじゃないでしょうかね。
そりゃ時にはどちらかの心身不調などで依存関係になるかもしれない。不安も芽生えるだろうし、支配しちゃった方が楽かもしれないけど、「いつまでもこの状態はよくない」という危機感がないとそこから脱することはできない。

「この人との相性はどうですか?」というのを星だけで見るのはなかなかむずいですよね。
出会った・縁ができたということはそこに覚悟と責任がすでに発生してるということ。
責任を負いたくないとか、傷が発生するのなら離れるしかないし、離れてても気になるんなら確固たる自分を持ちつつ適度に接していくとかね、自分が脅かされない方法を自分で模索していくというか。
「合わなさそう」と思いながらも好きになってしまったのなら、関わり合いの一歩&継続をなんとか頑張るしかない。
意味があって縁ができたんだと最近思うんですよね。たとえそれが近所の〇〇さんでも、仕事の話しかしない誰々でも、自分の世界の人は自分の一部、みたいな?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。