惑星クローズアップ並列

何かがちょっと起こる時。

そういうとき自分のホロスコープ三重円を見てみると、必ずどこかの星に何かが乗ってることと思います。
大抵コンジャンクションかスクエア。
その次、オポジション。
トラインはスムーズすぎて気づかないことが多いです。

惑星別に、その星に何が乗ったら何がクローズアップされやすいかを並べてみます。
パーソナル天体はごく短期ですが、外惑星なら年単位の長期です。

 

N太陽:仕事運・夫運・父親運・男性運
・・土星なら年配者とやたら縁があるとか、天王星なら転職や別離など

N月:家庭内のこと・妻運・母親運・女性運
・・火星なら激しい女性との縁、金星なら友達とやたら楽しいとか

N水星:PC運・交通運・発信運・年下運
・・木星ならSNS交流が活発になるとか、海王星なら忘れっぽくなるか言動が壮大じみてくるか

N金星:女性運・エンタメ運・おしゃれ運・金運
・・太陽ならやたら買い物するし、土星なら厳しめ女性の監視が気になるとか

N火星:男性運・性生活・行動力
・・木星なら出会いが増える(増える止まりも多い)、天王星なら彼氏の異動とか機械(PC)を扱う男性との出会いとか

 

木星以遠については、どのハウスに入ってるか、どのハウスの支配星かによってもずいぶん違ってくることと思います。
上記は、それがネイタルだったら、という観点で並列してみましたが、外惑星はトランジットの場合、どう影響を及ぼしてくるかについて並べてみます。

T木星:増える・欲望が止まらない・食べすぎる・買いすぎる・露呈する・自信がみなぎる(幸福感)など

T土星:制限感・試練感・まじめ感・本腰感など

T天王星:壊す・離れさす・新境地・新視点・新機械・解放のきっかけ・閉塞感からの脱却など

T海王星:間口を広げる・広がりすぎる・受け入れすぎる・遠いとこからの使命感を感じる・キャッチしすぎる・地位が曖昧になる・雲散霧消する・止められない全能感

T冥王星:2〜3年前の自分と変わってるアハ体験・1か0かの極端志向・冥王星が去るころにやっと軸が定まる

Tドラゴンヘッド:膨大な人との関わり
Tドラゴンテイル:ダークなムード・人との関わり

 

こうやって見ると、どの星が来てもそんなに怖くないように思えます。
怖い・痛いと思うのは、変化を恐れるからでしょうね。
「壊れる」ことに対して極度に恐れる人にとって、壊れたことは本当にショックでしょうけど、「やっと抜け出れた」という感慨を持つ人も多いと思います。
やっぱり受け身でいると傷は深いです。
天王星や土星が近く乗っかるのなら、こっちから修行に出てやろうというくらいの前のめり感で何かに飛び込めるといいのかもしれません。

T天王星のところに「新機械」と書きましたが、不思議と新しい機械に接することもあるかもしれません。
こんな私がPCなんて!という買い物をするかもしれないし、家にルンバがやってくるかもしれません。
これまた機械が苦手な人は、なぜかそういう部署に異動になったりするでしょうかね。
妙な事態をおもしろがれたら、やはり何も怖くない気もします。

冥王星は意外と怖くないんじゃないかと思ってます。
というのは、2〜3年という長いスパンで変化をもたらしてくるのですね。
ただオーブ5度以内に差し掛かってきた始めのころは、それなりにショックがあるかもしれません。
盤石だと思ってた地位が失われかけたり、会社の存続の危機にあったり。
でも冥王星による変化は、「そういう私のシナリオ」として乗っかっといたほうがいいように思います。
冥王星に限らないですが、例えば病気に見舞われたとき、運を恨めしく思うのは当然のことでしょうけども、大病を経験した方や、その看病をされた方の何か独特の深さというのは、多くの人を導いたり救ったりすることにつながったりするんですよね。
何か使命があるのでしょうね。

 

私が個人的に怖いと思うのは海王星です。
私自身がT海王星の影響を強く受けてきたこの5年ほどですが、恐ろしいくらいに怖いもの知らずとなり、今となってはその度胸も必要なことでしたが、「やれる自分」という肥大をなかなか打ち消せません。
妄想も激しくなります。
現実的でないものばかりを信じようとします。
なんでも「メッセージ」として受け止めようとします。
そんな私を「なんか変わった」といういぶかしい目で見る友達も多くなります。
それなのに「みんながわかってない」と思いがちです。

でも過ぎてみれば、あのころはあのころなりに楽しかったものです。
信じられないシンクロがものすごく多かったので、確かに何かを引き寄せるパワーはあの時期限定であったのかもしれません。
それに何よりも、「占い」への集中力が鍛えられました。
「鑑定やってみる!」と思えたのも、海王星による肥大感がいい意味で働いたと言えそうです。

あと火星は「男性」を表すので、火星と外惑星が不穏な角度を取っていたら、男性には注意した方がよいでしょうね。
火星とドラゴンテイルとかだと日陰的な存在の方との出会いがあるかもしれないし、火星と冥王星なら、男性に関して強烈な何かが発生するかもしれません。
火星と海王星なら騙されないよう注意です。
一旦「運命かも」と思ってしまうと、リセットされるのにも年単位となります。
そういうアスペクトがある時期に、男性に対して不誠実な態度は厳禁です!

 

また、金星はあくまでも「女性」です。
金星に木星が乗っていたらそれは恋愛運アップというよりかは、「女性との縁が増える」と見るのが自然かもしれません。
でもおしゃれとか金運を表すので、美的センスが磨かれることでモテる可能性もあります。

結婚にしても、結局いろんな決断は、「プログレス」で表れてることも多いでしょうね。
外からいろんなアタックを受けても、内面がセットされていないと、上記で表したような「ただのそういう出来事」で終わってしまいがちです。

上のネイタルもトランジットも、「プログレス」で置き換えてみてもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。