松尾さん宮藤さん阿部さん

去年の年末は大人計画30周年を祝う「30祭」に、2日連続で参加。
年明けは「いだてん」をしっかり楽しんで、松尾スズキさんの本と宮藤官九郎さんの本も購入、昨日読み終えました。
松尾さんからサインまでもらっちゃった。

ここのところなんとも大人計画三昧です。

 

松尾さんの本は、松尾さんがメルマガで展開されているお悩み相談回答集。
正直、どのお悩みも「しょーもな」というものばかりでしたが、松尾さんはそのへんも踏まえた上で、「人の悩みと自分の回答で一つの作品みたいになれたなら」とおっしゃる!
そういう「やっぱ違うなぁ〜」と感心しきりの一冊でした。
もちろんところどころ、電車の中でも笑ってしまいました。

宮藤さんの本は週刊文春での連載が一冊になったもの。
今回は「あまちゃん後」から「ゆとりですがなにか」「監獄のお姫さま」など、またその合間に手がけられた舞台や映画にまつわるコラム集。
「いだてん」のことにも少し触れられてます。

宮藤さんといえばあのゆるさです。
「伏線」をずっと「ふせん」と読んでいたとか、「破綻」を「はじょう」だと思っていたとしょっぱな告白しつつ、視聴者からの「伏線が破綻している」という書き込みや評判が目についていたという。
「ふせんがはじょうしてるだとぉ!?」ってイラついてたのかなと想像すると、バカだなぁ〜と思っちゃいます。
宮藤さんってそういう隙がありまくりの人。そこがいいのです。
だから吉祥寺のあちこちのカフェで仕事できるんでしょうか。
松尾さんと雰囲気が全然違う。なのにやっぱり笑える!

そこがおもしろくて、ホロスコープを並べてみたいなと思いました。
阿部サダヲさんは、30祭1日目のトークショーで、なんと最前列で拝むことができたのです。
やっぱスターですよ、あの方は。
終始ニヤニヤしてて、それだけで人を笑わせる。
2日目最後のコンサートでは熱く「時代」を歌ったりして、後ろで「なんだかな」の顔してる松尾さんと宮藤さん。
3人とも全然雰囲気が違うのに、笑えるんですよね〜。
並べてみます!

 

松尾スズキさん(56歳・土星期)
太陽:射手、月:獅子
水星:山羊、金星:蠍、火星:獅子
木星:魚、土星:水瓶、P太陽:水瓶

宮藤官九郎さん(48歳・木星期)
太陽:蟹、月:山羊か水瓶
水星:獅子、金星:乙女、火星:獅子
木星:天秤、P太陽:乙女

松尾さんは太陽射手座だからか、どんなみじめなことが綴られていても文学的です。
綴られるみじめさは、宮藤さんの比じゃない。
なのに職質されるのは宮藤さん。
松尾さんは職質されたことがないそうで、される人が醸し出すナチュラルな怪しさを羨ましがってるくらいでした。
でも松尾さんが醸し出すのは色気。
あの諦めた・疲れ切った感じ。
前立腺肥大で悩んでると書かれてても色気。
サイン会でバチっと目が合った時のインパクトを忘れられません。
私の運命も何か変わるんじゃないかと思うほどでした。

やっぱり蠍座の金星からセクシーさが漏れてるのだろうし、その金星は海王星とコンジャンクション。
魅惑的なヤバすぎる女性とたくさん縁があったろうなぁ。
金星蠍座の神秘的女性像とは違って、月は獅子的オープン。
月=奥様についてのコラムをずっと書かれてるし、本も出されましたね。
また水星が山羊というところが、いろんな体験を知的に綴れるゆえんにも思えます。

劇団立ち上げ当初は、台本渡しても若手は漢字が読めず、昔はそういうことによく怒ってたとのこと。
漢字読めなかったのはやっぱ宮藤さんでしょうかね(笑)
今は知的ユニークモードの水瓶期・松尾さんです。

 

宮藤さんの本はさらに読みやすいです。
神秘性ゼロ!難解さもゼロ!
水星も火星も獅子だからか、後ろ暗さもない、そのオープンさが笑えます。
そしてこじらせの金星乙女。P太陽も乙女。
松尾さんと比べるとずっと青い!
「俺の前の女が…」という文は、宮藤さんの本にはまず出てきません。
(松尾さんはその過去の女性話がまた興味深い)
宮藤さんの惑星からエロやモテを見いだすのは難しいかもしれませんね。
でもなんたって太陽が蟹なので、庶民やおばちゃんからモテやすいでしょうか。
80歳超えた私の母も宮藤さんのことちゃんと認識してます。

やっぱり蟹座らしいのが、振付師である奥様のことや、娘さんのこともコラムでよく触れられるようなファミリー的温かさ。
作品に漂うハートフルさは、松尾さんの雰囲気とはずいぶん違うところです。

それに宮藤さんは後半星座ほぼないんですよね。
強いて言えば天秤の木星。
ここも後半度数がそろう松尾さんの大人ムードと違うところなのでしょうね。

一方、松尾さんと宮藤さんの星の共通点は獅子座。

松尾さんは太陽と火星、宮藤さんは水星と火星です。
男性性が獅子的オラオラ感とも言えますが、2人に縁のある男性が、かなりコメディー要素のあるスベりもいとわないザ・俳優というイメージ。
皆川猿時さんがなぜかこの火星像にぴったりハマるように思うんですよね。
皆川さんだけじゃなく、大人計画とはお笑いに貪欲なスペシャリスト集団なのです。
それにお二人とも、さりげない一文で人を爆笑させる方。

 

ここで阿部さん。

阿部サダヲさん(48歳・木星期)
太陽:牡牛、月:蠍
水星:牡牛、金星:牡牛、火星:双子
木星:蠍、P太陽:双子

松尾さんが色気おじさん、宮藤さんが男子高校生とすると、阿部さんは中間くらいにいるでしょうか。
でも大学生でもないし、永遠の営業マンみたいに見えます。

星だけ見ると、なんて粘っこいのでしょうかね。
暗そう。エロそう。真面目そうな異常感。
でも恋人を大切にしそうなムード。
大切っていうか執着?君だけを捉えてる。
同じ部屋にいると、うっかりベッドインしちゃいそうな色気もありますよね。ないかな。

でもこれらのすべてを、火星・P太陽の双子が茶化しているようです。
「うっそでーす」と、あの笑顔で駆け出していくような。

でも最近は、なかなかハードなベッドシーンも多い印象。
可愛いんですよね、阿部さんって。
本当にお若いし、ムサさゼロでした。
おしゃれの雰囲気も松尾さんや宮藤さんとまた違います。
同僚は阿部さんに握手してもらったと目がハートだったし、完成された世界観でオポジション的に人を巻き込んでいくのでしょうか。
「anone」のような、深刻なシーンでは人を号泣させたりするし…。

阿部さんは「表現」という2人の獅子的なとことはまた違って、同じコミカルでも双子的小心なお調子者を感じます。
この小心さがまた小回り利いてんですよね。
ですがなんたって光ってるのは牡牛的職人感。
動きが細かい!
ブレのないあの多動は、抜群の運動神経ゆえでもありそうです。
肉体の牡牛座。歌も上手い牡牛座。
そして安定した家庭生活とは思うものの、ほとんど私生活を感じられないのは、月が蠍座だからでしょうか。神秘性の強い蠍。

 

20数年前の話題の舞台「ファンキー!宇宙は見える所までしかない」の上演を見ました。
主役級の方は、もう退団されてるのですが、コミカル場面の主役は阿部さん。
動きのキレもセリフの聞き取りやすさも、当時から群を抜いてました。
阿部さんだけじゃなく、今でも劇団で活躍されてる方みんな当時からインパクトが強い。
宍戸美和公さんに猫背椿さん、池津祥子さんに伊勢志摩さんも。

宮藤さんはこじらせたバンドマン役でへらへらしてましたが、あの頃色気がすごかった!
カメ止めの誰かっぽかったです。
松尾さんがまた関節ないみたいにキレキレ。
なんたってあの脚本を生み出されたのが松尾さんなのです。
その重さは年を越してもじわじわきます。

 

お2人の本を読んで感じた共通点は、「自分を下げに下げる」ところ。
だのに、なぜか卑屈さは感じない。
それは自信もまたみなぎってるからと思うのです。

「こんなしょうもない俺だけど、これでやるしかない」

舞台の方というのはいろんな場数を踏んで、また視線や評判に踏みつけられるその耐性が魅力なんだよなとつくづく思います。
私が好きになるのはそういう「下げに下げる」人。
「自分なんて何者でもない」という、あれだけ人気者なのに舞台の床に今だって這いつくばれる気概が本当にかっこいいです。

 

「いだてん」に3人とも関係してるので、いだてん並列で取り上げればよかっただろうけど。
最近では純烈並列をやりたい衝動も。
でもなぜか、年末年始大人計画漬けだったその興奮を消化しなければ、先に行けない気分でした。
いろんな感想もまだ湧いてくるので、書き直したりあれこれするかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。