12sign mount ranking

この間、「山羊座はマウンティングランキングナンバー1かも」と書きましたが、マウンティングにもいろいろあるかもな、と思いました。

マウンティングしようとしてそれが成功するランキング1位は山羊座、2位は水瓶座。
すぐマウンティングしてくるランキング1位は乙女座、2位は蠍座。
マウンティングしたがるけど不成功に終わる1位は蟹座、2位は牡羊座。
マウンティングしてるように見えてしてない1位は獅子座、2位は双子座。
陰のマウンター1位は魚座。
マウンティングなんて馬鹿馬鹿しいというポーズでマウントする1位は天秤座、2位は牡牛座。
マウントせずしてトップに立てる1位は射手座。

「マウンティング」という言葉はなんかイヤな感じありますけどね。
ずばり「上に立つ」ということですけど、上に立つことが悪いわけじゃなく、上に立てるべくして立つ人がいる。
上に立つぞ!という勇ましさがすぐへし折られる人もいる。
上に立つなんてとんでも…というポーズのまんま、上昇方面へ押し上げられる人もいたり。
私の目に映ったそういういろんな風景の適当統計第何弾かです。

山羊座と水瓶座は言葉に説得力がある方が多く、誰かからの反発を受けても理路整然と場を仕切る冷静さもあるので、周りが納得して矛を収めるのですよ。
あと水瓶座とこれ以上言い合いたくないという心理から、周りは座を譲ります。

これ以上言い合いたくないランキングがあるなら1位は水瓶ですが、2位は乙女。
3位は蠍ですかね。
乙女、蠍って分析力とか洞察力が鋭いので、ぐうの音も出ない展開に追い詰められたという報告も上がっています。
牡羊座と蟹座は活動宮ゆえか、すぐ飛びつきますよね。
そのスピーディーさ・一番乗り!ってところは周りをムッとさせやすいので、「あ、すんません…」と引き下がる速度もスピーディー。
あと生来のヤンキー度合いがうっかり出ちゃう威圧タイプもいますが、威圧はあっという間に消えます。
前にワースト1位を牡羊座にしましたが、書き直しました。
1位は蟹座。とにかくみくびられやすいです。
牡羊座は目をひんむくほどマウンティング機会を狙ってますが、唯一マウントを取れた気になれるのが蟹座相手の時かなと。

獅子座はどっからどう見てもマウンティングしてるだろうと見えやすいですが、本人の自覚としては「なんか貫禄が出ちゃうんだよねー」と思ってたりも。
双子座も生意気さや知識の豊富さがマウントに見えやすいですが、目の前の君より俺は知識あるよ、という態度を出せれば気が済みます。

陰のマウンター1位・魚座は怖いかもです。
優しげランキングでも1位取れそうですが、コントロールランキングも1位になれそうな…。
真実を知ってる人、というふうに映りやすいかもです。
腹黒いランキングだと最下位の気もしますが、鬼コーチランキングでは3位くらいかな。
目標を果てしなく高いところに掲げ(例えば人類幸福のためとか)、そこへ向かうために気持ちも体力も追いつかない人にささやく悪の言葉で人を懺悔させる…(私は一体何のドラマを見たのでしょう…)

ちなみに鬼コーチランキング1位は獅子座。
パッションの発露は時に恫喝になりえます。
2位は水瓶座。弱点羅列や対策の講座が延々続きます。
同率3位は蠍座でしょうか。いや、1位は蠍座かも?
火星と冥王星が支配星なので、スポーツとか気合いが関係するところでは1位かも。

マウンティングなんて馬鹿馬鹿しいポーズで結果マウンティング1位は天秤座ですが、2位の牡牛座とはちょっと違います。
天秤は「戦いに乗らないよ」というポリシーを前面に出しつつ集団の中に身を置き、そのバランス感覚が人格として称賛されやすく、それは天秤の計算どおりだったりするわけですが(たぶん)、牡牛座は本当に「馬鹿馬鹿しい」という不愉快さを出してあとずっと黙ってるので、怖さの貫禄があるのです。
でも天秤座はときどき激しさが顔を覗かせ、怒りまくる人がいるんですよね。
豊田議員とか山根会長とか。
ここ数年はT冥王星とのスクエアでメンタルが追い詰められてたのでしょうか。

マウントせずしてトップに立てる1位の射手座。
心の中はわかりません。
ある程度この場をコントロールしたいという気持ちは誰しもあるものと思います。
射手座は「マウント」より「コントロール」が実に爽やかにできる人1位ということかもしれないです。
人を不安がらせないコントロール。安心させる仕切り力。
本当にマウンティングからかけ離れた人という印象もあります。
もちろん山羊座にも乙女座にだって、マウントなんて考えたこともないという人もいるでしょうね。
マウントとは言わなくても、誰しも集団の中で自分の身を守るために、最下層にならないための踏ん張りがあるはずなのです。
その踏ん張りすらしないように見えるのが射手座なのかなぁと思ったりしてね。
最下層でもOKっすみたいな。

この間、大橋裕之さんの原作を元にしてできた映画「音楽」の先行上映を見に行き漫画も購入しましたが、あの主人公の「研二」がそんな感じ。
他校からの果たし状を無視してるうちに、いつのまにか「最強」みたいに思われ、音楽も旋律など奏でられないのに人の胸を打ち、「こうしてやろう」が一切見えてこないゆるさがかっこよく映るというか。

なんで日々マウントのことばっかり考えてるかというと、それはマウント成功率の低い蟹座だからかもしれません。
蟹座でマウント成功してる人見たことないんですよね。
ただ蟹座は愛されたがりなので目立つ人はいる。
調子乗るとすぐウザがられたり足引っ張られるので、トップ然とできる時間は短く…。
と言いながらも、お笑いモンスター・明石家さんまさんは蟹座なのです。
さんまさんは偉そうにしないところが若手からも尊敬されてるようですね。
ファンからの写真やサインにも快く応じる。なんならずっとしゃべってるとか。
宮藤官九郎さんも蟹座ですが、興味深いエピソードとしては、グループ魂のMCとか、いだてん打ち上げの余興も全部宮藤さんがシナリオを考えていると。
やっぱり月は山羊なんじゃないですかね(水瓶との境)。
低姿勢で愛されつつコントロール力に長けてる代表の方です。
またマウントとって嫌われるくらいなら愛されを選びます。

この「音楽」の感想はまたいずれ綴りたいものです。

 

12sign mount ranking」への2件のフィードバック

  1. マウンティング1位いただきありがとうございます笑
    水瓶もなんかわかります。頭いいですものね。

    陰のマウンター、、私もそう思ってました。
    とても怖いです。
    人のエネルギーを取って自分が、、と
    高みに登るイメージですねえ。

    マウントできない蟹座さん、愛らしくていいじゃないですか!
    牡羊座もなんかわかる^^

    1. hayashiさん

      コメントありがとうございます。
      山羊座をトップに据えさせていただき恐縮です、
      マウントっていうと嫌な響きに感じちゃいますよね。
      リーダー性やカリスマ性をうまく発揮できるランキングとも言えるかもです。

      陰のマウンター、心当たりあることがあるのですね。
      12星座一番最後ですからね、生まれながらにして何か超越してるんでしょうね。

      牡羊はやっぱマウントうまいかもです。
      今日ギャフンと言わされそうになりました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。