空から降る一億の星ファイル

「空から降る一億の星」がフジテレビで再放送されてましたね。

それに気付いたのが後半に差し掛かったところで、そこから録画。
さっき見終わりました。

2002年当時、もうドラマもたくさん見てきた20代後半。
あのころどういう感慨でこのドラマを見てたのか忘れちゃいました。
最初から最後までおもしろがってたのか、クサい展開に途中で脱落したのか。
というのは、内容をすっかり忘れてたんですよね。
深津絵里さんとキムタクが実は兄妹だったという、そんな韓流みたいでしたっけね。

だけど今見ると、やっぱすごいドラマだったなと。
とにかく木村さんと深津さんが美しいです。

木村拓哉さん、やっぱりこんなセクシーイケメンはもう出てこない気がします。
あのころ私はキムタクに対してひねくれたイメージを持ってました。
多分ロンバケの瀬名とか、ラブジェネ哲平のキャラが好きじゃなかった。
が、この片瀬涼という男はなんとも悲しい人生を歩んできたんですよね…神様は自分に何も与えてくれなかったと。
ホッケーがうまいとか副操縦士とか地位の高い役より、こういう悲しげな役の木村さんが私は好きです。
あんなに繊細な表現されて…。

深津さんは元祖山ガール的ファッション。
このころからデカいリュックにボーイッシュスタイルが可愛かったのですね。

2人のラブシーンがまたエロかっこいい。


今、ゴールデンでこんなに肌絡め合うスターっていますかね?

深津さんがむっちゃきれい。
この前下がりボブも流行ったんでしたっけねぇ…。
だけどこの直後、あれですよ。
2人して背面にやけどを負っていて、
「私たち、合わさると地図みたい…」
あぁ、あのころこの時点で兄妹ってわかってたんだっけ〜?

父親が殺人犯、その父親が銃で撃たれ…少しずつ悲しい幼少期の記憶を思い出す涼。
奇しくもまた軽いやけどをしたことでフラッシュバック!
地図みたいな2人のやけどは…
オレと優子は…(と記憶が蘇った瞬間)

涼の父親を撃った刑事役のさんまさん。
何もかもを知っているから、涼と優子が近づくことを懸念する優子の兄。

この表情はいかにもさんまさんなのですが、ちょっと笑えてきます。
どうしてさんまさんが抜擢されたのでしょうね。
もちろん男女7人以降、ずっとさんまさんにドラマオファーがあったことと思います。
板東英二さんだって金妻に出たのだから、こういう関西枠はむしろスペシャルなのです。
それがあのころのドラマの豪華さ…。

柴咲コウさんも美しいです。

サスペンス不幸美人へ向かいそうなギリギリさもまだあのころあったような…
もう脱してたっけ?

でも翌年、「GOOD LUCK!!」でキムタク相手役なのだから、やはり光ってたのでしょうね。

片瀬涼の部屋。
あのころ…って、何度もあのころしつこいですが、あのころの月9主役はこういう訳のわからない部屋によく住んでましたね。

涼が飼ってる鳥が2人をつないだんでしたっけ?出会いのシーン忘れました。

これまたなぜか何もかも知ってる涼の愛人役(セフレ?)とよた真帆さん。
常に肩の出てる服装でした。

このとよた真帆さんの最期がすごかったです。
「もうヤったの?兄妹とヤるってどんな感じ?」と、昼ドラ並みにゲスな質問の直後に涼に撃ち殺される。
しかも何発も撃ち込むあのシーンは北野映画のようでした。
悲しい・・とよさんも涼を「好きになったの」と告白してたのに。
みんなの愛が交錯しすぎてます。

兄妹の記憶が蘇ったらば、涼は優子の前から即姿を消す。
父親を撃ったさんま兄ちゃんへの復讐のために私に近づいたんだ…騙したんだ…と勘違いしてる優子は、逃亡中の涼を追いかけてきて怒りのポーズ!銃は危険!

何も知らないまっすぐな優子。
そのまっすぐさを確かに愛していた、昔も今も…

愛おしすぎて泣き笑い・・(泣ける…!イケメン…!)

でもこの微笑が優子をさらに腹立たせ、引き金引いちゃうんですよね。
涼が死んでから発見した手記で、優子はすべてを知ってしまうと…。

そうとなったら死ぬしか道はない…(ほんと?)
星が降ってくるような夜に小舟を出して…。

「優子ーーー!!!!」
さんま兄さんが駆けつけて叫ぶ。振り向く優子。
あぁ、この深津さん美しい〜

このあと銃声。さようなら…。

「遺体は妹さんで間違いないですね?」
刑事ってこういうとき悲しすぎますね。
同僚の森下愛子さんと空から降る星を見つめるさんまさん。

印象的だったシーン。
優子が買い物から帰る途中に物を落とし、その瞬間胸騒ぎ。

家に戻ったら涼はいなくなってて、その後連絡も取れなくなる。
あのころこういう予感もまた当たったんですよねぇぇ。
予感にあのころも何もないだろうけど…。
いや、でも非スマホ時代はこういう直感が誰しも働いた気がする。
ドラマを見てて、自分の恋愛シーンのあれこれも思い出されました。
というのは誰しもドラマに寄せて恋愛してたんじゃないかと思うのです、あ、あのころ。

「あなたが人を殺してても私はあなたを信じる」
という優子のセリフがありました。
深津さんは映画「悪人」でもこういう役でしたが、当時のムードという気もします。
「私だけは信じる」「私だけは特別(と思い込む)」
それこそが本当の恋愛だったように思ったし、たとえ相手が自分に冷たくしてきても、そうせざるを得ない事情が何かあるはず!優しさの裏返しの冷たさ!!演じてるのよ、ね!?とか、どこまでも往生際の悪さがあった。
(まぐれで本当にわざと冷たくする事情アリだったりも)
そんなトチ狂った状態込みで恋愛だったはずなんですよね。
さんまさんだったらこんな表情で「違うねや…」と、迷惑女もムードでくるんでくれる、きっと。

それにこのころ本当にみんな美しいです。
誰もヒアルロン酸で顔がふくれたりしてない。

キムタクのベスト相手役って誰でしょうね。
私はやっぱ深津さんじゃないかと思いましたよ。
深津さんはすっごい美しいのに、なぜか素朴すぎて恋愛に疎い役が多いですね。
それなのに激しく肌を絡める役も多いんですよ。
そういう女優さんって最近誰かいたかな。
石田ゆり子さんの「コントレール」以来、激しく美しい絡みシーンを見てないかなぁ。
徳永えりさんは「恋のツキ」で体当たり演技されてましたが、あれはやはり深夜枠ならではの激しさ。
でもそういうのを見て若者は恋愛を自分のものにしていくんだよなと、つくづく思い返されましたよ。ババくさいけど。

北川悦吏子さんはすごいです。
こんな恋愛したい!と思わせる力をお持ちで。
「一緒に住んじゃったりする?」
「子どもとか…作っちゃったりする?」
…なんだそのちゃったりって…!とかいいながら、全く同じようにささやき合うカップルはたくさんいたのだろうと思います、あのころ…。
懐かしく振り返りすぎました。
今クールの恋愛ドラマランキングは「G線上」2位、「おっさんずラブin the sky」が1位です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。