カルテットファイル

なんとなく落ち着かない週末でしたが、心がやっと鎮まった…と思ったのは、「カルテット」の録画を見てから。
この正月にBSで再放送してたんですよね。
全話は録れなかったけど、あのドラマは後半の展開がものすごい。
松たか子さんの夫役・宮藤官九郎さんが出てきてから特に、ストーリー知ってるのにハラハラし通しでした。
またこのドラマは「ながら見」できない!
役者さんたちの無言の表情が素晴らしいです。

今更ですが改めて出演者並列してみます。
(敬称略・年齢は2017年当時)

松たか子(39歳・火星期)
太陽:双子、月:牡羊
水星:牡牛、金星:牡牛、火星:牡牛
P太陽:蟹

松さんは「人を殺したかも」と言う夫に、「一緒に逃げよう」と言う。
「真紀ちゃんは自分の人生を生きて」と言われても、「こんな人生つまらないもん」と。
「おもしろい夢見ちゃってぇ」とか笑いながら語り出して周りを構えさせたりする巻真紀という女を、松さん見事に演じてるんですよねぇ。
つまらないのにおもしろい。松さんすごいなぁって。(写真はすべてカルテットHPより)

松さんはすずめちゃんにはいつもベストな距離感で、さっぱりしつつもしっとり優しく。
松田龍平さんや高橋一生さんとも完全友達のドライさ。
なのに宮藤さんにはずっしり。
それは太陽・月のあっけら感に対して、水金火星牡牛度が重く発動してますよねぇ。
P太陽蟹座だし。
行方不明だった宮藤さんと再会したとき、責めるよりも喜びや愛おしさ前面に出てた松さん見て、私自身もそうなるだろうなと思った。

ここで、カルテットメンバーではないけど夫役。

宮藤官九郎(46歳・木星期)
太陽:蟹、月:山羊か水瓶
水星:獅子、金星:乙女、火星:獅子
木星:天秤、P太陽:乙女

宮藤さんと松さんは太陽隣同士で家族っぽい配置ですが、年齢域惑星同士だと150度。
最後までかみ合わなかった夫婦。
映画鑑賞スタイルの違い、あげた詩集を鍋敷きにする妻、会話をいいところで遮るタイミング。
そのいちいちに苦笑いしながら大きな違和感をため込むところはいかにも金星乙女ですが、「いつまでも恋愛っぽくいたかった」と言うところは天秤木星っぽくもあります。
宮藤さん本人としては「鍋敷き全然OK!」とラジオで言ってました。
あれくらいのことは夫婦の中にいくらでもあると(笑)

松田龍平(33歳・太陽期)
太陽:牡牛、月:魚か牡羊
水星:牡牛、金星:双子か蟹
火星:牡牛、P太陽:双子

松田さんはこのドラマではナチュラルにもったりしてますね。
牡牛座トリプルコンジャンクションが利いてる感じ。
普通感覚が一番ある誠実な別府さん。
倉庫に一晩閉じ込められるどんくささ。
松さんとは太陽同士隣で、カップルにはならなかったものの、同居人としての相性は良さそうです。

松田さんのこの役がとても好きです。丸首ニットがよく似合う。
別府さんの弟が別荘を売りに出そうとしたり、同居人を「ダメな人たち」と連呼したとき、「人を査定しに来たの?」と弟をじっと見据えた松田さんはいかにも不動宮でうっとりしました。

満島ひかり(31歳・太陽期)
太陽:射手、月:蟹
水星:射手、金星:蠍、火星:天秤
P太陽:山羊

すずめちゃんがとにかく魅力的です。
軽井沢の別荘は壁が緑で、あのドラマは全体的に緑がかってるのですが、それが満島さんによく似合ってた。
それに満島さんのバリエーション豊富なお洋服を見て、私もすずめちゃんみたいな格好で生きたい…なん思いましたよ。

松田別府さんとは太陽同士150度。
でも満島さんの蠍金星ー松田さんの牡牛火星はオポジション。
一緒にいる機会が多いのは金星火星が牡牛の松さん。
すずめちゃんは真紀さんにも恋してたと言えるのかな。
松さんとは太陽同士オポジション。
「行かないで」って松さんの手を握った切実さは、「彼に抱かれたいの」って真紀さんの言葉でぶったぎられる。

満島さんがこのドラマでよく見せる子どものような顔は、月が蟹だからなのか、演じきったということなのか、胸に迫りました…。
ちなみに弦楽器を扱っている私の姪によると、満島さんのチェロ弾きの動きがとても上手だそうです。

高橋一生(36歳・火星期)
太陽:射手、月:射手か山羊
水星:射手、金星:蠍、火星:山羊
P太陽:山羊

今日私が見たのは、一生さん演じる家森がすずめちゃんに片想いしてたと発覚するとこまで。
金星が同じ蠍だから、別府さんへの秘めた想いは家森だってよくよくわかるはず。
すずめちゃんの別府さんへの告白練習台になったとき、「好きです」と言われて相当空いた間は練習台としての雰囲気なのか、それともダイレクトな言葉に萌えたのか。
どっちなんだろな。
基本テキトーではぐらかし主義のような男ですが、金星火星からすると恋愛はちゃんとしたい。
でも恋愛でちゃんとできたことないからテキトーに振舞ってるような男・家森です。

コンジャンクションが多いと確かに引き合いやすいのでしょうね。
ただそれが「同居する」という縁止まりか心も惹き合うかは、なかなかわからないものです。
金星火星のアスペクトを、「その人の恋愛スタイル」として見ることできるとするなら、一生さんはセクスタイルなのでクラスメート的恋心。
満島さんは隣同士できょうだいみたいな関係性。姉と弟、兄と妹的というか。
松田さんはどっちだろう。
たぶん双子っぽいのですが、だとしたらきょうだい的。
松さんは合なので一体感。運命共同体的。
宮藤さんはきょうだい的かな。ドラマでは恋愛っぽさ求めてたけど。
金星火星はあくまで恋愛スタイルで、結局の夫婦関係は太陽月でしょうか。
松さんはセクスタイルでクラスメート的。
満島さんは150度でなんかアーティスティック。
夫婦すれ違ってても心は通じてる、はず!というスタイル?
一生さんは隣か合か不明。
これまでの夫婦ドラマ見てると(みかづきとか)、結構運命共同体の感じがするので月も射手かもしれません。
松田さんも隣かセクスタイルか不明。
松田さんって夫婦の役ありましたっけ。舟を編むでは結婚したかな?
もしかしたらセクスタイルが最も男女っぽいかもしれません。
宮藤さんはオポか150度。
オポジション同士の主役が多い気がするから太陽ー月オポかな。
(いだてん、あまちゃん、ゆとりなど)

吉岡里帆(24歳・金星期)
太陽:山羊、月:天秤
水星:山羊、金星:魚、火星:蟹
P太陽:水瓶

こえぇ女の役でしたよ。
松さんに「旦那さんを殺したのでは?」という疑惑をかけようとして、満島さんに制されてたシーンの緊張感は何度見てもイライラ・ドキドキします。


吉岡さんの金星火星はトライン。
トラインは一度付き合うと安定的だけど退屈さもあるかも。
片思い率も高めです。
吉岡さんの太陽月はスクエア。チグハグ夫婦。
きつねと人間みたいな?

吉岡さんがあのドラマで異質だったのは、金星期惑星の魚座が利いてたからでしょうか。
射手座の満島さんとは年齢域惑星同士でスクエアです。
人を翻弄しまくってました。
太陽山羊座っぽく問い詰めるのは人として真っ当な視点からなんだと、いつでも正当の側に立つ。
それは、自分だけグループに入れなくて異質とわかってる人のマウンティングにも見えます。
「あなたたちってダメですよね?」ってことを突きつけるとこも。
バイト先のオーナー夫婦、富澤たけしさんは牡牛座、八木亜希子さんは蟹座。
ここにいれば表面はいい子でいられた。

 

豪華な方がたくさん出てましたね。
菊池亜希子さんは乙女座。松田さんとはトライン。
高橋メアリージュンさんは蠍座。家森の元妻役で、やっぱ家族配置なのですね。
大森靖子さんは乙女座。宮藤さんの元カノ役。別れても仲良い。
坂本美雨さんは牡牛座。松さんの母役で家族配置。こじつけっぽいけれど。
もたいまさこさんは天秤座。宮藤さんの母役だけど、ドラマ内で一緒のシーンありましたっけね?
第1話のゲストはイッセー尾形さんでした。
ベンジャミン瀧田というピアニスト。自称余命9ヶ月。
いろいろ魚座っぽいです。

 

ドラマ並列はやっぱり楽しい。
ドラマファイル作りも好きなのです。
どれも勝手にやってることですが。
すずめちゃん見てると、どうにも自分のインナーチャイルドが刺激される感じで。
これから最終回見るの楽しみです。

カルテットファイル」への2件のフィードバック

  1. こんばんは。
    カルテット、毎回楽しみに見てました。
    松さん、牡牛座が多いのですね!
    だから爽やかなのに不穏な雰囲気出されるのが上手い(褒めてます)のですね?

    セリフも全部好きですが
    繊細過ぎてこのチームには入らないなあと思いながら見てました。
    好きだけど、別れた奥さんや、弟さん側?がいいなあと思うのは
    やっぱり山羊座だからですね笑

    今期のドラマは楽しみに待つものがないので、また見たくなりました。

    1. hayashiさん

      コメントありがとうございます。
      カルテット見てた時の次週どうなる!?っていうの楽しかったですよね。
      今期はそういう感じのはないかもですね。

      「このチームには入らないなあ」という視点は新鮮です!
      やっぱ山羊だとそうなんですかね!

      私は松さんのような不穏さやミステリアスさを醸し出す女にはなれないのですが、満島さんの幼さや感情的なところに共感しちゃってたんですよねぇ。
      でも一生さんや松田さんと暮らしてたらすぐ好きになりそうなのでやっぱ入れないですね(笑)

      セリフがまた刺さりますよね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。