「ティファニーで朝食を」

BSで「ティファニーで朝食を」が放送されてました。

オードリー・ヘプバーンの映画は、どれも1回くらいは見たことあるはずなのに、何年か経つとどんな映画だったか忘れちゃうものも結構多いです。

それにしてもこの映画でのオードリーの役柄は結構ぶっ飛んでて、Wikipedia情報だと、

「人生最大の派手派手しい役」
「実際の私は内気な性格なのです。このような外向的な女性を演じることはかつてない苦痛でした」

と漏らしていたそうです。

いやぁそうだろうと思います。
だってこの映画、みんなパリピじゃん!!

オードリー演じるホリーは、自室に金持ちとモデル並みの美しい女性ばかりを招待したパーティーを主催。
そうはいってもオードリー、これまでのいろんな役柄の傾向に漏れず「ウブ」なんでしょ?
と思いきや、上の階に新しく引っ越してきたポール(ジョージ・ペパード)と初めて顔を合わせたその日にポールの部屋に侵入。
裸で寝てたポールに「ベッドに入っていい?」と尋ね、吸い付くようにポールの腕の中に飛び込む!

「私たちフレンドよね」「ああ、フレンドさ」
ってきっちり言質とって、安心してポールの胸で眠る。
…んだけどもすぐに悪夢にうなされて、ポールに「どうして泣いてるの?」って優しくされた途端
「友達として言っておくわ。干渉しないで!」
って吐き捨てて自分の部屋へ戻る…。

パリピは闇を抱えてる人も多いようで、過去に触れられそうになると時にヒステリックにも。

ホリーはまともに生計を立てることなんて考えず、金持ちの男の周りをいつもうろちょろ。
夢は金持ちの男と結婚すること(オードリー→太陽牡牛座)。
そのためには友人の彼氏だろうが、モノにするのに手段を選ばない。

小説では、もっと娼婦的な役柄だったようですね。
それをオードリー風に大幅に変えたとか。
愛されキャラぎりぎりなところに最初はハラハラしてましたが、でもやっぱりあの美貌とドジなところ、そして暗い過去に弟への愛。
パリピに暗い過去があるとわかったとたん、ワクワクしてくる自分がいます。

そんなホリーにすぐ魅力感じるポールは売れない作家。
既婚のデザイナーっぽい夫人のヒモ。
ヒモということはもともと貧乏ということなんだろうけど、このポールの金銭感覚とか常識的な目線こそ、観客が安心して心寄せられるところでしょうね。

完全にホリーに振り回されてるんだけど、それを楽しんでるからか振り回されてるサマもスマート。
(ジョージ・ペパード→太陽天秤座)
パリピ特有のヒステリーからくるホリーの侮辱的な発言には、もちろん冷たい視線を浴びせるポール。
だけどその放言は本心からじゃなくて、「どうかしてた…」って反省してることもよくわかってるポールは、翌朝ホリーの部屋を訪れて様子を伺いに行く優しさ!

このジョージ・ペパードという役者さんがまたすごく男前です。
若きブラッド・ピットに似てるような…。

友達以上恋人未満最高潮のはざまにいる2人。
「互いに初体験を3つしましょ」と提案するホリー。
その1つが、ティファニーで買い物をすること。
ポールは、さっき売り上げた本の小切手は持ってるけど、手持ちは10ドルくらい。

「10ドルくらいで買えるものありますか?」
店員に聞いちゃう2人。

最初は怪訝な顔されるんだけど、「このおもちゃの指輪にイニシャルを彫ってもらえる?」というポールの提案に、きっとこの店員は、ティファニーのお得意様からはほとんど見出せない純粋なものを感じたんだろうな…。
紳士的な笑みをたたえて「明日出来上がります」と答えてたその店員は、ポール・マッカートニーの親族かと思うくらい似てました。

ちなみにあと2つの初体験は、図書館に行くこと。
ポールの本にサインをして帰ってくるといういたずら付き。
もう1つが万引き!!
店内でも完全に怪しまれてる2人でしたが、お面盗んじゃったよ!

しかしさすがハリウッド。
お面かぶってお店からアパートへ転がるように戻ってきて、息切らしながら2人でお面を取った瞬間の色気…。

自由を求めるパリピ…いや、ホリーは、ポールと愛を交わしたなんと翌朝に、ブラジルの金持ちをゲットする計画に邁進し始める。
まずは図書館で南米の勉強。
ポールは、これまでホリーがどんな振る舞いをしてもスマートに見守ってたのに、一夜を共にしたら「そんなことはさせない。愛しているんだ。君は僕のものだ」とホリーの腕を掴む。

「なんなの?束縛?」

パリピに吐き捨てられたら確かに激昂しそうな言葉です。
でもホリーのブラジル行きはどんどん本気度加速していって、実業家の妻になるために料理頑張ったり、生活質素にしてみたり。
明日いよいよブラジルに発つんだというときに、警察に踏み込まれて逮捕。
容疑は「麻薬犯との取り引き疑い」!

結果は誤認逮捕なわけなんだけど、パリピのこんな騒動にはニューヨーカーですらも冷たい。
そしていくら誤認逮捕といっても、こんな容疑かけられる人はブラジルの実業家にとってはNGなわけで、お別れの手紙も届く。
それなのにブラジル行きの飛行機に乗ろうと空港へタクシー走らせるホリー。

一度は諦めたホリーへの気持ちなんだけど、哀れすぎるホリーを受け止めてあげられるのは自分しかいないと、ここでまたポールが
「ブラジルに行かせない。君は俺のものだ。」
と束縛ワード!
ジョージ・ペパードは月が牡牛座なのです…。
けどもオードリーは太陽が牡牛座。
束縛、嫌いじゃないハズ…。

いや、でも飼い猫に名前もつけないホリーは、
「私のことだって誰も飼いならすことなんでできない。私は鳥かごに入りたくない。あんたも自由にお行き」
と、相棒の猫ちゃんをどしゃ降りのニューヨークに放つのです。

ポールは今度こそ見限ったような目で、
「君は鳥かごから自由になりたいんじゃなくて、自分の作った鳥かごに逃げ込んでるだけだ」
「そこから一歩踏み込まないと”真の愛”なんて得られない」
と言い放ち、ティファニーでイニシャル彫ってもらった指輪を投げ渡す。

「今まで大事に持っていたけど…(もうその必要もなくなったようだ)」

そこでやっと覚醒したようなホリー。
いや、ホリーだけでなく、見てる私までグサッと来るような…。
Oh!ポール!

このままだと大事な何もかもを失ってしまうと気づいたホリーはすぐタクシーを降りて、ポールを追っていく。
でも名無し猫ちゃんはどこに?

このどしゃ降りのラストシーンは、今までの明るいムードからは考えられないような不穏な曲が流れていたのです。
ホリーの絶望・恐れ・叶えられなかったこと・叶えたいのはそんなんじゃないこと。
今まで目をそらしてたものすべてが噴き出してくるような。

でも名無し猫ちゃんの「ギャーオ」という鳴き声、「見つかった!」という喜びとともに、曲調が「ムーンリバー」に転調するあの奇跡!

オードリーの指には指輪が!

ホリーは「使えない男たち」のことを何度もネズミ、ネズミって言い放ってた。
だけどラストシーンは自身が濡れねずみに…。
涙しました。。

写真にしるしもつけたけど、名無し猫ちゃんがすばらしい演技でした。
オードリーにすばらしくなついてた。
オードリーの背中をぽぽっ…とたたいたり、最後の抱擁も愛おしそうだったのはもうお互いに。

この方もこの映画には欠かせないキャラクターなのですね。

ミスター・ユニオシ。
日系人とか日本人という設定だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。