アラフィフ問題

今、日本で一番輝いているイケメン・・
ならぬイケ・アラフィフといえば・・・

やはり山中伸弥教授だろうと思われます。
本日、ノーベル医学・生理学賞を受賞されました。
おめでとうございます。

 

さて、iPS細胞の開発という最先端の研究をされてきた山中教授に、いわゆる医者や研究者が漂わせがちな風変わりな様相や傲慢さが感じられないことに、また仮想インタビューごころがうずうずしてきて、「なぜ?なぜ?」という興味からまたホロスコープを見てみました。

太陽星座は乙女座で、占星術上、最も底知れぬ究極パワーを持つ冥王星と重なる。
つまりコンジャクションとなっています。
乙女座は潔癖でとにかく緻密。完璧主義者です。
そこに究極パワーの冥王星がかさなっているうえ、素の顔・月星座は蠍座であるので、山中教授は底知れぬパワーと緻密さで目的を追求するという使命を持っているようです。

そして全体的に海王星という、夢や理想をつかさどる星と、パワーの冥王星にほかの星からのアクセス、つまりアスペクトが多いので、理想や夢を常に抱き、そこに向かって最大限の集中力を発揮する、またそれを可能にしやすい配置となっていました。

革新的な星・天王星が、とにかく拡大・広げようとする木星と180度という極端さのある角度なので、天王星の近くにある太陽や冥王星とも絡めると
最先端の分野の研究を、周りをつむじ風のように巻き込みながら猛烈なパワーでまい進されていく宿命・・・と読むこともできそうです。
そしてとっても同情的で犠牲精神にあふれるお方。
もしかしたら、神秘的な目に見えない世界にも興味をお持ちかもしれません。

また火地風水の星の構成バランスが、火0地3風3水4で、火の星座に1つも星がありませんでした。
ということは、性急さで何かをやってしまったり、良くも悪くもいわゆる「熱さ」は、教授の主だった特徴ではなさそうですね。
いつでもさらっと、クールで安定的に
けど優しい方なんでしょうね~。

いつでもクールな山中教授ですが、でも優し~い目をされてることに気付いてる女子はたくさんいると思います。
男性としてのスタンス・火星が蟹座でした!
家庭を大事にされる方なんでしょうねぇ。。
だって、なんてったって、受賞の電話がかかってきたときには、おうちの洗濯機の調子が悪いから見てみようと、床に這いつくばってたってんですから・・・。

男・女度の構成バランスを見ると、男3女7で、意外と女性的な感性をお持ちのようです。
予想される奥様像は、おきれいで社交的で、けど家の中では怒ったらなかなか怖いのかも、けど奥ゆかしい方・・・かも?
おうちではその奥様にすっかり甘えてる・転がされてる山中教授・・・なのかもしれません。

そうそう、教授は骨折を10回くらいされてるそうで、これもかなり面白いエピソードですが、月が土星と90度というきびしめの角度を取っていまして、土星は骨格を表わすらしく、この角度は骨折・骨に弱点ありな角度らしいです。。
だけどその経験が医療の道を目指すきっかけになったというのですから、やはり土星という星は乗り越えようとする者にご褒美を与えてくれる星のようです。

最近気付いたのは、男性でも女性的な要素がにじみ出ている方のほうが人気も出るし、まさに今のこの時代は女性的な感性をお持ちの方のほうがストレスフルな現代でもしなやかに歩んでいけるのかもしれないな・・ということです。

男だったら・・・すべきだ。それを支えるのが女である。とか
俺は天下の・・・だぞ!
吐くまで飲んでこそ男だ!!とかとか・・

こんな時代はもう古い、古すぎる。
古きよき時代を懐かしむ人は多いけど、これまで女性は何を守ってきて、生活の中でどんな感性を大事にしてきたのか、精神的な充足とは何か、そこを見ようとしない男はまだたくさんいて、たまにがっくりします。33歳~45歳くらいに多いのです。(勝手な統計。)

俳優だったら佐藤浩市さんや中井貴一さんのようなイケ・アラフィフがいますが、適度に力が抜けててしなやかで寛容的でおもしろい方が多いのは世代的特徴なのか、もしくは誰しも50にもなれば肩の力が抜けて、やっと生活の中に小さな幸せやユーモアを見つけだすことができるものなのでしょうか。。。

アラフィフ界の輝ける星 山中教授。
受賞おめでとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。