大豆田とわ子と三人の元夫

網戸拾いに行くとわ子。

大豆田とわ子HPより)

松さん、たまんないですね。

離婚は1度でも壮絶につらいものとは思う。
それに元夫がみんなイケてるわけもない。別れても気にかけてもらえると限らない。
すべては松さんが社長という裕福な暮らしだからこそ醸し出せる余裕。
元夫みんな成功者じゃん。イカした職業。
坂元さん脚本、松さん主役じゃなければいろんなことが感じ悪くなりそうなあれこれなのに、ずっと可笑しくてもう夢中でした。これでもか!と仕掛け満載みたいなドラマ。

あの独特なナレーション、伊藤沙莉さんなのですね!
贅沢だなぁ。
沙莉さん?違うかな?と思わせる微妙な声色でしたね。
私はあえてエンディングクレジットで確認するまで何も調べなかった。
どこかの独特な舞台俳優かもしれないし。(一瞬伊勢志摩さんにも聞こえた)
うまいよ!!伊藤沙莉さん!

またゲストが斎藤工さんというのがすごい。しかも船長。
ムカつくぐらい制服が似合ってた船長でした。
とわ子に帽子かぶせてその気にさせるなんて、やばい男だろ…としか見えなかったのに、イケすぎててぞくぞくした。
そんで感じ悪い店員からのチクり。ああいう仕掛けが楽しい坂元さんドラマです。

とわ子は40歳という設定。
アラフォーがあんなにリアルに描かれてるって実はあんまりないかも。
「その女、ジルバ」の池脇さんは年に卑屈になりすぎだし、吉田羊さんや井川遥さん演じるアラフォーはかっこよすぎる。あんなにセクシーで物憂げな40代なんてセミナー会場か美容体験会にしかいなさそう。
40代ってなぜかいきなり謎の遠い存在に描かれるけど、16歳とか31歳の惰性で生きてるはずですよ。だからジャージでパン屋にも入れるのであって。(新幹線にはさすがに乗れない)

穴に落ちるとわ子。

絶対ない!ってシチュエーションと、あるある!って会話と、他のどのドラマにもない可笑しさ。
元夫の英字新聞シャツを読むとわ子。

英字新聞シャツ!!!
それを角田さんが着てるってのがまた…(笑)
豊嶋花ちゃんがめちゃきれいになってて、しかも英字をすらすら読むとこかっこよかったな。

離婚、バツ3、アラフォー、あらゆるメディアでネガティブに描かれることを坂元さんは思い切りプラスに描いて見せてくれた。
実際ドラマのようにいくわけないのだとしても、アラフォー女にだって無限の可能性がある。
恋愛が発展する可能性も、ゼロじゃないじゃん?って思い込める瞬間くらいはありますね。確かに泡のように消えやすいけど。
男性陣みんな素敵だったなぁ。
星を並べてみます。(敬称略)

松たか子(大豆田とわ子)
太陽双子、月牡羊、水星牡牛、金星牡牛、火星牡牛、P太陽獅子

岡田将生(中村慎森:弁護士)
太陽獅子、月山羊か水瓶、水星乙女、金星乙女、火星乙女、P太陽乙女

松さんはこれまでも何度も取り上げましたが、表面はなんともコミカルなのに、恋愛シーンとなると色気がすごいですね。素朴な色気。憂いとかじゃなくて生物的な?
これは金星火星が牡牛だからと思う。水星も牡牛となるとやっぱり歌もお上手で。
岡田さんの役がまた空気読めない生意気さで嬉しい…地球星座水瓶っぽいと秘かに感動してました。
岡田さんは乙女座マジョリティーでもあるんですよね。
獅子っぽく華やかでまっすぐな役も多いけど、屈折してるほうが魅力倍増と思う。
松さんとは太陽セクスタイルで、離婚しても職場で顔を合わせる距離感っぽいです。
この地星座トラインの調和で惹かれあったんだろうな…と想像も嬉しい相性。

角田晃広(佐藤鹿太郎:ファッションカメラマン)
太陽射手、月蟹か獅子、水星射手、金星水瓶、火星牡羊、P太陽水瓶

なぜ結婚した?と不思議なくらい、とわ子の嫌悪感がすごかったですね。
でも何かあったんでしょうね。今後描かれるの楽しみ。
瀧内公美さんに誘われるくらいだから、仕事してる角田さんはそれなりに男前なんだと思う。カメラマン役ってのがいかにも射手座。
松さんとは太陽オポジション。最初の印象も最悪だったのでは?と想像。
「最初だけ遠慮してるけど家の中に入ると図々しくなる」とか言われてたとこ笑いました。
月は蟹かなぁ。内弁慶だし。
松さんとは金星同士がスクエアなので、「この人のセンスわかんないわ…」ってとこだらけなんでしょうね。
でもそういうカップルは多い。月が蟹だと松さんの月とスクエアになるから、仕事してる角田さんは格好いいのに家の中での振る舞いが許せなかったってことなのかなぁ。

松田龍平(田中八作:奥渋レストランオーナー)
太陽牡牛、月魚か牡羊、水星牡牛、金星双子か蟹、火星牡牛、P太陽双子

とわ子との間に娘がいるからか、元家族として一番しっくりしてました。さすが隣同士太陽。
太陽だけじゃなく、他の星も隣だったり同じだったりと近い。
鼻で体温測るとかね。ああいうとこが牡牛座っぽいんでしょうか。肉体の牡牛。
牡牛座持ち松さんもそれを敏感にキャッチする。
牡牛座の坂元さんもあそこ描きたかったんだろうな。松さんのお風呂場での熱唱も最高でした。
ああいうのを微笑んで聴いてくれる夫、松田さんかっこよかった。坂元さんが描く松田さんが好きです。

元夫のひざ枕がどんなに気持ちいいか…わかんないのにわかると思っちゃった。

石橋静河(三ツ屋早良)
太陽蟹、月蟹、水星双子、金星獅子、火星双子、P太陽獅子

松田龍平さんと何かありそうでしたね。ウィキでは松田さんの親友の彼女とのこと。
石橋静河さんはいつも一瞬で「恋…!」という表情をあふれさすんですよ。
松田さんは松さんと静河さんと、どうなるだろう。
これまた松田さんの金星が双子と蟹の境目。どっち好みだ!?
ユニークな女が好きって感じもするけど、静河さんもコミカルさ描かれたなら嬉しい。
赤名リカみたいな恋愛気質がドバッと出そうな気もします。松田さんと石橋さんの恋愛シーン、想像するだけでうっとり・しっとりな感じ。

石橋菜津美(小谷翼)
太陽蟹、月牡羊か牡牛、水星蟹、金星蟹、火星牡牛、P太陽獅子

岡田将生さんと発展しそうな石橋菜津美さんは、さばさばキャラクターなのだろか。
寝てただけだからまだわかんないけど。
太陽が隣同士だから、理屈抜きに一緒に暮らし始めたりして。

瀧内公美(古木美怜)
太陽天秤、月蟹、水星天秤、金星射手、火星天秤、P太陽射手

女優という設定だそうです。
「っぽい」華やかな星!角田さんとは刹那の恋を楽しむのかな。ちょっとエロそうな2人。
でも瀧内さんの月が蟹なので、見た目は華やかだけど、金星の射手もあいまって部屋がごちゃっとしてそう。
もしくはシングルマザー設定だったりして。
角田さんは家で住宅CMみたいにくつろぎたかったのかなと思った(役で)。瀧内さんはそれを満たしてくれそうですね。松さんは月が牡羊だから毒吐きこそがストレス発散っぽい(役で)。

豊嶋花(大豆田唄)
太陽牡羊、月蟹、水星魚、金星牡牛、火星水瓶、P太陽牡羊

月蟹の人多いですね。松さんとは牡羊・牡牛部分が調和してます。
豊嶋花ちゃんのボケというかツッコミがすごいうまいなと思いました。
元夫たちにも「家上がっちゃいなよ」と優しいというかノリがいいといか。
花ちゃんの太陽ー月がスクエアというところがストーリーにもハマってる気がします。
両親がスクエア的に対立しがち、スクエア的に離れがち。
「お母さん、娘はすくすく育ってるから人の意見は気にしないで」というようなセリフにぐっときました。

坂元裕二
太陽牡牛、月双子、水星牡牛、金星蟹、火星天秤、木星蟹、P太陽蟹

月蟹と地星座持ちが多いのは、今回も坂元さんの視点が投影されてると思うんですよね。
伊藤沙莉さんも牡牛座。
そんでやっぱり主な舞台が「家」なので、坂元さんの年齢域的にもP太陽的にも蟹座っぽさがにじむという。
ダブル石橋さんが「家」でどんな素顔を見せるのかも気になります。
素朴ふうでいて案外野性的だったとか、裏表のなさが魅力として描かれるのか、どうでしょうね。

市川実日子さんのあのゆるおしゃれ感も、ほかのドラマだったらどう感じたかわからない。
でも坂元作品だとリアルな人に思えます。勝手に家上がってワイン飲んでる女友達なんて渋谷界隈にしかいないでしょとスネそうなところをね。そんな背景よりもトークに集中させるのがやっぱテクなのかなぁ。

 

「視聴者を楽しませる」というサービス精神にあふれた1話と思いましたよ。
衣装もみんな麗しい。
松さんが歌ってた「ロマンティックあげるよ」、いい歌声聴けたなぁ…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。