るいとジョー・カムカムエヴリバディ

昨日の「カムカムエヴリバディ」の最後、深津さんがジョーの絵について「げいじゅつ的なセンスがあふれてる…」って言うとこ、カバチタレっぽくて嬉しかったです。

今週も泣けますね!

やっぱ火曜です。
早まった行動を考える人が今どこにいるか、ハッと心当たりのまま駆けつけるドラマにはいつもミラクルを感じますが、それが愛の力ということでしょうか。
ジョーが海に入り、るいが抱きしめて引き戻す。


(写真はカムカムエヴリバディインスタより)

あの2人の何に泣けるかって、互いを見つめる「目」なんですよね。
ストーリーはもう安定のおもしろさで、るいとジョーだけじゃなく、竹村夫妻やベリーちゃん・トミー、そして木暮さん、互いを思い合う愛が表情ににじんでるというか、演技うまいってこういうことなんだなぁって日々感じてます。

木暮さん役・近藤芳正さん最高ですよ!

深津さんは山羊座、オダギリジョーさんは水瓶座。
ドラマ内の夫婦って30度カップルがやっぱ多いんですよね。

生まれ月が近いということは、共鳴ポイントも近いということかもしれません。
2人の星を並べてみます。(敬称略)

深津絵里(るい)
太陽山羊、月牡羊、水星山羊、金星射手、火星射手、木星山羊、P太陽魚座9度


内側が深津さんのネイタル、外側が現在のトランジットです。

深津さんの太陽・木星・ドラゴンヘッド と冥王星がコンジャンクション。
るいの人生激変を見守ってきた感があります。
深津さんは現在木星期だし、ドラゴンヘッド は「大勢からの注目」を表したりする。
深津さんが朝ドラに出るって!?という衝撃&感動は今も胸に漂う。
そんな人は私だけじゃないはずです。
そして太陽=るいの夫問題。
大月さんとくっつくの?くっつかないの?死ぬなジョー!戸籍!!と、今週は視聴者一同安堵しましたかね。

深津さんは金星ー冥王星スクエアなんですよね。
いつだって愛情問題が深刻すぎる。
しかし、視聴者のドラマチック願望を引き取ってくれる俳優って、今なかなかいないと思う。
深津さんが恋愛を演じると息を呑むようにドギマギする。
金星射手で月が牡羊なので、「ドラマチック」というのは火成分ゆえでしょうね。
しかも太陽が生真面目な山羊。
基本、努めて抑制的なのに、結果いつもはみ出す深っちゃんですよ。
ちょっとはみ出すなんてもんじゃない。犯罪者と逃げたり恋人と銃殺心中したり…命がけで人を愛する。しかもちょっと(かなり)ギャンブラー。真似できやしない領域です。

そんでもって火星ー海王星コンジャンクション。しかも射手座。
ただもんじゃない男性ばかり引き寄せる。「どんなあなたでも愛する」という「赦し・癒やし」が深津さんの作品のテーマでもあると思う。
あと「音楽に関わりのある男性との縁」という感じもします。しかもジャズトランペッターという海外由来(射手座的)のカルチャーに通じてる男・大月錠一郎。
深津さんのP太陽は現在魚座9度。バレンタインデーごろにT木星と重なります。
このころにお母さんとの再会や和解があればいいなと思う。

オダギリジョー(大月錠一郎)
太陽水瓶、月獅子か乙女、水星山羊か水瓶、金星山羊、火星双子、木星牡羊、P太陽牡羊11度


内側は深津さんで、外側がオダギリジョーさんのネイタル。

オダジョーさんの山羊金星が、深津さんの山羊部分とコンジャンクションしてんですね。
ということはオダジョーさんの金星問題にも深刻さと生まれ変わりがあった。
金星=女性問題・好きなこと・得意なこと(音楽)
トランペットが吹けなくなって、ジョーは生まれ変わったともいえるでしょうか。

そしてなんと!オダジョーさんの火星は海王星とオポジションでした。
深津さんは「火星ー海王星的男性」を引き寄せてきたわけですが、ジョーがまさにそんな男だったのですね。
感性で生きる優しげな男ですよ…

オダジョーさんのP太陽は牡羊11度ですが、もしかしたら深津さんのN月とごく近くにあるかもしれません。
N月は獅子と乙女どっちでしょうね。どっちっぽいだろう。
月乙女の人って、結構ドロドロした愛憎ドラマが向いてるのに比べて、月獅子の人は断然コミカルタイプと思う。
オダジョーさんって「時効警察」とかコメディーに出演されてこそ魅力倍増と個人的に思ってます。
深刻な物語でオダジョーさんのセンス前面に見せてもしょうがないじゃんというか。
思いっきりベタなドラマとの相性が実はいいんじゃないかと、「カムカム」見ててもつくづく感じる。
なので月獅子じゃないかなと思うけど、地球星座獅子としてのコメディー要素とも言えなくもないですがね。

 

安子と稔の星も見てみます。

上白石萌音(安子)
太陽水瓶、月山羊、水星山羊、金星山羊、火星魚、P太陽魚座2度

松村北斗(雉真稔)
太陽双子、月水瓶か魚、水星双子、金星双子、火星乙女、P太陽蟹座21度

上白石さんが23歳というのが驚きです。
金星期のその金星は(水星も)、深津さんの太陽と重なるんですよね〜。(山羊20〜21度あたり)
T冥王星は現在山羊26度。
安子編のときは24度でした。
安子もまた愛情問題(恋愛・子ども)や好きなこと・得意なこと(和菓子作り・英会話)において激変の日々でしたね。
また松村さんのP太陽もT冥王星の影響を受けていたと言えます。松村さんは26歳なので太陽期。

この2人の恋愛も、とっても短かったけどすがすがしかったですね…
毎日うっとりしてました。
安子の絶望をちゃんと引き取ってあげる稔の優しさに感動です。
松村さんは太陽ー土星スクエアでした。
っぽい!自分の意志か?家の意志か?で大きな責任を問われる。
上白石さんは太陽ー天王星合。いつも予想外。あの目は大きく見開かれるためにある、という感じ。
それがまたドラマチックなんですよ…しかも引き裂かれるストーリー必至です。

村上虹郎(雉真勇)
太陽魚、月蟹、水星牡羊、金星魚、火星乙女、P太陽牡羊

村雨辰剛(ロバート・ローズウッド)
太陽獅子、月射手、水星山羊、金星双子、火星牡羊、P太陽乙女

安子を愛した男たちです。
勇ちゃんは本当に人が良すぎなんですが、ホロにもその献身さが表れているようです。
好きだった安子を兄に譲ったり、未亡人となった安子を実家に住まわせてやったり、るいを我が子のように可愛がったり。
しかし思いは叶わず…なぜならローズウッドと安子が想い合ってることを知ってしまったから。
あのとき勇ちゃんは鬼になったのでしょうか。安子を家から追い出した。何があっても安子の味方だったのに2人を引き離して。
このエピソードがなんか月蟹・火星乙女っぽいです。潔癖さが発動されたらもう排除するしかない。
岡田結実さんと男女の仲になるシーンはすごい色気でしたね。
勇ちゃんの部屋から朝撤退する乱れ髪の結実さん。それを見てしまった濱田岳。なんかエロかったですよねぇ。

ローズウッドと安子がまさか恋仲になるとは最初思わなかったのですが、ローズウッドの顔がだんだん稔さんに見えてきてからの展開は早かったです。松村さんと村雨さん、似てますよね?

亡き夫の面影宿した人、そりゃ好きになりますよね…
「私を今すぐアメリカに連れてって…!プリーズ…!」と泣き叫ぶ上白石さんのシーンを思い返すと今でも鳥肌が立ちます。あれは伝説的な回でした。
アイ・ヘイト・ユー。これをるいが思い出す日は近いのでしょうか。
やっぱりT木星がヒットする日…?
村雨さんのP太陽が現在T木星とオポジションなので、るいと安子の対面は叶わなくても、ローズウッドとは接触するんじゃないかと予想。
もうそのへんのあらすじ出てるかもだけどあえて読まない!

 

なんたって尾上菊之助さんが登場するのが嬉しいです。
あの駄作の殺陣シーンがちょいちょい重なってくるのがまた楽しい。
すごい朝ドラだと思う。
藤本有紀さん脚本の舞台「パ・ラパパンパン」を見に行きましたが(松尾スズキ演出・松たか子・神木隆之介主演)、隅から隅までおもしろかったんですよね。「ちゃんとわかる!」っていうおもしろさ。
舞台特有の難解さのない爽快感。そしてもちろん役者さんの魅力が最大限に引き出されてるようなストーリーでした。

るいの幸せを多くの人が望む、そのうねりの中に自分もいることもまた幸せ。ドラマのおもしろさをいつでも思い返させてくれる藤本さんの脚本です(藤本さん山羊座)。

回転焼きもロマンチックな小物…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。