アナウンサー大並列

お笑い芸人に続き、今度はアナウンサーを並列してみます。

やはり太陽星座ごとにキャラクターがわかりやすく出てるでしょうかね。
そこから何かを見出すとすれば、「太陽星座っぽさ」は人から求められるその人らしさなのかな、というところ。
そうすると組織の中で働く局アナの方達に自分を重ねやすいでしょうか、どうでしょうか。

とはいっても、どこまで取り上げればいいものか…というところがありますが、私が知ってる方・気になる方・メジャー級の方とかですかね。
若手はもう全然わかりません。TBSは安住さんしかわからないとか、かなり偏ってます。
(敬称略・五十音順)

 

太陽星座・・・わかりやすいキャラ・求められる像
カッコ内は金星星座・・・明るくにじむもの

太陽牡羊座・・・元気、明るさ、率直さ

上原光紀(牡牛)、有働由美子(牡羊)、羽鳥慎一(水瓶)、水卜麻美(魚)

・・・上原さんは4月からのニュース7新キャスター。
やはり牡牛がにじむと健康的な色気が漂いますね。魚座は優しさ。水瓶座はユニーク視点。

太陽牡牛座・・・庶民感、安定感、にじむ色気

青木源太(双子)、大下容子(双子)、加藤綾子(牡羊)、上重聡(双子)、生野陽子(牡牛)、杉浦友紀(蟹)、中島芽生(魚)宮根誠司(牡羊)、渡辺和洋(牡牛)

・・・金星双子がにじむと庶民目線の好奇心、牡羊がにじむとやはり元気さでしょうか。
基本の顔のつくりが整ってる方が多いです。見た目の安心感。

太陽双子座・・・バラエティー適性、表情の豊かさ

生田竜聖(双子)、宇賀なつみ(獅子)、内田恭子(双子)、桑子真帆(牡牛)、滝菜月(牡牛)、登坂淳一(牡牛)、三田友梨佳(牡牛)、川田裕美(獅子)?

・・・金星双子は明るい調子乗りやすさ、金星牡牛はやはり色気にじみますね。
あと適度などんくささ。金星獅子はアイドル素質です。

太陽蟹座・・・適度な地味さ、お茶の間浸透感、愛されたいけど目立ちたくない

伊藤利尋(双子)、井上あさひ(獅子)、鈴江奈々(双子)、辻岡義堂(獅子)、西山喜久恵(牡牛)、堀潤(双子)、松村未央(獅子)、三宅民夫(蟹)、川田裕美(獅子)?

・・・目立ちたくないポーズをとってても、金星が双子や獅子だとやっぱり前に出ちゃうのだと思います。
双子は確信犯的、獅子座は引っ張り出されるというか。

太陽獅子座・・・安定した華やかさ、にじむコミカルさ、ドラマティックさ

安住紳一郎(乙女)、近江友里恵(双子)、大橋未歩(天秤)、瀧川剛史(乙女)、夏目三久(獅子)、山崎夕貴(獅子)

・・・乙女をにじませる太陽獅子の安定感は見る人を安心させます。
夏目さんは女優的、山崎さんはお笑い的な金星獅子感です。

太陽乙女座・・・折り目正しさ、滑舌の良さ、仕事デキる感

武田真一(獅子)、徳島えりか(獅子)、富川悠太(天秤)、中村光宏(乙女)、福澤朗(乙女)、桝太一(天秤)、安村直樹(蟹)

・・・金星が獅子だと抑えきれないドラマティックさ、天秤だと上に忠実な色のなさ。
金星蟹の安村さんはこの中だと異質です。角もなく女子の輪にすんなり入れそう。

太陽天秤座・・・主張のないフラットさ、見た目やファッションの麗しさ

榎並大二郎(乙女)、大江麻理子(蠍)、軽部真一(蠍)、滝川クリステル(天秤)、林マオ(蠍)

・・・天秤は伝える内容に自身の主張を込めないのが特徴。だけど天秤×蠍は確かさや重さが光ります。
クリステルさんは麗しさ要員ですね。

太陽蠍座・・・説得力、安定継続感、ちょっとコワさ

秋元優里(乙女)、安藤優子(蠍)、久保田祐佳(蠍)、椿原慶子(天秤)、三宅正治(蠍)

・・・「私失敗しないんで」というドヤ感が漂います。が、安藤さんは水星が射手だからか発言が時にふわつく。
金星天秤の椿原さんからは麗しさと主張のフラット感がにじみます。

太陽射手座・・・新しい道開拓感、女性の時代感、裏表のなさ

鎌倉千秋(蠍)、佐々木恭子(蠍)、田中みな実(蠍)、藤井貴彦(山羊)、和久田麻由子(蠍)

・・・女性陣は金星蠍が光ってます。漂うジャーナリズム精神は、「新しい伝え方」を常に模索するオリジナリティー。
金星山羊の藤井さんからはそれでいて逸脱しない真っ当さと、やはり女子を立てる(番組)という新しさ。

太陽山羊座・・・地位確立感、大物感、強い責任感

青井実(射手)、青木裕子(水瓶)、赤江珠緒(水瓶)、雨宮塔子(蠍)、高瀬耕造(蠍)、長野智子(蠍)、野島卓(山羊)

・・・青井さんはNHKという枠の中で金星射手っぽいゆるさを楽しんでいるかのよう。
金星蠍の方は正しさを見つめる厳しさまで感じられます。水瓶が混じるとやはりユニーク。

太陽水瓶座・・・唯一無二のムード、一歩先を行く、私は私感

下平さやか(水瓶)、鈴木奈穂子(山羊)、高島彩(山羊)、弘中綾香(魚)、望月理恵(魚)

・・・一人一人は特別変わり者じゃないのに、唯一無二感を築き上げた確かさが感じられます。
水瓶×山羊はぶれない女性らしさ、金星魚からはマニアックな色気。

太陽魚座・・・慈悲深さ、平和への本気度、あふれ出る色気

小川彩佳(牡羊)、膳場貴子(牡羊)

・・・2人ともすごい女性的でありながら、熱いジャーナリズム精神がほとばしります。
小川さんのこれからの活躍を楽しみにしたいです。

 

並列してわかったのは、火の星座持ちの人は開拓精神を大事にすべきなんじゃないかなってこと。
太陽だったら「言い出しっぺ」 なとこや「譲らなさ」を求められるのだろうし、金星ならばすでに備わるそんな熱さを抑えておけないと思うんですよね。

風星座持ちは「伝えること」「立ち回り方」に軽やかさを求められてる気がします。
水瓶座だとフラットでいながらかなりの独特さがにじむ。
「私は私」で人目気にせず突っ走るべきなのです。
それでも空気に許される風星座。
金星が土ならその確かさは折り紙付きだろうし、水なら優しさも忘れません。

蠍座は水星座とはいえ、かなり確固たるポーズを求められるのでしょうね。
ブレてる場合じゃないような。
会社に忠実であることにブレないのか、自分の意思をブレさせないのか、決めたらすごい信頼を得そうです。

支配星が金星である牡牛、天秤には「ちゃんとしたスタイル」がまず求められそうに思います。
やる気がなくてもまず服装とか、まず姿勢とか。
主義を確立するのは恐らく苦手なので、まず麗しさで好感を得るほうがよいのではないでしょうかね。

牡羊は太陽・金星ともわかりやすい元気はつらつさ。
太陽牡牛と蟹と乙女と魚は人の上に立とうとしてはならない。
常に日陰の存在に思いを至らせるというか、進んで下っ端買って出るというか。

上に立っていいのは太陽獅子と蠍と山羊なんじゃないですかね。
といっても支配はだめで、ハッタリでもなんでもまず堂々としてたほうが人を安心させるんじゃないかなと。
堂々とできる地道な努力はすでにしてるはずなのです。
双子・双子持ちはここぞとばかりに笑いをもたらしましょう(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。