予想もつかないMatt

今日の「徹子の部屋」のゲストはMatt。

 

今や知らない人はいないほどブレークした桑田真澄さんのご次男。


徹子「これは生きてるあなたですか?」
Matt「これは生きてます…」

中学英語の例文みたいなやりとりに大笑いしました。

徹子さんはゲストの個性をいつも尊重されていて、今日もMattの表現をまぶしげに見つめる。
ゲストに対して基本肯定ベースなのですが、「徹子の部屋」がおもしろいのは、徹子さんが抱く素朴な疑問(大体視聴者と一致する)を徹子さんがスルーしないところ。
今日も抑えられない関心が溢れ出てて、見ててヒヤヒヤしました。
メイクに3時間かけるというMattの発言に驚きながらも
徹子「きれい…不思議におきれい」
Matt「ふふっしぎ…」
というMattの引いたような・自覚してるような笑いが病み付きになる30分。
Mattがバラエティーでどんな活躍してるのかはよく知らないのですが、すごいオープンなんだなぁという意外な印象。

徹子「お顔の制作には…」
Matt「セイサクっ…! ええ、図工みたいなものなんです…」

また、自分の加工写真を「マネキンみたいですけど…」とか、「みんなの感じてることわかってます」というようなMattの笑顔に、こちらもなんだかホッとしました。

それでMattって音楽の才能があるんですねぇ。
自作の曲をピアノ弾き語りで披露してくれました。
「予想もつかないStory」

 

 

Mattのホロスコープを見てみました。

やっぱり「強いな」という印象です。
なんたって月ー冥王星ードラゴンヘッドのトリプルコンジャンクション。
野球は小学校6年間やっていて、才能があったのに野球自体には興味がなかったとのこと。
身長は182センチだし、持って生まれた体格やスタミナはあるけど野球には注ぎたくない→じゃぁどこに?と。
いったん目標が定まったなら、その追求エネルギーは激しいのでしょうね。
また、学生時代は毎日のように教師からも「桑田真澄の息子なのに…」言われてたことにやはり辟易していたそうで。
でもいつも「じゃぁあなたは誰の息子ですか?」と切り返してきたという。
「いじめられたことがない。自分はそう言われる筋合いがないから」というお話は不撓不屈という感じ!
この蠍座での月冥王星と結びつく気がします。

オポジションが2つあります。
太陽ー海王星天王星
これはお父さん・桑田真澄さんそのものという感じもします。
桑田さんからの教えといえば「運の貯金をしなさい」と!!
誰も見てないところで徳を積む…
国民的野球選手であり、宗教家のような哲学性も漂わせる桑田さんとMattは、待ち合わせてお茶するほど仲が良いそうです。
Mattの収録を見せて意見を聞いたり、なんと朝は桑田さんが全身マッサージしてくれると!
桑田さんはマウンドに上がる時よく地面に向かってつぶやいてましたが(祈り?)、今ではMattの体に何かを吹き込んでるのでしょうか。

またMattは、「誰々みたいになりたいという目標を決めるとその人を超えられなくなるから(定めない」と言う。
オリジナリティーへのこだわりの強さを感じます。
海王星・天王星とアスペクトがあるならどうしたって人からは規格外の過剰さに見えちゃうとは思う。
お父様からも指摘を受けたようですが、Mattは自分を抑えなかった。
今、この蟹ー山羊ラインにちょうどT冥王星ほか山羊群の強力ほしぼしが乗ってるんですよね。
これは抑えられないはずだし、一見抑圧みたいなムードを突破した人にこそ今光が当たるんじゃないかとつくづく感じましたよ。

金星キロンー土星
Mattは金星が乙女座
俄然親しみが湧きました。
今25歳。今年から太陽期と言えそうなMattですが、金星期(16〜25歳ごろ)は抑圧が結構あったんじゃないかと感じました。
少し前までのT海王星オポジション時は美の醸成期とも言えそうですが、表現への葛藤や迷いも相当あったんじゃないかなと。
でもMattはネガティブさを誰にも明かさないかもしれない。
そういうメンタルの強さも同時に感じます。
野球をやってた6年間はずっとバリカンで坊主にされてた、それが本当に苦痛だったというお話は聞いててもつらかった。
人にとって何が抑圧って、わかりそうでわからないものですね。
プロ野球選手の息子がまさか坊主をそんなに嫌がるとは。
「魂は野球ではなく音楽に向かった」と語ったMatt。
魚座にある土星から魚方面への鍛錬の手招きを受けたとして。
大概は「嫌だ、つらそうだし・時間かかりそう」って引くところを、Mattはするりと乗れたんじゃないかな。
努力のプロとも言えるお父様の姿を見てるから、困難への耐性やポジティブさもきっと備わってるんだろうなと感じました。

それで音楽への興味のきっかけが、小1の時。
桑田さんがひじのリハビリとしてピアノを弾いていた、そのピアノにMattも触れてから。
桑田投手のひじといえばマウンド上で祈るスタイルですよね。
ひじとともに祈る。

このひじとMattの才能がつながっているとは!!

そこでMattの7歳ごろ(水星期)の水星を見てみたらば。

N水星にドラゴンヘッドが近づいてました。
運命の出会い的な…!

Mattは現在P太陽が獅子座。
ドラマチックな表現。
水瓶座に星が移ってくるこれからますます活躍するのかも。
なんたって金星乙女なので「ぶふっっ…」って、こぶしを口元に持ってくる自虐ふうハニカミもまた存分に見せてほしいです。

 

↓歌のあとのトークでもMattの照れ笑いが楽しめるけど、吉村の笑いがなんかイラっ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。