やすらぎの刻〜道 いよいよ最終回

「やすらぎの刻〜道」がいよいよ今週で終わりになります。

倉本聰さんがまた長編ドラマを書いてくださったということ、そこにまず感動なのに、「やすらぎ」シリーズはとにかくおもしろかったです。
笑える要素はもちろん、「見たことない」という斬新さ、時事問題がふんだんに取り入れられている鋭さ、そしてタブーのなさ。
こちらにもそのあたりのエピソードが書かれてます。

八千草薫ほか7人の遺作に。倉本聰の「やすらぎの郷」「やすらぎの刻〜道」制作奮闘記

まず「帯ドラマはこうでなくっちゃ!」という安心感がずっとありました。
それは老若男女が見てすぐ理解できるもの・楽しめるもの。
若い人がどんなに上手におばちゃん役を演じてても、本当のベテラン俳優の凄みにはかなわない。
「やすらぎ」はお年寄りが見て、「あ、あの人誰だっけ…」「へぇ〜元気そう」というところが楽しいポイントとも言えそう。まだ年寄りじゃない私が見ても楽しめちゃう。
「北の国から」もそうだし、倉本聰さんの作品じゃないけど「男はつらいよ」もそんな安心感のある物語。

そしてツッコミどころ満載のストーリー。
大体「やすらぎの刻」の山梨・小野ケ沢の根来一家。特にきょうだいたち。
この人たち誰??と、見たことない俳優たちに「誰?」とずっと思いながら見てたものの惹きつけられてましたよね。
ただ竹下景子さんのご子息が風間俊介さんの親友・ニキビでしたが、もう一人の親友・ハゲと結局区別がつかずじまいでした。
老人になったニキビを、「郷」で大納言役だった山本圭さん、ハゲをマロ役のミッキー・カーチスさんが演じるというところがまた可笑しかった。
鉄兵兄ちゃんが藤竜也さんというところはもう驚愕しましたが、「確かに似てる!」という感動はありました。
あの意地悪だった荒木には柳生博さんかぁ!という驚きなどなど。
「道」は石坂浩二さん演じる菊村栄が執筆してる設定なので、そりゃ仲間が次々出てくるだろうと思うものの、全然知らない役者さんと混在してる妙な違和感というのか、他のドラマにはない深い味がありました。

そして倉本聰さんといえば、時代の不幸の数々を役に背負わせるという。
しのを演じる風吹ジュンさんがオレオレ詐欺にあったり、橋爪功さんと風吹さんの息子(駿河太郎さん)がなんと地面師になってて神社で劇的な現行犯逮捕。
この最終週でやっと公平もしのも穏やかな老後か…と思いきや、戦前からずっと住んできた家が四男の名義に書き換えられて借金1億円の担保になっていたとは…。
「北の国から」もそうでしたが、あんな人間味のある親の子どもたちが、なんでこんな深刻な事件ばかり起こすのかという。

そして清野菜名さん演じるしのぶは、東日本大震災の津波にのまれてしまった…。
清野菜名さんは「郷」でもおばあちゃんと津波をかぶり、「半分、青い。」と合わせると3度もこの震災の被害を受ける役をされてる!
倉本聰さんってだいぶ清野さんお気に入りなんだろうなぁと思ってたけど、しのぶの最後のあっさり具合からすると清野さんにふられちゃったのかな…
あと清掃員役がお好きな倉本聰先生です。
「道」では翔が、公平じいちゃんの浮気のカタをつけるために(「オモチャ」の女将・高橋由美子さんに手を出し損ねたのに)真木蔵人さんの会社のバキュームカー清掃を請け負うという。
これだけでツッコミどころ満載ですが、昼時に翔が何度もえづいてたのが今じゃ懐かしい。
「北の国から」では、都会の生活に疲れきった純がごみ収集の仕事してました。
それでシュウちゃんと出会うんだけど。
倉本聰さんは主役に底辺みたいな世界を見せたあと美女と結びつけるという、人生の起伏をとにかく激しく描くんですよね。それがおもしろいのです。

そして「やすらぎ」といえば戦争。
この帯ドラマでよくぞ描いてくれたと感謝の念がこみ上げるほど。
戦争を体験した世代がどんどん少なくなっていく中、この時代をドラマにできる方というのはもう宝のような存在と思います。
しかも戦争反対を表明する人・徴兵拒否した男を何人も描く。
「そんなことできるの?」「そんなことしたらどうなるの?」というハラハラは、「やっぱり…」という残酷な展開に。
痛い患部をぎゅっと触られるような痛み。
そうしてでも私たちに見せて植え付けてくれなければ、若者はこの先どういう選択をするのかわからない、倉本聰さんのそんな危惧がすごく伝わったし、このドラマを見てるんなら私たちはその怖さや痛みを一生忘れてはならないという、何か託された思いがしました。

そしてやっぱり大俳優さんたちの「お見事!」な演技の数々。
「郷」では冨士眞奈美さんが最優秀助演女優賞だったなぁと勝手に思いました。
「刻」では桂木夫人を演じられた大空眞弓さんが素晴らしかった〜。
「鎌倉夫人」で大ブレークという経歴がまず可笑しいんだけど、いくつになっても夫人然としてる桂木夫人の図々しさ、虚言癖、万引き癖、認知症と、結構ひどい役なのに大空さんのコミカルな演技がむちゃくちゃ楽しかった。
認知症が進みすぎて、ズボンに袖を通してもがいたりとか、よくオファー受けたなぁと。
松原智恵子さん演じる九重めぐみさんも認知症になってしまいましたが、「認知症疑い」の役が皆さん本当に上手い!
めぐみさんを支える秀さん・藤竜也さんとの愛がまたピュアで泣けました。
せつない愛は若者でしか描けないなんてことはないんだなって。

そして「北の国から」オマージュともいえるようなセリフや出演者が続々出てきたのも嬉しかったです。
まさか吉岡秀隆さんといしだあゆみさんが「母さん…」の邂逅を果たすとはね!

ツッコミどころはまだまだたくさんありますが、思い出したら書き加えるかもしれず。
最後に主要出演者を太陽星座ごとに並べてみます。(敬称略)

牡羊座…発言が率直・元気な人たち

いしだあゆみ、豊嶋花、毒蝮三太夫、有馬稲子

牡牛座…美人・おっとり・色気の人たち

風吹ジュン、井上希美(信子)、佐戸井けん太、常盤貴子、草刈民代、宝田明、草刈麻有?

双子座…コミカル・皮肉・時代性を見つめる人たち

石坂浩二、風間俊介、駿河太郎、板谷由夏?草刈麻有?

蟹座…お目にかけると安心する可愛い・癒やしの人たち

浅丘ルリ子、山本圭、笹野高史、ジェリー藤尾、板谷由夏?

獅子座…準主役レベルのドラマチックな人たち

ミッキー・カーチス、菅谷哲也(翔)、秋元才加、黒川智花、梨本謙次郎、小野武彦、吉岡秀隆

乙女座…普通・庶民・リアルな小野ケ沢の人たち

橋爪功、藤竜也、風間晋之介(三平)、宮田俊哉(公次)、木下愛華(幸子)、関口アナン(ニキビ)、大貫勇輔、横山めぐみ、竹下景子

天秤座…美しく麗しい人たち

清野菜名、平山浩行、山本舞香、中島歩、真木蔵人

蠍座…重大な秘密をずっと抱えてた人

小林涼子(小夜子先生)

射手座…いつも楽しむ・カラッとした人たち

加賀まりこ、山谷初男、五月みどり、奈良岡朋子、里見浩太朗

山羊座…「自分こそ普通」というまっすぐさ・が可笑しい人たち

八千草薫、松原智恵子、水野久美、柳生博、冨士眞奈美、渡辺早織(詩子)、高橋由美子、岸本加世子、伊吹吾郎、丘みつ子、倉本聰

水瓶座…物語を斜めからかき回すユニークな人たち

名高達男、田中哲司、加藤久雅(中里)、山下澄人(進藤)、でんでん、野際陽子、近藤正臣

魚座…芸術・美声・幽霊・妄想、実体の不確かな人たち

大空眞弓、上條恒彦、梅宮辰夫、佐藤祐基(公一)、関口まなと(竹芝柳介)、倉田保昭

 

最終回を見届けたらまた何か追記するかもしれません!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。