柔軟べっぴんさん

ついに栄輔とすみれが再会!!

栄輔すっかりホストみたいになってねぇ~。
あんなまつげのしっとり感、前の栄輔のときには気づけませんでした。

今日のべっぴんさんで心動かされたのはそこよりも。

すみれ「今日はさくらの誕生日やもん。絶対早く帰ってくるわね」
さくら「…もうええよ。絶対とか言わんほうがいいし」

私もすみれが「絶対」と言った時点で、「だめそうだな」と悲しさを抱いてしまいました。
「冬ソナ」でさんざん体験したこと。

冬ソナの主役2人は太陽星座が柔軟宮でした。
チェ・ジウが双子座。
ペ・ヨンジュンが乙女座。

芳根京子さんはというと魚座
「っぽい」役をよくまた引き寄せるものですね。

柔軟宮は約束を守らないというわけではなく、結果的に揺れてしまうことがやっぱ多いですかね。
そのときの「絶対」という気持ちは本物なのです。

「べっぴんさん」は、それにしても魚座の方がとても多いです。
すみれの夫役・永山絢斗さんも魚座
さくら役の井頭愛海さんも魚座ということで、魚座ファミリー。

主題歌を歌うミスチル桜井さんも魚座マジョリティーの方。
すみれのお姉さん・ゆりの蓮佛さんも魚座
すみれたちのいとこの嫁役・三倉茉奈さんも魚座

脚本家の渡辺千穂さんは太陽天秤座ですが、もしかしたら月が魚座の方かもしれません。
水瓶と魚の境目あたりの月の人。
そういえば旦那様の羽鳥さんも同じようなところに月がある方でした。

しかしべっぴんさんは「柔軟宮劇場」と言えるほどの集まりようなのです。

主な出演者を並べてみます。
色のついた方が太陽柔軟宮。
(敬称略)

すみれ(芳根京子)魚座
紀夫(永山絢斗)魚座
さくら(井頭愛海)魚座

ゆり(蓮佛美沙子)魚座
潔(高良健吾)蠍座

父(生瀬勝久)天秤座
母(菅野美穂)獅子座

良子(百田夏菜子)蟹座
君枝(土村芳)射手座
明美(谷村美月)双子座
たけちゃん(中島広稀)牡羊座

良子夫(田中要次)獅子座
君枝夫(平岡祐太)乙女座

栄輔(松下優也)双子座
ドラマー二郎(林遣都)射手座
さくら友人五月(久保田紗友)山羊座

オープニングデザイン・清川あさみ:乙女座
(乙女座に3星+リリス・dhの乙女座マジョリティー)
主題歌Mr.Children・桜井和寿:魚座
(魚座に4星+dhの魚座マジョリティー)

現在、トランジットの海王星が魚座にあることと(T魚座10度、芳根さんのN太陽魚座9度)、Tドラゴンヘッドードラゴンテイルが魚座乙女座であることは(5度)、このドラマを生み出した縁であるとも言えそうです。

やっぱりすみれと栄輔が太陽スクエアっていうのがね~。
運命が違ってしまうドラマにふさわしいです。

キアリスのメンバーは柔軟宮ぞろいです。
百田さんは金星期・金星乙女座。
「どうする?どうする?」
ってふわふわ揺れるお嬢さんなムードに、魚座紀夫さんが加わってもさらにアワアワ。
君枝ちゃんの夫(平岡さん)にはネガティブ面ばかり見えるらしくて、「どうしよっか…」って沈む一方。
やっぱり良子ちゃんの夫・田中要次さんの最年長獅子座ガヤは、一瞬ムカッとくるんだけど「はーい…」ってとりあえず喝入れられたみたいになるのかもしれません。

たけちゃんも、「悪いけどそれやっといて」っていう女性たちの頼みごとに実に素直に動いてくれる活動宮の頼もしさ。
そしてなんたってみんなに笑いをもたらす弟的可愛らしさ。
最終的な方向性は、「なんか、なんかな…」でアイデアをどこかから降ろしてくる魚座シャーマンすみれ。

芳根さんと蓮佛さんは同じ魚座なのに、雰囲気が全然違うのですね。
芳根さんほんわか。
蓮佛さんてきぱき。

芳根京子(19歳・金星期)
太陽:魚、月:蠍
水星:水瓶か魚(境目12時ごろ)、金星:魚、火星:天秤
P太陽:魚、P金星:魚

蓮佛美沙子(25歳・金星期/太陽期)
太陽:魚、月:獅子
水星:魚、金星:牡羊、火星:双子
P太陽:牡羊、P金星:牡牛

芳根さん19歳って!!
ついこないだ成人式だったうちの姪っ子と同い年なのでした。
でも来月で20歳。
蓮佛さんは来月に26歳になるのでいよいよ太陽期。

芳根さんのほうがうお・うおしてますね。
ぽわーっとしたふんわり感。
やっぱり蓮佛さんは牡羊座持ちでしたか~。
それだけじゃなくて月は獅子座で、確かに火星座持ちらしい熱血漢なところがいつでも感じられます。

芳根さんは火星座ないのです。
10星見ても射手冥王星だけ。
月は蠍座だし、みず・みずしてます。
でも火星の天秤座がモデル出身っぽい。
主義はさらっとスタイリッシュに。
水星座のアーティスト性をインスタとかでも上手に活かしている感じです。

水星は水瓶座なんじゃないかと思ってます。
何回かスタジオパークとかトークショーの模様を見ていますが、さりげなく笑わせるようなコミカルさに溢れてるんですよね。
「えっ、そこ?」
みたいな意表つかれるハズシ感も水瓶ユニーク風。

蓮佛さんは水星魚座ですが、水星魚座×火星座持ちの方は語らせると熱く理念的な言葉が多く飛び出し、長いこと聞いてると「えっと…?」っていう宇宙ワールド・世界平和みたいな壮大感に覆われそうで、こっちの覚悟ができてない場合は逃げ出したくなる迫力を感じさせます。
「ごめん、こっちもっと適当だったわ」ってポーズ示しとかないと、いつの間にか壮大な夢への参加者にカウントされてたり。
蓮佛さんもトーク番組などでとても真面目さが伝わりましたが、「真面目やねぇ~」っておばあちゃんみたいな感心レベルでは済まないほどの迫力、圧倒感を感じました。

「普通の子」みたいな役がぴったりな蓮佛さんですが、何か事態が悪化した時の勇ましい演技が好きです。
広末涼子さんに、彼氏役永山絢斗さんを奪われそうになるドラマでは、広末さんにビンタ食らわしてて、お返しビンタ食らってた。
あれ心に残ってるな~。
芳根さんはお料理が得意みたいで、おせちもちゃんと作ってたりとか偉いわ~。

明日は栄輔とすみれ、どんな言葉を交わすかな。
楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。