私の実感トランジット

今日のトランジット図です。

2016年3月4日8:00

前にも書きましたが、「太陽星座が入ってる部屋を1室」とするソーラーサインハウスシステムでも、十分トランジット惑星の影響を感じることと思うのです。
もしかしたらこっちのほうがわかりやすい影響かも?とも。

太陽星座の部屋を1室として、各部屋に惑星が来た場合の変化・私の実感。

1室:私自身のモードの変化
2室:お財布事情・自分の資質や所有関連
3室:発信作業・コミュニケーション環境
4室:家庭の事情
5室:表現欲・恋愛事情・わがまま度
6室:勤労環境・健康関連
7室:対人関係・人から見える私
8室:従属事情・性生死
9室:探究心・旅行引越し関連
10室:社会的立場
11室:新しい交友関係
12室:目に見えない世界への関心・ネット活動

これ、いわゆる教科書通りでもあるけども、私のリアルな実感でもあります。
問題が起こってたときにさかのぼってみても、あ~という発見あり。

そんで、その部屋で惑星が起こすこと。

冥王星:アハ体験風じわじわ激変・もう過去には戻れないくらいの。
海王星:なんか知らん夢みたいな楽しさと、過ぎ去ってからの祭りのあと感。
現実ではない領域に手が届きそうな浮遊感。
天王星:じわじわ破壊・結果的にぶっ壊れた!
土星:つらいくせにストイックに飛び込む自己鍛練期。その部屋の重々しい問題。
木星:その部屋のテーマを明るく照らす!

火星:その部屋に台風みたいなトラブルを起こしたり起こされたり。
あと、その分野のことで妙にテンション高くなったりとか。

太陽水星金星:この3つはわりとまとまって移動してるので、やっぱりその部屋をサーチライト的速さで一瞬照らしていくでしょうか。
T外惑星がその部屋にある場合は、コンジャンクションの時にそのテーマを照らし去っていくような。

月:T外惑星に重なったりすると、「変化の引き金」みたいなわかりやすいスイッチとして感じられることがあるようなないような…。

天王星・海王星・冥王星は、ちょうどコンジャンクション・スクエア・オポジションになる5度前くらいから、じわじわ生活に変化がもたらされると思うのです。

外惑星は逆行もしばしば起こるので、ぐぉーーっといきなり、これまでと違うモードの自分が感じられても、逆行とかで度数が離れると「あの衝動は気のせいだったかも」なんて、「あのとき」の自分をなかったことにしたり責めたりしがちです。

でも、そのとき胸に芽生えたものは、宇宙からのウィスパーボイスだったんだなぁと、渦中を過ぎてから感慨深くなったりね。

土星と木星は部屋に入宮してくるだけで、もろにその部屋のテーマを浮かび上がらせるなという実感があります。

 

でもなんてったって今トランジットで形成されてる山羊冥王星ー牡羊天王星スクエアですよね~。

この影響を受けてるみたいに人生に激変起こってる友人が周りにもちらほらです。
結婚とか妊娠とか。
芸能界でも蟹座と山羊座の方にいろいろ巻き起こってるような…。

それは次回あたりでアップする予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。