M-1ころの徳井さん

さて、2006年のM-1、2007年のR-1時、誰が見てもわかるくらいの輝きを放っていた徳井義実さんでしたが、なんかもう「輝き」なんていうワードでは足りないくらいの強烈さが放たれていたのではないかと思うのです。

その後、いいともレギュラーになったり、ドラマで美しい女優さんたちの彼氏役を務めたり、映画で主役されたりと、引き続きその後も「大活躍!」の時期は続くわけだけど、きっかけはやっぱりM-1で、みんなあの光輝いた徳井さんに惹きつけられたのでしょうね。
「ブレイク」って言葉が本当にふさわしく。

こちら、徳井さんのM-1時のルナリターン図と出生図を重ねたものです。
外:ルナリターン図、内:ネイタル図


期間は2006年12/5~2007年1/2まで
この図を出したときは出身が「山科区」と知らなかったので、適当に中京区に設定してあります。

やはり出生時間を知らないのでASCとMCの位置はこのとおりではないと思いますが、それにしても茶色丸をつけた惑星が見事なグランドトラインを形成してました。

そんで満月だったのですね!

右下の茶色丸の中には、太陽のみならず金星と冥王星コンジャンクション、それに水星、火星、木星まで!
太陽・金星・冥王星は、対向の月(ルナ&ネイタル)とオポジション。
水星・火星・木星は、対向のネイタルの金星とオポジション。

徳井さんの月は双子座で、支配星:水星ということを考えると「しゃべり」をつかさどってるとも言えます。
その「しゃべり」の部分に、「拡大・発展」をつかさどる射手座から対向へ、すんごいエネルギーが注がれているように見える!

その射手群の星たちは、獅子座の土星とトライン。
獅子座=芸能界、土星=固める。
おまけにネイタル牡羊座太陽&水星にもこれらがトラインで、ブレイクとその後の安定した人気ぶりがうかがえるような配置なのでした。

もともとの徳井さんの月は、海王星とオポジション。
→ふわふわした妄想が広がるよ~しゃべりで妖しく展開させるよ~
もともとの徳井さんの金星は、ドラゴンヘッドとオポジション(テイルとコンジャンクション)。
→キモいエピソードのっけるよ~変態エピソードだよ~

むん!

さて、このM-1優勝を遂げた2007年の徳井さんの飛躍ぶりはっ!?

2007年の、今度は1年の運勢が表されるソーラーリターン図とネイタルです。

2006年12月のルナリターン図よりかはシンプルに見えますが、茶色丸のところ。
ネイタルの木星の上に水星と月が重なり、その対向からはまたまた天秤座:冥王星がエネルギーを注いできてるふう!
水星と月&木星→若者や女子からの人気拡大!
天秤座の冥王星→人気者は究極に人前に出なければならないのです!!

この冥王星は魚座にある火星と150度。
その魚座には火星のほかにドラゴンヘッド、天王星があって、ネイタルの月とスクエアです。
→いつでも激しく「妄想」を期待されちゃう2007年!
→大勢の前で妄想やるんだよ!とことんねっ!(by冥王星)

私はやっぱり漫才してる徳井さん・チュートリアルが好きだなぁと思ったりしました。
ものすごいブレイクしたお笑い芸人は、その翌年のお正月コント番組ではすっかりネタがさえなくなってるか、相変わらずキレキレか、一目瞭然となってしまう。
求められることばっかりやってたらネタなんて作る暇はないのだろうけど、幼なじみの福田さんとだったら、会話を人前で繰り広げてるだけでおもろいことになりそうなんだけどな~。

福田さんの金星は乙女座にあって、徳井さんのほわっほわの魚座火星にシャープなツッコミを入れているよう。
福田さんの月は冥王星とともに天秤座にあって、徳井さんの牡羊座木星とオポジション。
徳井さんの牡羊座太陽には福田さんの木星が乗ってる!
「キショっ!こわっ!」
と鋭くツッコミ入れながらも、内心では「もっとやれやれ~」ってニヤニヤしてる福田さん。
っぽく見えるぅ~。
変態煽ってるのは、ほかでもない福田さんだったようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。